• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,  10:00 PM

最強リーダー・Feedlyをますます便利にする拡張機能/ユーザースクリプト6選

最強リーダー・Feedlyをますます便利にする拡張機能/ユーザースクリプト6選

Feedly


「Feedly」は、米Lifehackerの読者投票でもトップになったRSSリーダー。だからといって、改善点が1つもないわけではありません。

そこで、Feedlyを一層便利にしてしまう拡張機能とユーザースクリプトを紹介します。



1.バックグラウンドでタブを開く


バックグラウンドでタブを開く


デフォルトでは、リンクをクリックすると新しいタブが開きます。これは便利なのですが、せっかく読んでいたタブが見えなくなり、集中力を削がれてしまいます。たくさんのタブを同時に開いておきたいあなたには、Chrome用の「Feedly Background Tab」という拡張機能がおすすめです。記事の上で「;」を押すと、バックグラウンドでタブが開きます。Firefox向けには、こちらのユーザースクリプトで同じことが可能です。


2.懐かしのGoogleリーダーの外見にする


懐かしのGoogleリーダー


懐かしのGoogleリーダーに心を奪われたままのあなたは、Chrome向けの「GGReader」でその外見だけでも取り戻してみてはいかがでしょう。Firefox向けには、こちらのスクリプトで同じタスクを実行できます。

スタイル管理ツール「Stylish」向けの「Feedly Wide and Clean」もチェックしてみてください。


3.素早くRSSフィードを購読


素早くRSSフィードを購読


素晴らしいサイトに出合い、一刻も早くRSSフィードを購読したいときがあります。でも、Feedlyのウェブアプリだけではそれができません。そんなときには、Chrome向けの「Add to Feedly」を使って、一発購読できるボタンを追加しましょう。Firefoxの場合、「RSS Handler for Feedler」を使うと、購読ボタンを追加できます。


4.Feedlyをさらに最小化して読みやすくする


Feedlyをさらに最小化して読みやすく


Feedlyはそもそも、そのインターフェースを考慮すると、非常にコンパクトにできています。が、徹底的に無駄なものを排除したいあなたには、Chrome向け拡張機能「Feedly Readable」が、Feedlyのインターフェースを非表示にしてくれます。


5.Feedlyのタブに未読カウンターを設置する


Feedlyのタブに未読カウンター


GoogleリーダーにあってFeedlyにないもののひとつが、タブ上の未読カウンター。バックグラウンドでFeedlyを開きっぱなしにする人にとっては、ナイスなリマインダーになります。こちらのユーザースクリプトを使って追加するか、ボタンがお好みであればこちらのChrome拡張機能を使ってみてください。インストールすると、Feedlyが未読数を自動更新してくれます。


6.おまけ:IFTTTで機能を追加


IFTTTで機能を追加


自動化サービス「If This Then That」には、Feedlyとの素晴らしい統合機能があります。これを使うとPocketEvernoteInstapaperなどに記事を保存できます。上で紹介した拡張機能やユーザースクリプトでできないことも、IFTTTならできるかもしれません(参考記事:FeedlyとIFTTTを使ってRSSを使いこなす全自動レシピ5つ)。


Thorin Klosowski(原文/訳:堀込泰三)

  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.