• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  07:00 AM

三日坊主にならないランニングは「最適なコース選び」が肝。自宅周辺で良いコースを見つける方法

三日坊主にならないランニングは「最適なコース選び」が肝。自宅周辺で良いコースを見つける方法

ランニング.jpg


室内でランニングマシンに乗って走るよりも、外を走る方がはるかにおもしろいものです。しかし、単にドアを開けて外に走り出せばいいというものでもありません。

今回は、自宅周辺で走るのに最適なコースを見つける方法をご紹介します。


ランニングだけでなく、ウォーキングでもサイクリングでも、楽しくてエクササイズにもなる良いコースを見つけることはできます。筆者は、昔は大きな公園のそばに住んでいて、そこを走っていたのですが、最近引越して、なかなか良いコースを見つけられていませんでした。しばらく調べてみたところ、やっと本当に気に入るコースをいくつか見つけることができました。


ランニングコースに何を求めるかを決める


ランニングコースに求めるものは、人によって本当に違います。山道を走りたい人もいれば、平坦な道を走りたい人もいるでしょう。米紙『ニューヨーク・タイムズ』には、どちらがその人にとって「より良い」のかは、科学的にはいまだに決められないとあります。

したがって、まず最初に自分がランニングコースに何を求めるかを明確にしましょう。ランニングを始めたばかりのビギナーであれば、キツい傾斜や勾配はおそらく少ない方がいいでしょう。平坦な道よりも山道を走る方が好きな人は、公園や少し郊外の道を選べるようなコースを探した方がいいと思います。

自分が求めているものがはっきりとしてから、実際にコースを探していきましょう。


地元のランナーがどんなコースを走っているか調べる


130930_Running_03.jpg


どこに住んでいるかにもよりますが、新しいランニングコースを探している時は、他の人のコースを参考にするといいと思います。選択肢がグッと絞られてくるでしょう。

筆者はランニングコースを調べるサイト「MapMyRunで、新しいコースを見つけました。

このサイトでは、クラウドに上がっている数々のコースの中から、自分の地元のコースを検索できます(日本も今のところ東京と沖縄はあります)。それから、距離、傾斜などの条件で絞り込みもできます。

土の道を走りたい場合は、キーワード検索をすれば、足に優しい道だけを表示できます。また、評価やコメントも見ることができるので、マナーの悪いランナーに出くわしたり、いきなり地下道を走らされたりすることも避けられそうです

「MapMyRun」で検索する時は、ルートページ自分の住所を入力してもいいです。自分の地元で他のユーザーが作ったルートを見ることができ、距離、勾配、ルート作成日などで条件を絞り込むこともできます。ルートをクリックすると、高度やメモなどの情報が見られます。

コースを選んだら、保存して「MapMyRun」のモバイルアプリで見ながら走ったり、印刷したりすることもできます。もちろん頭の中にたたきこんで、新しい道に走り出すのもいいでしょう。

他の人のランニングコースを調べられるのは、「MapMyRun」だけではありません。他にも「Runner's World's Route Finder」、「USA Track & Field's routes」、「Strava」などがあります。自分のコースを近所の人に教えてあげたい時は、これらのサイトで共有することもできます。


地図で見ながら自分のコースを作る


130930_Running_04.jpg

オンラインでも良いコースが見つからなかったり、自分の家からのコースを見つけたい場合は、別の無料ツールを使って独自のコースを作ることもできます

まず最初に、ほとんどのスマホのランニング系アプリでは、自分のコースを作ることができます。『Runkeeper』や『RunningMap』、アプリ版『MapMyRun』のようなアプリでは、勾配などの詳細な情報も見ることができるので、大きな坂道に目印を付けて、それを目印にしてコースを作り直すこともできます。

家の近くにちょうどいいランニングコースがないなどの理由で、家ではなく違う場所からスタートしたい場合は、「Google マップ」を使うのが便利です

「Google マップ」では、スタート地点の近くの住所を入力すれば、自転車の道を教えてくれます。自転車のコースの場合は、大きな道を選ばないように設定しておけば、細い道を選ぶようになります。この自転車のコースを、ランニングコースにするというのもアリです。


試しに歩いてみる


すべての地図プログラムが、人間が走ることを想定して作られている訳ではありません。筆者が最初に「MapMyRun」で選んだコースでは、電車の線路のすぐ横を走らされました。言うまでもなく、走っていて楽しいコースではありませんでした。

新しいコースを見つけたら、「Googleストリートビュー」でチェックをしてみましょう。もしくは、実際にそのコース全体を歩いてみるのもいいです。歩きながらGPSプログラムを使えば、実際の距離を測ることができるので、それを元にコースを変更することもできます。

良いランニングコースを見つけるということは、実は思っている以上に大事なことです。ランニングというエクササイズを楽しく続けられるのも、自分を外に連れ出してくれるのも、良いランニングコースがあればこそです。

良いランニングコースがすぐに見つかれば、それに越したことはありませんが、いずれにしてもまずは走ることを楽しんでください


Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photos by Nemo,tovovan (Shutterstock).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.