• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

佐藤ゆき  - ,,,  09:00 PM

過信するなかれ! 判断力を高めるために使える5つの科学的テクニック

過信するなかれ! 判断力を高めるために使える5つの科学的テクニック

過信するなかれ! 判断力を高めるために使える5つの科学的テクニック


99U:人は常に正しい決断を下せるとは限りません。理性を欠いた判断をしてしまうことは実際よくあります。今回は、判断力を高めて正しい選択ができるようになる科学的テクニックをご紹介します。


1.友人に電話する


将来の出来事が自分に及ぼす影響を客観的に正しく評価することは難しく、多くの場合、過大評価または過小評価してしまいます。これは心理学で「感情予測」と呼ばれるものです。

意思決定を先延ばしにしてしまった過去の経験を思い出してみてください。全てが落ち着いたあとに、「たいした事はなかった」と振り返ることが多いかと思います。私たちは視野が狭くなりがちです。それなのに、本能的な判断力に頼る傾向にあります。

まずは自分の判断力が客観性に欠けていることを認めて、友人や身近な人が同じような状況に置かれたときにどのように判断するかを考えるようにしましょう

たとえば、違う街への引っ越しを考えているのであれば、既にその街に引っ越して住んでいる人の意見を聞きましょう。ある業界への転職を検討しているのであれば、その業界で仕事をしている人のアドバイスを得ましょう。他者の助言を積極的にもらうのです。



2.自分自身の「悪魔の代弁者」となる


事実を正しく把握してより幅広い視点から考えることで、判断力を高めることができるという研究結果が報告されています。

集団による集合知の方が、一人の考えに基づく判断よりも優れているということはよく知られていますよね。とはいえ、日々の意思決定で常に複数人の知恵を得られるとは限りません。ですが、集団の知恵を自分の中に取り込もうと試みることならできるはずです。

たとえば、仕事である製品の発注数を決めなければいけない状況に置かれたとします。まず、自分で考えて結論を紙に書き出しましょう。次にその結論が間違っていると仮定し、その理由を考えます。つまり、自分の結論に反論するために、他者の視点に立ってみるのです。このようにして両者の視野を得ることで、より良い判断が可能になります。


3.固定観念を手放す


クラシック音楽、たとえばモーツァルトを聴いている眼鏡をかけた男性が、あなたの向かいに座っているとします。あなたはその男性を大学の教授かトラックの運転手のどちらだと思いますか? 

教授と回答したのなら、心理学でいう「基準率錯誤」の状態に陥っていることになります。現実には、トラック運転手の人数の方が、文学の教授よりも圧倒的に多いため、その男性は運転手である確率の方が高いのです。

これはビジネスの場で意思決定をする場合にも同様で、常に統計的な事実である基準率を念頭に置いて考えた方が賢明です。本を書いてもその多くは出版されない、MBA取得者の多くは実際中間管理職より上の役職にはつかない、といったことです。やる気をそぐのが目的ではありませんが、非現実的で無謀な楽観主義から身を守るためには役立つ考え方です。


4.一旦考えるのを止める


ある問題について一生懸命考え続けていると、思考停止状態に陥ってしまうことがあります。その解決策として有効な方法の一つが、一旦その問題を意識するのを止めて、無意識に解決がひらめくようにするというものです。

この「考えない」という問題解決方法の効果は、心理学者のAp Dijksterhuis氏の研究によっても裏付けられています。彼はサッカーの専門知識をもっている人々に、ある試合の結果を予測をしてもらうという実験を行いました。その際、制限時間の最後の2分間に注意を別の対象にそらされた被験者の方が、より正確に結果を予測できるという結果になりました。無意識の力は一般的に考えられているよりもより多くの状況で有効かもしれない、と研究チームはコメントしています。


5.「感情的にあいまい」な状態になる


感情は意思決定に大きな影響を与えます。一般的に、悲しいときにはより集中力と分析力が増します。逆に、嬉しいときには直感を信じる傾向にあります。より良い判断を下すためには、どちらの感情が有効なのでしょうか? 答えは、両方です。

ミシガン大学ロス・ビジネス・スクールが行った研究では、予測能力や一般的な知識に関する問題への正答率が高まるのは「感情的にあいまいな状態」の時という結果が示されています。「感情的にあいまい」というのはつまり、嬉しいと同時に、悲しい状態ということです。この実験では、そうした感情を引き出すために被験者に嬉しかったとき、悲しかったときのことを書いてもらうよう指示をしました。これは誰でも使えるテクニックです。

人間の判断力は完璧ではありません。しかし悲観する必要もありません。上に挙げたような心理学の研究でも裏付けられているテクニックを使えば、判断力、意思決定力を高めることができるのです。なにか重要な決定を下す必要に迫られたときには、これでもう安心ですね。


Tough Choices: The Science Behind Making The Right Call | 99U

Christian Jarrett(訳:佐藤ゆき)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.