• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,  09:00 AM

80年代生まれの起業家たちが、音楽業界でやろうとしていること

80年代生まれの起業家たちが、音楽業界でやろうとしていること

世界を変える80年代生まれの起業家 ~起業という選択~


世界を変える80年代生まれの起業家 ~起業という選択~』(山口哲一著、スペースシャワーネットワーク)というタイトルは、「80年代生まれ」の「起業家」をテーマとした一般的なビジネス書をイメージさせます。が、厳密にいえば本書はおもに「音楽関連の起業家」の姿勢や仕事ぶりに重点を置いた書籍。ですから、音楽に関心のない方は多少の違和感をもつことになるかもしれません。

とはいえ業態の偏りが、登場する「起業家」たちの個性を浮き彫りにしている間違いないでしょう。なお著者は、「80年代生まれ」の起業家に注目する理由を次のように書いています。


私が80年代生まれの起業家に注目しているのは、これからの日本を変えていく原動力になると信じているからです。
創業から10年経たずに11億人以上のユーザー数を誇る世界最大のソーシャルネットワーク・フェイスブックをつくりあげた起業家マーク・ザッカーバーグは、1984年生まれです。
日本にも世界中を驚かせるような、人々の生活を一変させるような、そんな起業家の出現が待たれています。
(中略)
日本の高度成長期やバブル期も知らない代わりに、貧しさやコンプレックスもなく、スクエアに世界をとらえる視点も持っています。(4ページより)


では、果たして彼らは起業に際してどのようなことを考えたのか。中身に目を向けてみましょう。



5つのキーワード


著者は「80年代生まれの起業家から学ぶ5つのキーワード」として、次の5点を挙げています。


  1. デジタル&ソーシャル/IT技術やソーシャルメディアの発達は、新たなビジネスチャンスを生んでいる。
  2. グローバル/2010年代の日本人にはグローバルに活躍する優位性がある。
  3. チーム/起業は孤独な行為ではない。補い合える仲間との共同作業。
  4. トライ&エラー/起業に対する社会的リスクは大きく下がっている。心理的なバリアを取り除くマインド・セットを。
  5. 社会貢献/企業の目的はお金だけじゃ無い。社会を良くするために頑張っている人たちがいる。

(6ページより)


すべて、過去に出た多くのソーシャルメディア関連書籍で指摘していること。そういう意味で新鮮味があるとはいえませんが、これらが次世代ビジネスを見据えるうえでの重要なキーワードであることは事実。ちなみに紹介されているビジネスには、たとえばこのようなものがあります。


  • イベント検索、チケット購入、会場への入場までをスマホで行える新チケットサービス
  • プレイリストを友人と共有できる「ロボット型音楽交換ガジェット」を利用したサービス
  • スマホのマイク機能を利用して、歌声や音楽を世界中のユーザーと共有できるアプリ
  • アーティストが音源を無料配信し、ダウンロード時にメールアドレスを吸収することでミュージシャンの生計を立てるシステム
  • スマホで再生している曲の歌詞を自動で表示してくれる無料音楽プレイヤー
  • 自分の楽曲を、「iTunes」「Amazon MP3」「music.jp」などの配信ストアで販売できるサービス
  • 音楽コンテスト/コンペを開催するサウンドクリエイター向けのコミュニティ


これらを見るだけでも、80年代生まれの起業家たちが従来の価値観に縛られることなく、新たな可能性を模索していることがわかると思います。


そんなにたくさんのサービスが必要?


ただし(これはあくまで個人的な考えですが)、日常的に音楽を聴くにあたり、「そんなにたくさんのガジェットやアプリやサービスは必要ないんじゃないだろうか?」と感じてしまうことも事実。新たなサービスやツールが増えれば増えるほど、結果的に「シンプルで心地よい生活」が遠くなってしまう気がしてならないのです。

そういう意味では、ここで紹介されているすべての事業に未来があるかは疑問ですし、その点にこそこれからのソーシャルネットワーク・ビジネスを考える際のポイントがあるかもしれません。

とはいえ、特にソーシャルネットワークを利用して音楽関連のビジネスを立ち上げたいと思っている人にとっては、具体例を拾うために有効な書籍であるといえるかもしれません。興味のある方は、手にとってみてはいかがでしょうか?


(印南敦史)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.