• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

akutsu  - ,  10:00 PM

間違った習慣をつけないためには「みんなが知っていること」を疑ってみる

間違った習慣をつけないためには「みんなが知っていること」を疑ってみる

131004everybody-knows.jpg


このコラムの著者であるJeff Waggさんは、「James Randi Educational Foundation」のコミュニケーションと支援活動のコーディネーターをしています。この組織の目的は、超自然や超常現象に疑問を投げかけることです。

今回のコラムでは、より広い視野で、今の知識に疑問を投げかけています。疑問をもたずに「知っている」と思うことについて、もう一度考えてみようという提案です。みんなが知っていることに疑いを持たないと、間違った見方や習慣が身についてしまうことがわかるはずですよ。

それでは、以下にてコラムをどうぞ。



「みんなが知っていること」は間違っている


みんなが知っていること。ベッドは自分で整えるべき。

みんなが知っていること。鶏肉は料理する前に洗うべき。

みんなが知っていること。マヨネーズは腐るのが早い。

みんなが知っていること。昔知っていたことは間違っていて、今知っていることが正解。

人は、よく間違えます。専門家なら知識と観察力があり、見たものを理解する力にすぐれています。でも、上記の「みんなが知っていること」、実は間違っています。

ベッドを自分で整えるのは清潔に感じますが、数年にわたる科学者の研究によると、ベッドを整えるとダニの数が増えるそうです。夜中に汗をかき、その湿気がベッドにこもります。この湿気はダニにとって理想的な環境。ダニは死んだ皮膚細胞を食べて、増殖します。ダニが増えすぎると、寝ていてかゆくなるなどの症状が現れます。ダニが増えないようにするためには、ベッドを整えず、布団の中が乾くようにしておくほうが良いのです。

生の鶏肉を洗うと食中毒にかかる危険を高めます。その理由は、鶏肉と鶏の皮は、病原菌がたくさんついているから。鶏肉を調理すれば病原菌は退治できますが、洗うだけだと病原菌をシンクや台所のカウンター、まな板、手に広げることになります。鶏肉を触るときは最小限にして、触ったあとは手をはじめとする、生の鶏肉を触ったものをすべて洗いましょう。

そして、鶏肉を使ったサラダを作るときは、マヨネーズはすぐに傷むのではなく、防腐効果があることを心に留めておきましょう。マヨネーズの水素イオン指数(pH)は3.7あり、細菌の増殖を遅らせるのに十分なくらい酸性です。とはいえ、マヨネーズをつけたからといって置きっぱなしにしてはいけません。ただ、食中毒のような症状になったとき、それはマヨネーズではなく鶏肉のせいである可能性が高いのだ、と覚えておきましょう。

私の言うことが信じられない? このBBCの記事も見てみてください。


「昔からそうだから」が正しいわけではない


昔から信じられてきたこと、先人の知恵、これらすべてが正しいわけではないのです。最新の情報から考えると間違っている場合も、多々あります。

しかし、私たちは最新の情報があっても、態度を改めないこともあります。いわゆる「古代の知恵」であるホメオパシーやアーユルヴェーダ、四体液(古代・中世の医学)、鍼、骨相学などを広める人は、最新の情報を受け入れてはきませんでした。

科学は、何を知っているかではなく、どうやって知ったかです。より多くの情報を知れば、世界の仕組みをもっと正確にとらえることができます。

つまり...もう毎朝、ベッドを整える必要はないんです! 科学よ、ありがとう!


What Everyone Knows|Swift Blog/JREF

Jeff Wagg(原文/訳:曽我美穂)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.