• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,  05:15 PM

(動画あり)はじめまして、ブロック遊びみたいなシンセサイザー:littleBits × KORG #mft2013

(動画あり)はじめまして、ブロック遊びみたいなシンセサイザー:littleBits × KORG  #mft2013

synth kit


ちっちゃなモジュールを組み合わせ、電子回路を自由に創り出せる「littleBits」。その日本での取り扱い開始をKORGが発表したのは2013年10月のことでした。

電子部品を子どもが触れて楽しめるおもちゃに変えたlittleBitsと、シンセサイザーなどの電子楽器を手がけてきたKORG。「手を組んだらこんなものができるはず」をまさに体現するアイテムがリリースされます。11月3〜4日開催されている「Maker Faire Tokyo 2013」で行われたプレス向けイベントで、その発表を聞いてきました。


発表されたのは、その名も「Synth Kit」。オシレータやディレイ、キーボードなどといったシンセサイザーの機能が、ひとつひとつモジュール化されています。それらの電子パーツがセットになっているので、手に入れればすぐに、自分だけの電子楽器を創り出せるわけです。


131103synthkit02.jpg


プレス向けの会見に出席した、littleBits・KORGの担当者が"ぶっつけ"で挑んだデモ演奏だと、こんな感じです。



登壇していた三氏が口を揃えて言っていたのが、特に小さな子どもたちが音楽に触れる、今までにないきっかけになるだろうという期待です。

Synth Kitに特別な知識は必要ありません(触って繋いでツマミを回せば、音を自在に操れる!)。これがあれば、楽器の弾き方などの技能がなくとも、誰もが音楽を創ることができる。Synth Kitは、「音楽のメイカーズ」を生む鏑矢になるのかもしれません。


131103littlebits02.jpg


Synth Kitは、12月中旬以降の発売が予定されており、予価1万6000円になることも発表されました。発売前ですが現在、東京江東区の日本科学未来館で行われているMaker Faire Tokyo 2013で展示されています。


Synth Kit製品情報
littleBits
KORG

(年吉聡太)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.