• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,  07:00 PM

関空発着のオトクな翼、LCCのPeachの良いところ・気になるところ

関空発着のオトクな翼、LCCのPeachの良いところ・気になるところ

LLC


インターネットを使えば、日本はもとより世界中の情報が瞬時に入手できる時代ですが、やはり、その土地に実際に出向き、経験したことに、勝るものはありませんね。最近では、LCC(格安航空会社)の台頭のおかげで、リーズナブルな価格で、移動できるようになりました。

とりわけ、関西在住の私にとって、関西国際空港を拠点とするLCCのPeach(ピーチ)は、貴重な「足」ならぬ「翼」。比較的安価な料金のおかげで、日本各地にも気軽に出かけています。そこで、こちらでは、いち利用者の視点で、Peachのメリットと、Peachを利用する際の留意点について、まとめてみたいと思います。



良いところ


・運賃が安い

私が頻繁にPeachを利用している最大の理由は「運賃の安さ」です。出発便の時刻にもよりますが、一般的な航空会社の半値程度で移動できるのは魅力。また、受託手荷物や座席指定は別途有料となる分、価格が安い「ハッピーピーチ」と、受託手荷物・座席指定・フライト変更が無料でできる「ハッピーピーチプラス」という2つの運賃形態から、自分の旅行のスタイルに合った運賃を選べるのも、合理的だと思います。


・日本内外の主要都市にダイレクトでアクセスできる

Peachは、関西国際空港を拠点に、新千歳・成田・仙台・福岡・長崎・鹿児島・那覇・石垣の国内8カ所の空港、および、韓国の釜山・ソウル、香港、台北のアジア4拠点を結んでいます。他の日系航空会社に比べると路線はまだ限られていますが、これら日本内外の主要都市に、格安かつ短時間でアクセスできるのは大きな利点です。


・予約やチェックインが簡単


予約やチェックイン


チケットの予約と決済は、インターネットで24時間いつでも可能。空港では専用の自動チェックイン機が導入されており、予約時に発行される予約確認書のバーコードをバーコードリーダーにかざすだけで、チェックインができます。


気をつけること


・ターミナルが離れている


ターミナル


Peachが離発着する第2ターミナルへは、関西国際空港のメインターミナルである第1ターミナルから連絡バス(無料)で7〜8分。連絡バスは、第1ターミナル向かいのエアロプラザから運行されています。くれぐれも時間には余裕を持ってお出かけください。また、第2ターミナルは、飲食店やショップが限られているので、買い物や食事は、第1ターミナルで済ませたほうがいいかも。


・搭乗手続の締切が早い

Peachでは、国内線は出発時刻の30分前まで、国際線は出発時刻の50分前までに、搭乗手続を完了させる必要があります(それ以降は搭乗できません)。他の航空会社と比べて、締切時刻が早い点に注意しましょう。


・機内の飲食サービスはすべて有料

Peachでは、飲料水を含むソフトドリンク・アルコール類・スナック・フードがすべて有料(メニューはこちらのページ参照)。離陸後、安定飛行に入ると、客室乗務員がワゴンで販売します。また、機内誌や音楽などのエンターテインメントサービスもありません。ミネラルウォーターやお茶は、搭乗前に買っておいたほうがお得かも。


・通路・座席が多少狭い

Peachの機内は、座席も通路も、若干狭め。搭乗時は通路をふさがないよう、手荷物を整理する前に、座席側に入って、通路の後ろに続いている他の乗客を通してあげましょう。また、水分を適宜とるなど、エコノミー症候群には気をつけてくださいね(エコノミー症候群への対策については、ライフハッカーアーカイブ記事「旅行の際に気をつけるべき『エコノミークラス症候群』の基本対策」を参照のこと)


元AKB48メンバー・篠田麻里子さんとのコラボレーションでも話題になったPeach。ラグジュアリーな機内サービスを求める人にとっては、物足りない点もあるかもしれませんが、コスト重視の旅行者には、とても相性のよい移動手段だと思います。

同じく国内LCCのJetstarを利用した際のレポートも、ご参考に。


Peach(ピーチ)

(松岡由希子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.