• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,,,,  08:00 PM

Google+への投稿をFBやTwitterと同期させる方法

Google+への投稿をFBやTwitterと同期させる方法

130924multiposts.jpg


さまざまなSNSを使っていて、ひとつの投稿を同時に別のSNSにもポストしたいことがあると思います。今回はGoogle+への投稿をFacebookやTwitterなど複数のSNSに一括投稿する方法を紹介します。

利用するのはおなじみの「IFTTT」(※IFTTTについては、こちらの記事が参考になります。「『Facebookの画像を自動でDropboxへ保存』など、便利な『IFTTT』の使い方」「まだまだ便利になる! Gmailを最強のツールに変える『IFTTTレシピ』8選」「iPhone版IFTTTは本当に最強か:『写真』『連絡先』などiOSアプリを使った自動化レシピを作ってみた」)

今回のこのTipはMaganta River Photography複数のネットワークで画像を共有する方法を応用したものです。この方法をうまく作動させるためには2つのツールが必要です。そのひとつはもちろんIFTTT。そしてもうひとつは、Google+へのパブリック投稿のRSSフィードを作成してくれるYahoo! Pipesです(プライベートな投稿およびサークル内のみの投稿は含まれません)。


設定方法は下記の通りです。


  1. まず最初にGoogle ID番号が必要となります。Google+へログインし、左側のサイドバーにあるプロフィールをクリックします。
  2. プロフィールURLにある数字列をコピー(google.com/u/0/XXXXXXXX/postのXXXXXXXXの部分の数字です)。
  3. このGoogle+ RSSリンクを開き、プロフィールID番号をペースト。
  4. Pipeを起動させ、"RSSを取得"を右クリックし、RSSリンクをクリップボードにコピーします。
  5. IFTTTへログインし、FacebookおよびTwitterチャンネルがアクティベートされていない場合はアクティベートします。それぞれのサービスにログインし、投稿を共有することを認証承認する必要があります。
  6. 特定のキーワードを含む投稿のみをFacebookまたはTwitterで共有したい場合はこのG+からFBへのレシピ、またはG+からTwitterへのレシピを使います。RSS URLを"URLをフィード"へペーストし、IFTTTが検索する任意のキーワードを"キーワードまたはシンプルフレーズ"の欄へ入力します。
  7. Google+への投稿を全てFacebookまたはTwitterで共有したい場合、このG+からFBへのレシピ、またはG+からTwitterへのレシピを使用してください。
  8. 選択したレシピをアクティベートさせれば作業は完了です。Google+への投稿は以後、FacebookまたはTwitter、または両方で自動共有されます。


作業は以上となります。記事のタイトルはリンクセクションではなく、投稿内容として表示されるので気を付けてください。Google+をメインに使っている方であれば、これでFacebookまたはTwitterに同じ内容を毎回アップする手間から解放され、かなり便利に使えると思います。

Google+へ他のソースからアップできないようになっているのはGoogleの策略のような気もしますが、Google+への投稿をシェアという形にすればとりあえずの対策としてはばっちりです。

How to Post from Google+ to Facebook, Part 2 | Magenta River Photography

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.