• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,  11:00 AM

うま味調味料はカラダに悪いの?:健康神話を検証する(2)

うま味調味料はカラダに悪いの?:健康神話を検証する(2)

神話


インターネット上に溢れている健康神話を検証し、その真相を確かめていく本連載。昨日は肥満の原因だと考えられている「脂肪」と「炭水化物」について、専門家の意見を紹介しました。

「脂肪や炭水化物で太る」は本当?:健康神話を検証する(1)

今回は、いわゆる食品添加物についての話です。「うまみ調味料」は、「ブドウ糖果糖液糖」は、果たして本当にカラダに悪いのか。前回同様、Carly Stewart博士(「Money Crashers」の医療エキスパート、過去記事「自分に合うダイエット方法を見つけるためにやるべきステップ」にも登場)、Andy Bellatti氏(ラスベガスの栄養管理士、「食の都市伝説」についての記事でもご協力いただきました)、Spencer Nadolsky博士(「Examine.com」の医療担当編集者)という3人の専門家に相談しました。



神話3:グルタミン酸ナトリウムは体に悪い


うま味成分のグルタミン酸ナトリウム(MSG)は不遇な扱いを受けてきました。アメリカ人の多くは、程度の差はあれMSGを問題視していて、中には「静かなる殺し屋」と呼ぶ人までいます。ですが実際には、MSGの摂りすぎが問題になるとすれば、それはMSGそのものではなく、MSGを多く含んだ食品に問題があるのです。Bellattiさんは、次のように説明しています。


(MSGは)体に悪いとも良いともいえます。MSGを摂ると、あまり好ましくない反応が出る人もいます。MSGが体に悪いように見えるのは、加工度の高い食品に使われるケースが多いから、というのが私の考えです。


Nadolsky博士も、MSGをめぐるたいていの情報には、たしかな根拠があるわけではないと指摘しています。


MSGは一般に、頭痛を引き起こすとして悪者扱いされています。中には、MSGに対して過敏な反応の出る人がいるのかもしれませんし、まだわかっていない別の原因があるのかもしれません。MSGの摂取で具合が悪くなる人は、一種のアレルゲンととらえて、摂取しないようにすれば良いでしょう。ただし、だからといって、MSGが誰にとっても体に悪いとは限りません(その点はまだわかっていません)。

MSGは肥満の原因といわれることも多いのですが、肥満が誘発されるのは、マウスの脳に直接注射した場合や、中華料理店での暴飲暴食という「援護」を受けた場合だけです。


では、MSGは摂らないほうが良いのでしょうか? もちろん、何か問題があるのなら避けましょう。ですが、たいていの人の場合、少量なら影響が出ることはないはずなので、過度に神経質になる必要はないでしょう。


神話4:異性化糖は砂糖よりも悪い


ブドウ糖果糖液糖などの異性化糖(HFCS)は、いわれのない非難を受けています。たしかに体に良いものではありませんが、健康への全般的な影響は、実はスクロース(砂糖の主成分)とたいして変わりません。Nadolsky博士は次のように説明しています。


フルクトース(果糖)の含有量では、アメリカで一般的に使用されるHFCSは、スクロースより5%高いだけです。この5%の違いが問題になるほどHFCSを摂取したとすれば、フルクトースだけではなくあらゆる糖類の摂りすぎになります。

それ以外には、スクロースとHFCSの違いは知られていません。HFCSが体重増加の原因になるとしたプリンストン大学の研究結果は、追試で再現性が得られておらず、単なる人騒がせなデータである可能性が高そうです。


Bellattiさんも同じ意見ですが、HFCSの別の問題も指摘しています。


厳密にいえば違いはありませんが、HFCSは広く使われていて、環境に大きな負担をかけます。また、加工度の大きい食品の目印になります。


すでにお気づきかもしれませんが、私たちが問題視している成分の多くは、そのものだけでは、それほど悪影響は発揮しません。悪影響の原因は、むしろその成分が含まれる食品にあります。

HFCSも炭水化物も脂肪も、加工度の高い食品によく使われています。私たちがそうした成分を悪者扱いしてしまうのは、ヘルシーでない食品に含まれていたり、必ずしも使うべきではないところで使われていたりするからです。

特定の成分を敵視するのではなく、食品全体に目を向ける必要があるでしょう。HFCSにも砂糖にも、体に良いものはたいして含まれていませんが、砂糖は栄養価の高い食品に使われるのに対して、HFCSは、本来なら糖分を添加する必要のない食品に使われる傾向があります。

砂糖が脳と体におよぼす影響を詳しく知りたい方は、ギズモードのこちらの記事をお読みください。

健康神話を検証する連載は、明日も続きますよ!


Adam Dachis(原文/訳:梅田智世、風見隆/ガリレオ)
Photos by IainBuchanan, Dominik Schwind, Nina Hale, John Fischer, Tony Alter, Orin Zebest, gleam_df, The U.S. Army, davidd, Igor Zh, and Leremy (Shutterstock).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.