• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

sakata  - ,  09:00 PM

「生きることへの興味を保ち続ける方法」をゴッホは教えてくれる

「生きることへの興味を保ち続ける方法」をゴッホは教えてくれる

Van Gogh


NPR:以下に紹介する2つの絵画は、まぎれもなくフィンセント・ファン・ゴッホが描いたものです。大きな枝をつけた木が立ち並ぶ南フランスの街道がモチーフであり、どちらにもほとんど同じ木、家、道行く人が描写されています。


131021van_gogh_lessons_2.jpg

Vincent van Gogh, The Road Menders, 1889
(Walter Larrimore/Courtesy of The Phillips Collection


131021van_gogh_lessons_3.jpg

Vincent van Gogh, The Large Plane Trees (Road Menders at Saint-Remy), 1889
(The Cleveland Museum of Art/Courtesy of The Phillips Collection


『The Road Menders』と『The Large plane Trees(またの名をRoad Menders at Saint-Remy)』は、1989年の5月にゴッホが描きあげました。「コピー」だという人もいるほど両者は似通っています。けれど、まぎれもなく2つは別の作品です。まったく異なる色を使っていますし、細かい点にも少し違いが見られます。

これら2つは、ワシントンで開かれたThe Phillips Collectionに持ち寄られました。他にもゴッホが「写し」と呼んだ作品も展示されていました。多くのテーマがありましたが、同じテーマのもとで9つの異なる作品が描かれたものもあります。



ゴッホはなぜ同じような作品を描いたのか


筆者は、New York Timesに寄稿されたHenry Adams氏の「Seeing Double: Van Gogh the Tweaker」という記事を読み、その展示会を知りました。2つの「修正された」作品について、Adamsはどちらが先に描かれたか、そしてそれを知る術を説明しています。彼はまた、ゴッホのコピー作品ににせものがあるとする「厳格すぎる学者」についても触れています。

ゴッホの「写し」はにせものではありません。「コピー」と呼ばれていること自体もおかしいと思います。Phillipsの展示会でも強調されていたように、これがゴッホの芸術表現だと理解するべきでしょう。Adams氏によると、弟であるテオドルス・ファン・ゴッホに向けた手紙で、ゴッホは「何回も描くことで、始めの作品をよりよいものに仕上げた」と記しています。

私は、何回も作品を描き直すのは、別段並外れたことではないと思っていました。良い作品にしようとすると、何度も試行錯誤や、成功と失敗を繰り返すものです。音楽家は1日に何時間も練習しますし、作家は何度も文章を書き直します。しかし、ゴッホの「写し」は、この意味の「練習」ではないと気付きました。彼は、一般に公開できるほどの1枚を完成させた後、ほとんど同じだけれど少しだけ違うものを描いていたのです。


今日作ったものが、明日作るものの基礎となる喜びを知る


ここから私たちが学べることがあるでしょう。何かを作り上げた後、それを自分で厳しく批評するのです。あなたは、作品が完成したあと、意識的にそれを見返しているかもしれません。「良い? 悪い? 良くも悪くもない?」と自問自答しているかもしれません。「なぜ一度目でできなかったのだろう?」とも。だけど、完成品の出来を受け止めて、反復してみるのも1つのやり方ではないでしょうか。

料理する場合を考えてみましょう。おいしそうなパスタのレシピを見つけました時は、スパイスの量や比率を微調整して、あるいは違う種類や香りを持つトマトを使って、作る度に異なるトマトソースにするのです。味を良くするためだけではなく、台所で実験してみることが、料理の楽しみとなるでしょう。

友達と音楽やダンスを作り上げるとき、あるパートの身体表現を少しだけ変えて繰り返し練習するのです。何度もしているうちに、まったく新しいものができあがるでしょう。

文章を書くときも同じです。私が教えている英作文の授業で、学者が書いた記事や本についての小論文を書く宿題を出します。ほとんどの学生は、「一生懸命書いたし、結果に満足しているから」と言って、1回書いたら、それ以上書くことをやめていました。ここで違う視点から考えてみましょう。私が「完成した」小論文を書き直す課題を与えるのは、文法や科学的な間違いを直してほしいだけではありません。言葉や文章の言い回しも変えて欲しいのです。すると、以前の小論文でははっきりしなかったものが、姿形を変えて新しい小論文に表れてくるでしょう。

ゴッホの絵画についての展示会は、振り返ることの大切さを教えてくれます。私たちが創り出すものは、完璧かつ一度作ればそれで終わるものではありません。今日作ったものが、明日作るものの基礎となる喜びを味わってください。


Van Gogh Teaches Us How To Keep Life Interesting|NPR

BARBARA J. KING(訳:駒場咲)
image by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.