• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  12:00 PM

17歳の高校生、遠心分離機をDIY。研究に使えるレベルで価格は1/5!

17歳の高校生、遠心分離機をDIY。研究に使えるレベルで価格は1/5!

13102617diyrevolutionary.jpg


Popular Science:アマチュアによるバイオテクノロジーの黎明期から、ハッカーたちはリバースエンジニアリングを駆使し、安価な実験装置をDIYしてきました。その金字塔のひとつといえるのが「OpenPCR」。

分子生物学の研究室ならどこにでも置いてある高価な「DNA増幅装置」のいわば廉価版です。ほかにも様々なハック装置が産み出されましたが、「遠心分離機」のDIY版だけはなかなか登場しませんでした。

混合液から、細胞、DNA、タンパク質などを分離するには、高速回転する遠心分離器が必要です。これまでDIYされた装置は、使いものにならないものばかり。ところが、ついに美しく洗練されたDIY版の遠心分離機が登場したのです! 作ったのはなんと17歳の高校生、Karlin Yeh君です



研究室でも使えるレベル、だけど価格は1/5


Yeh君は、友人の壊れたリモコンヘリコプターと、父親のレーザーカッターを使って、遠心分離機「OpenFuge」を製作しました。「DIYのバイオハッカーたちが、自前の遠心分離器を持てるようにしたかったんだ」とYeh君は言います。



OpenFugeは回転数9000rpm、遠心力6000Gを実現しています。これは研究室でも使えるレベルです。専門家向けの装置が1000ドル以上するのに対し、OpenFugeはわずか200ドルで製作できます。Yeh君はDIY製品販売サイト「Tindie」で、OpenFuge製作キットを260ドルで販売しており、すでに売り切れ状態。また、自作したい人向けに詳しい製作ガイドもアップしています。


「みんなが参加できれば、バイオテクノロジーはもっと進歩する」


「今までのDIY遠心分離器は、穴の空いた2x4の厚い板に過ぎませんでした」とYeh君。「本物の研究室で使えるものを作りたかったのです」

OpenFugeは昨年の秋、「Genspace」のワークショップで生まれました。Yeh君は15歳のときから学校帰りにブルックリンにあるこのハッカーラボに通っていたそうです。

完成品ができるまでに、5つのプロトタイプを製作したとのこと。速度調整や、ケースの製作、騒音問題の解決に時間がかかったそうです。「最初のバージョンはジェット機が離陸するみたいな音がしたよ」と、Genspaceのエグゼクティブ・ディレクターEllen Jorgensen氏が語っています。

「みんなが参加できれば、バイオテクノロジーはもっと進歩する。だから誰でもが自宅で使えるバイオラボが必要なんだ。」とYeh君。だそうです。頼もしいですね!


GenspaceでOpenFugeをテストするYeh君


The 9,000 RPM Revolutionary | Popular Science

Nona Griffin(訳:伊藤貴之)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.