• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  11:00 AM

思い出作って友情壊さず。友だちとの旅行でストレスをためずに楽しく過ごすガイドライン

思い出作って友情壊さず。友だちとの旅行でストレスをためずに楽しく過ごすガイドライン

友だちとの旅行でストレスを溜めない


友だちと一緒に旅行をするのはとても楽しいものですが、時にストレスになることもあります。ストレスを完全に無くすことはできませんが、少しでも減らすことはできます。今回は、友だちとの旅行でストレスを軽減する方法をいくつかご紹介しましょう。



旅の道連れは選ぼう


誰と一緒に旅行をするか決める時は、仲の良い友だちを選ぶことが大事です。旅行では、友だちとほとんど常に一緒に居ることになります。誰かと長時間一緒に過ごした後は、相手について深く知ることもできますが、同時に相手との距離感の取り方の難しさも分かるでしょう。

友だちの知らない一面や習慣を知ることになるかもしれず、それにうんざりすることもあります。でもそれはお互いさまです。相手もきっとそう思っています。2度と友だちと旅行なんてしない、とは思わないでください。思い出や体験を共有することで、生涯にわたって付き合える、仲の良い強い友情が育まれるものです。友だちとの旅行を有意義なものにするには、ちょっとした計画とガイドラインがあれば大丈夫です。


お金の予算は具体的に


旅先を決めたら、予算をどれくらいにするか決めましょう。お金のことは話しにくくなりやすいので、前もってお互いにどれくらいなら払えるのか、予算のレベルを決めておくと、後で衝突しにくいです。ある人には余裕があっても、他の人にはそこまで余裕がないこともあります。具体的に確認しておきましょう。

例えば、筆者が友だち3人とイタリアのアマルフィに1週間の旅行に行った時は、宿泊代は1泊30~50ユーロまでと決めました。ある程度の限度を決めておくと、宿を探しやすくなるだけでなく、決めやすくもなります。

また、お金を出し合ってグループ資金を作り、タクシー代など一緒に払うものはそこから支払うというのもいいです。最初にみんなで同じ金額を出し合い、グループ資金が尽きたら、もう1度出し合います。旅の終わりまでそれを繰り返せば、最後までみんなで割り勘がしやすくなります。


旅行に出発するまで


みんなの旅行に対する準備や心構えが揃っていないと、色々な問題が起こります。問題が起きないようにするには、旅の準備をする段階が大事です。以下のような点について、みんなで意識を共有するようにしましょう。

  1. 手荷物を機内に持ち込むか、それとも預けるか?

    誰か1人の荷物のためだけにみんなで待つ、というのはストレスが溜まりやすいです。できるだけ荷物を小さくまとめて、みんなが手荷物にするようにしましょう。(長期旅行の場合はみんなで預ければいいでしょう)
  2. 飛行機の荷物の制限サイズと重量を確認する


    全員が航空会社の制限ルールにのっとっていれば、手荷物検査は何の問題もなく通り抜けられます。筆者は、1度友だちのバッグのサイズが引っかかって、みんなで20分以上待ったことがあります(別の友だちは超過料金を払ったこともあります)。
  3. 旅の予定に合わせた服を用意する


    みんなが旅先できちんとしたレストランで夕食をしたいと思っているのに、自分だけそれにふさわしい服が無いと気まずい思いをします。また、気まずいだけでなく、場合によっては入れない場所もあります(教会や宗教施設などに多いです)。
  4. みんなで常に行動を共にするか?


    これは誰かと旅行をする時に一番難しい問題になります。できることなら、旅先に着く前に宿泊場所は決めておいた方がいいでしょう(行き当たりばったりも楽しいのは分かりますが)。次に、旅先で何をするかも、事前に話し合って合意を取っておくべきです。みんなで常に行動を共にしない場合も、みんなで一緒に何かをする時は、全員が楽しめるものにしましょう。
  5. 全員が旅先の国のお金のことを知っておく


    目的地に到着した数分後には、何かにお金を使うことになります(タクシー、電車、食事、チップなど)。全員が事前に旅先の国の通貨や為替レートについて知っておけば、後で問題が起きにくいです。また、チップの習慣についても知っておいた方がいいでしょう。アメリカは何にでもチップを支払う習慣がありますが、多くの国ではそこまでチップを払わなくていいことが多いです。アメリカほどクレジットカードが使えない国が多いので、全員がきちんと現金を(現地の通貨で)持つようにしましょう。

    おまけ:紙幣に満たない硬貨がたくさんある通貨が多いので、小銭は小さなポーチに入れて持ち歩くといいです。

  6. 基本的な安全知識を持つ


    筆者にとっては(誰にとってもだと思いますが)、安全が第一です。旅先でどのように安全を確保するかという知識や認識を、みんなできちんと共有しておくと、もっと楽しい旅になるでしょう。現地の市場で面白いお土産を探すのは楽しいです。友だちがパスポートをすられた時は、慌てずに落ち着かせて対処できるようにしましょう。
  7. 行き帰りの乗り物の情報を周知する


    一緒に旅行をする全員が、出発/帰国する日、時間、空港/駅の場所を間違いなく知っているようにします。


コミュニケーション


誰かと一緒に旅行をする時は、摩擦をいかに無くすかというのがポイントになります。大親友でも最近できた友だちでも、きちんとコミュニケーションを取るというのが大事です。できるだけシンプルに「旅行中に何か嫌な思いをすることがあったら、遠慮なく言ってね。私たちはきっとうまくいくし、楽しい時間になると思ってるよ」という風に言うのがいいです。このように言うことで、全員の態度が大きく変わります。


自分のことを知る


最後に、自分には何が必要で、どのようにそれを管理するかを知ることは、一緒に旅行をする全員にとって有効なことです。特に自分にとってです!

例えば、筆者は疲れたりお腹が空いたりすると機嫌が悪くなるということを自分では分かっているので、何だかイライラするなと思ったら、休憩か食べ物が必要なのだと自分で気付くことができます。相手に察してもらうことは期待できないので(しない方がいいです)、相手のためにも自分のためにも、休憩や食べ物が必要な時はきちんと伝えるようにしましょう。


誰かと一緒に旅行をすると、急速に仲が良くなり、友情が長続きすることが多いです。旅でせっかくの友情を壊すことなく、もっと仲良くなる機会にするためにも、大事なポイントを押さえておきましょう。他にも友だちと旅をする時の秘訣などあれば、ぜひ教えてください。


How to Travel with Friends | A Constant Traveler

Heather Yamada-Hosley(原文/訳:的野裕子)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.