• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,,  01:00 PM

最強のオンライン画像編集ツールは実はGoogle+だった!?

最強のオンライン画像編集ツールは実はGoogle+だった!?

Google+の画像編集ツール


Facebookにアップしたりメールで送信したりする休暇中の写真はやはりかっこ良く見せたい、と思うのが人の心です。

もちろんPhotoshopを使って加工をする、という昔ながらの方法で画像編集作業に没頭するのも良いのですが、Photoshopというある意味重鎮的な存在に出て来てもらうほどの場でもなく、というか面倒くさい作業はやりたくないので、クリック一発で良い感じに自動で編集してくれると良いのだけど、というのがみなさんの本音だったりするかと思います。

PicMonkey」や「Picozu」、新登場の「Pixlr Touch-up」などブラウザベースの画像編集アプリも最近ではたくさんあり、オフラインで使えるものも数多くありますが、しばらく使ってみたところ、最も優秀なお手軽画像編集ツールは実はGoogle+にビルトインされているものではないか、という意見に落ち着きつつあります。


131010google-plus-photo-editor01.jpg

Google+の画像編集ツールの素晴らしいところはなんといっても自動補正モードで自動編集が可能、というところです。

マニュアルでの調整ももちろん可能なのですが、特に画像にも編集ツールにも詳しくない一般ピープルな人にはこの自動補正モードはまさに魔法の杖のようなツールです。写真の問題として一般的なもののほとんどがこのボタン1つによって自動で修正されてしまうのです。

使い方はGoogle+へ画像をプライベート設定でアップロードし、オンラインで編集作業をしたら補正された画像を再度ダウンロードするだけ

Google+の長所としてオリジナル画像はそのままの残されるので、変更を取り消したり、エフェクトを後で変更したいという場合も再度画像をアップする必要はありません。

Google+での画像編集をやってみたい、という方は下記の手順に沿って作業してみてください。

  1. plus.google.comを開き、「画像をアップロード」ボタンをクリック。1枚または複数の画像をデスクトップからブラウザへドラッグ&ドロップして新規のGoogle+アルバムへアップロードします。
  2. 画像のアップロードが完了したら終了ボタンをクリック。写真に写っている人の顔にタグ付けするかどうかをGoogle+が聞いてきた場合は「タグ付けをスキップ」を選択します。
  3. そうするとアルバムを共有するかどうかを聞いてきます。今回はアップロードした画像をプライベート設定のままにしておきたいのでこれもスキップしてください。
  4. アルバムタブに切り替え、最近追加したアルバムを開きます。画像を開くとGoogle+はすでに画像の補正を行い、自動補正がかかった状態の画像がそこには保存されているはずです。


131010google-plus-photo-editor02.jpg

マニュアル作業で調整したい場合は「編集」をクリックします。編集済みの画像を保存したい場合は「もっと」のタブから画像を保存します。複数の画像を編集している場合アルバムビューに切り替えて↓メニューをクリックしアルバム全体をzipファイルとしてダウンロードします。

Google+内にある画像エディターには写真の補正に必要なツールがほとんど含まれているだけでなく、Instagram風のフィルターやビンテージスタイルなどに仕上げることができるフレームなども用意されています。

Google+ユーザではない方もまだまだ多いかも知れませんが、この機能性のためだけでもアカウント作成の価値あり、かも知れないですよ!


The Best Online Photo Editing Tool is Google+ | digital inspiration

Amit Agarwal (訳:まいるす・ゑびす)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.