• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

佐藤ゆき  - ,,,  05:00 PM

歩きながらミーティングすれば、一石六鳥です

歩きながらミーティングすれば、一石六鳥です

歩いて話そう


Inc.:過去3年間、わたしは自分がCEOを務めるAnswerLabの全従業員と、「歩いて話そう」(walk-n-talks)という活動を行ってきました。CEOとしての役割に追われて、日々チームメンバーと過ごす時間が減ってきていたころ、お互いに開かれたコミュニケーションを保つための方法が必要だと感じたのです。

自分の会社が、健康と運動の分野に注目していることもあり(新入社員全員にFitBitが配られます)、外で一緒に歩くことで、Fitbitの活動量も増やしつつ、有意義な意見の交換ができると考えました。サンフランシスコとニューヨークに拠点を構えているため、すばしい景色を眺めながら、この「歩いて話そう」を楽しむことができました。

なぜ「歩いて話そう」があなたと会社にメリットをもたらすのか。その理由を6つ、以下に説明しましょう。



1.組織の中心的価値観、ビジョン、社内文化を強化できる


CEOは、組織の価値観、ビジョン、社内文化をもっとも的確に、力強く伝えることのできる存在です。従業員と個別に話すことで、会社の将来について議論をし、価値観を支えてくれていることへの感謝を伝え、社内文化を強化または低下するような行動を特定することができるはずです。


2.組織が変化しているとき、従業員のやる気を確かめることができる


急速に成長している企業、特に成長産業にいる企業では、組織構造や製品、工程、従業員がめまぐるしく変化していくものです。そうした変化に対する従業員の反応はさまざまです。そして、まさに変化をつくっている存在であるCEOに比べれば、従業員の多くはその変化にすばやく適応することは難しいでしょう。

最近、我が社では長年勤めていた2人の従業員が退職し、FacebookとAmazonへと転職していきました。わたしはニューヨークオフィスの従業員がこうした変化をどう受け止めているのか気になったため、マディソン・スクエア・ガーデンで各従業員と「歩いて話そう」を行いました。

従業員は不安を抱いているだろうと思っていましたが、実際は違いました。みな非常に柔軟で、前向きであり、未来を明るく捉えていたのです。緊密なコミュニケーションを重視する社内文化のおかげで、こうした変化にも適応しやすいというコメントも数人からもらいました。こうした意見をもらったことで、役員メンバーは組織を強化するための活動をどう優先順位を付けて行うべきか、より深く理解できるようになりました。


3.組織と将来展望について、新しい視点を得ることができる


従業員はみな、それぞれ会社のミッションに対して異なる視点を持っています。過去3年間、わたしは「歩いて話そう」の中で多くの質問を受け、それがきっかけで会社の戦略をより良く練り直すことができました。あるときには一人の従業員が、自動車内のデバイス操作に関するサービスを増やすことについて質問しました。以前よりも多くの車内の機器がデジタルに接続されている現状に基づいて、その分野に大きな成長の可能性が秘めていることを認識させてくれたのです。


4.従業員の意識が高まる


多くの企業では、上層部のリーダーと話をする機会を得られる従業員は限られています。組織、業界、市場の成長度合いについて、CEOの戦略的でハイレベルな話を聞くことで、従業員にはより大きな枠組みの中で働いているという意識が身に付き、日々の業務を超えた視点で考えることができるようになります。また、それによって、従業員はいかに課題を捉え、自分の仕事と向き合うかを学ぶことができます。


5.心身の健康に良い


日々、わたしたちはデスクに長時間縛りつけられています。オフィスの外に出て身体を動かし、血流を良くするだけで、脳を適度に休めることができますし、頭も身体もすっきりできます。立ち上がって、歩いたあとには、ずっと生産的になれるはずです。


6.従業員に対して、理解を共感を示すことができる


CEOというのは、厳しい決断をし、すさまじいスピードで行動し、感情をほとんど外に出すこともなく、問題解決に走ることがあります。全速力で走っているときには、メンバーの状況を深く考えることを忘れてしまいがちです。しかし、「歩いて話そう」の時間を持つことで、強制的に走るペースを落とし、注意深く耳を傾け、従業員と人間的な気持ちの交流をする時間が持てるようになります。


個々の従業員について、彼らの長期的なゴールについて理解を深めることで、企業として従業員を長期的にどうサポートすべきか、大きな枠組みから考えられるようになります。従業員との一対一の会話から得た知見は、組織づくりに大きな影響を及ぼし、2年連続で「すばらしい職場トップ25」に選出されることとなりました。


Walking Meetings: So Much More Productive Than You Think | Inc.

Amy Buckner Chowdhry(訳:佐藤ゆき)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.