• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

sakata  - ,  08:00 AM

職場でもできる8つの簡単なエクササイズ

職場でもできる8つの簡単なエクササイズ

131031stretch.jpg


MakeUseOf:あなたは1日に何時間ぐらい座っていますか? フリーランスあるいは机にかじりつくような仕事している人は、あまり身体を動かすことがないでしょう。

誰でも1日のうち2時間もランニングやサイクリングに時間を費やせませんし、それだけの体力もありません。だけど、あきらめなくても良いのです。誰でも、机の前でエクササイズはできます。中には立たずにできるものや、10分とかからないものだってあります。



1.足踏みする


立ち上がらなくても、あるいは仕事をしながらでも。足の裏を地面につけ、その場で足踏みをするように、両足で軽く地面をたたきましょう。ゆっくり始めて次第に動きを速めます。こんなちょっとしたエクササイズで、心拍数がかなり上がることに驚くでしょう。脚の筋肉が動いているのがわかりますし、血の巡りが良くなります。

このエクササイズの短所は、音が出ることです。カーペット製の地面でなければ、近くの同僚に聞こえるぐらいの音が出てしまうでしょう。この問題を解決するには、同僚にもこのエクササイズを勧めることです。一斉に始めれば、誰も音にいらいらすることはありませんし、よい運動になります。


2.祈りの姿勢


131031exercises_at_desk_2.jpg

Image via Yan Trokel


誰でもどこでもできるエクササイズです。長時間続く退屈な会議中にでも。両足を床につけ、まっすぐ座ります。(会議が早く終わるようになど)何かを祈るときのように、胸の前で手のひらを合わせます。できる限り強く手を押し合いましょう。腕の筋肉が活性化されるのが実感できるでしょう。10秒~20秒ほど続け、手を放します。何回か繰り返してみましょう。

このエクササイズの応用編として、手のひらを押し合う代わりに離そうとしてもいいですよ。


3.肩のストレッチ


ずっとコンピューターの前に座っている仕事ですか? 肩を伸ばすストレッチをしてみましょう。肩をすくめるように、両肩を上にあげ、一気に力を抜きます。これを少なくとも15回繰り返しましょう。ほかにも、両方の肩甲骨を付けるように肩を後ろに広げ、何秒かキープして力を抜く方法もあります。肩甲骨でペンを持つようにする、と何かで読んだことがありますが、筆者はできません。


4.ひじとひざをつける


これも手を使うエクササイズです。仕事をしたり、タイピングをしながらできるものではありませんが、慣れれば、画面で文字を読みながらでもできます。イスにまっすぐに腰かけ、手を頭の両側につけます。腹筋を使って、ひじを反対側のひざにつけることが目的です。身体を右にねじり、右ひざを上げながら左ひじをそこにもっていきます。数秒間この姿勢を保って元の状態に戻ります。左ひざと右ひじでも同じことを行い、両方で繰り返しましょう。

あなたのことを笑いものにする嫌な同僚がいない限り、オフィスで行うととてもいいエクササイズでしょう。音も出ないし、大きく身体を動かすこともありません。


5.空気イス


131031exercises_at_desk_3.jpg

Image via greatist.com


座席の後ろに壁があれば完璧ですが、なければ数分間もたれられる壁を探しましょう。イスに座っていると仮定して、背中を壁につけます。足は壁から離し、ひざはイスに座っているときのように曲げましょう。おしりは宙に浮いています。できるだけ長くこの姿勢を保ちます。重要な書類を「座って」読みながらやってみましょう。


6.腰と脚のエクササイズ


手が自由に使えるので仕事中にもってこいのエクササイズです。イスにまっすぐに座り、ひざを90度に曲げます。片方の足を床から持ち上げ、(あまりしんどくならない程度に)できるだけキープします。もう一方の足でも同じことを行います。何回か繰り返すと、腰回りの筋肉が鍛えられます。毎日行いましょう。机を離れずして脚を鍛えられますよ。

うるさいと愚痴をこぼす同僚がいても大丈夫です。これだと音も出ないし、他人を邪魔することがありません。


7.筋肉の締め付け


上記の運動が少しきつすぎるなら、誰にも見つからずに行うエクササイズをもう1つ紹介しましょう。鍛えたい筋肉の箇所を探します(腹部や腰など)。10~15秒間、そこを締め付けて力を抜きます。十分にきついと感じるまで、あるいは目標を決めて何回か繰り返しましょう。

あまり意味がなさそうに聞こえますが、だまされたと思ってトライしてみてください。


8.7分間ワークアウト


家で働いているなら、7分間エクササイズの時間を作ってはいかがでしょう? このリンク先にあるページには、各30秒ずつのエクササイズが12種類紹介されています。個々のエクササイズの後、10秒間の休憩があります。ジャンプをしたり腹部を鍛えたり、イスを上り下りしたりなど、すべて異なるエクササイズです。

このサイトはわかりやすい画像で説明しており、大きなカウントダウンの数字も表示しています。毎日7分続けるだけで、身体にいいことをしたと思えるでしょう。


ほかの方法


上記に紹介したエクササイズは、何もしないのに比べれば、とても良いものです。身体を健康に保つ方法はもっとたくさんあります。できる限り階段を使う、ランニングやサイクリングをする、水分をしっかり取る、お菓子に手を出さないなど。仕事場の環境を自分で変えられるなら、「スタンディングデスク」もあります。

こんなエクササイズのビデオもチェックしてください。これで運動したいと思えないなら、何も始められないでしょう。

あなたがオフィスで実践しているエクササイズはありますか? ぜひ教えてください。


8 Easy Exercises To Help You Stay Fit At Your Desk|MakeUseOf

Yaara Lancet(訳:駒場咲)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.