• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  05:00 PM

月に一度、iOSの設定画面の「大掃除」をすべきいくつかの理由

月に一度、iOSの設定画面の「大掃除」をすべきいくつかの理由

131102ios_audit.jpg


スマートフォンの設定を一度でも自分好みに変えてしまったら、その後は設定画面を見直さない、という人は多いでしょう。でも、物事は変化していくものです。

よく考えもせずに「承諾」ボタンを押せば、アプリはどんどん個人情報を吸い上げていきますし、いつでもどこでもプッシュ通知画面が表示されるようになります。何もしていないのに、突然バッテリーの持ちが極端に悪くなったりもするでしょう。

こうした事態を防ぐために、1カ月に一度はチェックすべき設定項目をご紹介しましょう。



「プライバシー」項目をチェック


アプリに許可を求められると、それが何であれ、深く考えずに「承諾」ボタンをタップしてしまう人はいませんか? 何を隠そう筆者もそうです。iPhoneはかなりクローズドな環境なので、取り返しのつかないミスを招くことはあまり考えられませんが、公開するつもりのなかった情報をうっかり漏らしてしまう可能性がないとはいえません。

というわけで、まずはiPhoneの[設定]>[プライバシー]にアクセスしましょう。ここには、位置情報サービスや連絡先、カレンダーなどの項目が並んでいます。これらのうちどれかひとつをタップしてみてください。該当するデータへのアクセスをこれまで要求したことのあるアプリがすべて表示されます。ひとつひとつの項目をチェックし、表示されるアプリにデータへのアクセスを許可しても良いか、改めて確認しましょう。

これらの項目のほとんどは、見ればその意味がわかるものばかりです。例えば、「連絡先」をタップすると、あなたの連絡先へのアクセスを要求したすべてのアプリが表示されます。「カレンダー」や「リマインダー」「写真」などについても同様です。

定期的なチェックが欠かせないのは「位置情報サービス」です。ここに表示されるのはすべて、あなたのGPS位置情報にアクセスを要求したアプリです。ほかの項目と同様に見えますが、位置情報サービスはバッテリーの消耗を招くことが多いので、自分の位置情報を知らせる必要があるのかどうか、それぞれのアプリをよく見直してください。『Google Maps』のようなアプリなら位置情報を渡すのは納得できますが、『Goodreads』(本のリコメンデーションなどを行うSNSアプリ)やFacebookのようなサービスであれば、特に望まない場合、位置を知らせる必要はないでしょう。


「通知」をチェック


プッシュ通知はただわずらわしいだけではなく、バッテリーを食うというデメリットもあります。「通知」設定にしばらく手をつけておらず、不要な通知もオフにしていない、という人は、今すぐチェックしましょう。それなりに確認している人でも、気づかないうちに「通知」画面に入り込んでいるアプリの多さに驚くかもしれません。

では、[設定]>[通知センター]にアクセスしましょう。下に少しスクロールすると、[表示]という項目の下に、あなたの通知センターに表示されるすべてのアプリが並んでいるはずです。アプリをタップすると、通知の表示方法を変更する画面が出てきます。ここで、通知音のオンオフ、ロック画面に表示させるか否かを選択してください。

アプリからのプッシュ通知送付を許可しない設定にしておいても、「設定」画面にこれらのアプリが残っている場合があります。残ったままのこうしたアプリがバッテリーの持ちに影響するのかどうかははっきりしないのですが、不要なアプリは念のため削除しておいたほうが良いでしょう。この項目を確認すると、明確な理由もメリットもなさそうなのに、通知センターに表示を求めるアプリが多いことにビックリするかもしれませんよ。


バックグラウンドアプリもチェック


iOS 7を使っているなら、バックグラウンドで動作するアプリも確認しましょう。バックグラウンドで動くアプリは、バッテリーを食いつぶしがちです。ですから、バッテリーの持ちが悪いとお悩みの人は、1週間に一度とは言いませんが、1カ月に一度くらいはチェックすべきです。

では、[設定]>[一般]>[Appのバックグラウンド更新]と進みましょう。ここの画面には、ユーザーが使用していない時にもバッググラウンドで動作しようとするアプリすべてが表示されます。

たとえばポッドキャスト系のアプリなら、バックグラウンドで新しいエピソードをダウンロードしますし、ソーシャルネットワーク系のアプリなら、あなたがアプリを開く前に新しいコンテンツを自動で読み込んでくれます。歩数計アプリなら、使っていない時もあなたの動きを記録するでしょう。アプリによっては非常に便利な機能だといえますが、なんでもかんでもバックグラウンドで動かす必要はありません。たとえば筆者が使っているオンラインバンキングのアプリです。このアプリは、バックグラウンドでの更新をオンにするよう求めてくるのですが、そうした機能にメリットはほとんどないでしょう。


アプリのストレージ使用状況をチェック


アプリ自体もかなりの容量を必要としますが、なかには、追加データをダウンロードするとさらにサイズが膨らむものもあります。iPhoneの動作が遅くなってきた、あるいは容量不足で困っている、といった場合は、何はともあれアプリのストレージ使用状況をチェックして改善を図ってみましょう。

[設定]>[一般]>[使用状況]と進むと、あなたが使っているすべてのアプリのストレージ使用量がわかります。ほとんどの場合、表示されているのはアプリ自体の容量のみですが、ポッドキャスト管理や音楽、カメラ、さらにはTwitter関係アプリなどで、キャッシュやプライベート・ライブラリのためにさらに多くの容量をとっているケースがあります。残念ながら、不要な容量をクリーンアップするには、そのアプリ内のコンテンツを消去する(可能な場合)か、アプリをいったん削除して再インストールする以外に現実的な方法がありません。

たいていの場合は、以上でご紹介した方法で十分なはずです。わずか数分でできるこれらのチェックを行うだけで、あなたのiPhoneは生まれ変わり、バッテリーは長持ちし、パフォーマンスも向上するでしょう。

筆者は、いったん快適な設定ができたら、その後はあれこれいじくりまわすタイプではありません。でも、いざチェックしてみると、余計な個人情報を取得しようとしたり、通知センターを使おうとしたり、バックグラウンドでムダに動作しようとしたりするアプリが多いことに気がついて、いつも驚いているのです。


Thorin Klosowski(原文/訳:長谷睦/ガリレオ)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.