• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,,  09:30 PM

アラビア語を話す家庭で育った子どもは、数字の「2」をより早く習得する

アラビア語を話す家庭で育った子どもは、数字の「2」をより早く習得する

言語環境による数字の習熟度


Popular Science:英語で育った幼児は、日本語や中国語で育った幼児よりも、「1」という数字を早く覚えるそうです。また、スロヴェニア語で育った子どもは、英語を話す子どもよりも、「2」の概念を早く学ぶのだとか。

最新の研究によると、この違いは言語構造に由来するそうです。


英語では単数と複数で名詞の形が変化しますが(たとえば"one cat"と"two cat-s")、日本語や中国語では変化しません。また、スロヴェニア語やサウジアラビア語では、1(単数)と2(双数)、3以上(複数)で、それぞれ名詞の形が異なります。たとえばスロヴェニア語で1つのボタンは「gumb」、2つのボタンは「gumba」、3つ以上だと「gumbi」となります。こうした文法上の違いが、子どもが数を習得する早さに影響するのだというのです。

言語学者の間では、子どもが数を習得するのに「名詞の一致」が重要な役割を果たすことが知られていました。先日、全米科学アカデミー紀要(米国科学アカデミー:NASが発行している機関誌)に発表された最新の研究で、このことを裏付ける新たな証拠が提出されました。


環境が子どもに与えるもの


この研究は、英語、アラビア語、スロヴェニア語で育った、2歳から4歳までの幼児を集めて行われました。子どもたちには、「箱の中にボタンを2つ入れてください」、「このカードに描かれているのは何でしょう?」などの質問が与えられました。

結果、どの歳のグループでも、アラビア語とスロヴェニア語を話す子どものほうが、英語を話す子どもよりも「2」の概念をよく理解していました。スロヴェニアの2歳児のうち42%が「2」の概念を理解していたのに対し、英語で育った2歳児で「2」を知っているのはわずか4%でした。また、過去の研究成果を分析したところ、スロベニア語やアラビア語で育った2歳児は、ロシア語や日本語、中国語で育った2歳児と比べて、「2」の概念を知っている割合が高いこともわかりました。一方、スロベニア語とアラビア語での違いはほとんどありませんでした。

また、年齢が高くなり、覚える数が大きくなってくると、スロヴェニア語で育った子どもより、英語で育った子どものほうが、習得が早いことがわかっています。研究者によると、スロヴェニアの親は、英語圏の親のように、数の数え方をきちんと教えないからだそうです。

数の習得にはさまざまな要素が絡みます。今回の研究は、小さな数の習得には、言語の違いが大きな影響を与えることが示されました。なお、4より大きい数の習得には、また別の要素が関わるそうです。


Why Babies In Arabic-Speaking Households Learn Some Numbers Faster|Popular Science

Francie Diep(訳:伊藤貴之)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.