• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  -   10:00 PM

ちょっと待った! 新しいMac OS X『Mavericks』に今すぐアップグレードすべき?

ちょっと待った! 新しいMac OS X『Mavericks』に今すぐアップグレードすべき?

ちょっと待った!


10月23日、Appleが新しいMac OS X『Mavericks』をリリースしました。無料で配布されているし、便利そうな隠し機能もあるようです。

ですが、"今すぐ"アップグレードすべきなのでしょうか。新機能が本当に役に立つのかわかりませんし、バグがあったりアプリの互換性に問題があるのもイヤ...。

米Lifehackerの答えは「ちょっと待った」。その理由を紹介します。


もちろんどんなアップグレードだって完璧ではありませんが、大抵はアップグレードしてよかったと思えるものです。Mavericksも? 残念ながら、今回ばかりは例外のようです...。

Mavericksにも良い点はあります。しかし、きっとあなたはがっかりするでしょう。iOS 7もそうでしたが、Appleはまだバグがある最新OSを「完成した」と発表するようなので注意が必要です。


スピードの低下、バグの問題


20131028-marvericks02.jpg


Mavericksは遅いです。米LHでのテスト結果もしかり、ユーザーの多くもアップグレード後、遅くなったと報告しているようです。一体何があったというのでしょうか、まったくわかりません...。たとえば「QuickLook」は、読み込みが本当に遅くなりました。とにかく全体的に遅くなったようです。

アップグレードによってハードウェアの負荷が多少増すのはよくあることです。しかし、これほど遅くなるとは...。Appleはいずれこの問題を解決するでしょうが、今すぐアップグレードするのはおすすめしません。1〜2カ月は待つほうがいいでしょう。

動作が遅いだけでなく、バグもたくさんあるようです。機種によって違うようですが、一部のファイルがQuickLookでプレビューできなくなっています。SafariもCPUを大量に消費します(新しい「App Nap」機能も台無し)。オーディオも原因不明の音飛びが発生。Flashにも問題が生じるようです。ほかにも...。

とにかく、今すぐアップグレードするなら、何らかの不具合は覚悟してください。


新技術の恩恵もは、まだ受けられない


20131028-marvericks03.jpg


Mavericksには素晴らしい新技術が使われています。App Nap機能は使っていないアプリの処理速度を下げ、バッテリーを節約してくれます(誰もが待ち望んだ機能ですね)。しかし今のところ、App NapがカバーしているのはApple標準のアプリだけ。サードパーティーのアプリは未対応です。つまり、お気に入りのアプリがApp Napに対応するまで、新技術の恩恵は受けられないのです。


アプリの互換性は問題なし


20131028-marvericks04.jpg


Appleはアプリの互換性にはいつも気を配っています。米LHでテストしたところ、Mountain Lionで動いていたアプリは、Mavericksでも問題なく動作するようです。細かいことに目をつぶれば(Photoshop CS6のタグが時々おかしくなる、いくつかのテキストエクスパンダーでアクセス権に問題がある、機種によって動作が不安定なアプリがある)、アプリの互換性は問題ないといえます。


iPhoneがちょっとだけ便利になった


20131028-marvericks05.jpg


新しく搭載されたマップアプリを使えば、Macでルートを調べて、iPhoneに送信するのも簡単です。ただし、iPhone側でもAppleマップを使う必要があります。Googleマップを使いたいなら『DeskConnect』で同じことができます。Mavericksは不要です。

また、AirDropにもがっかりです。AirDropでMacからiPhoneにファイルを送りたいのですが、できません。誰もが望んでることなのに、なぜAppleは叶えてくれないのか...。とにかく、MacとiPhoneのデータの受け渡しは、『DeskConnect』があればバッチリ。Mavericksにアップグレードする必要はありません。


人によっては便利になる機能も。ただしインパクトはなし


20131028-marvericks06.jpg


Marvericksではマルチディスプレイ機能が改善されています。とはいえ、大半のユーザーはシングルモニターのはず。あんまりインパクトはありませんね。

通知センターも改善されています。届いた通知にその場でアクションがとれるようになりました。ただし、こちらもアップルの標準アプリにしか対応しません。メッセージアプリやリマインダーアプリを使う人には便利ですが、使わない人には関係ありません。また、長いメッセージが届いても、通知センターに全文は表示されません。結局はアプリを開くことになります。使い勝手がいいとはいえませんね。

新しく追加されたFinderタブ機能もどれほど役立つのか微妙です。新しい使い方を覚える手間もかかります。とはいえ、タブが使いやすいと感じる人には良い機能でしょう。


今までのラベルはタグに変換される


20131028-marvericks07.jpg


ファイルの管理方法としてタグ機能が追加されました。Macには以前からファイルにカラーラベルをつける機能がありましたが、これがタグ機能に置き換わっています。今までのラベルはすべてタグに自動変換され、ブルーのラベルは「ブルー」という名のタグになります。ただし、これが問題になるケースも。例えば、タグを使ってファイル管理をゼロからやり直したくても、すでに「ブルー」や「グリーン」などのタグが存在するので、タグのクリーンアップ作業が必要となります。


結論


結論として、今すぐMavericksにアップグレードする理由は見つかりません。いくつか良くなった点はあるとはいえ、米LHとしては、バグが解消されるまでアップグレードを待つのをおすすめします。少なくとも次の修正版までは待ちたいところ。とはいえ、新機能をどうしても使いたい人は、チャレンジしてもよいでしょう。


Adam Dachis(原文/訳:伊藤貴之)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.