• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,  11:00 AM

フルーツから果汁を絞り切るための3つのワザ

フルーツから果汁を絞り切るための3つのワザ

130919_CitrusFruit_01.jpg


レモンやライムを絞るだけなら、そこまで難しくありません。しかし、「余すところなく果汁を楽しみたい」「できることならお金も節約したい」という場合は、いくつかのコツを覚えると無駄なく果汁を絞りきれるようになります。



切る前に調理台の上で転がす


130919_CitrusFruit_02.jpg


これは以前にも「レモンを絞りきるコツ」として紹介したことがありますね。

絞りたい柑橘類は、切る前に固い台の上に置いて転がすと、果肉がバラバラになって果汁が絞りやすくなります。手で絞ったり、ナイフ以外の道具がなかったりする場合、最も効率が良いのはこの方法でしょう。


絞る前に電子レンジでチンする


これもかなり昔からある方法のようで、原文筆者が最初に見たのはJacques Pepinさんの料理番組「Fast Food My Way」の中だったそう。Pepinさんは、レモンを絞る前に電子レンジに入れて10秒ほど温めることをすすめていました。結果は一目瞭然。原理は台の上を転がすのと似ています。電子レンジがフルーツの水分子に直接働きかけるので、転がさなくても同じような効果が得られるのです。

他にも電子レンジにかけた方がいい理由は諸説あります。一つには、先ほど言ったように電子レンジによって水分子が刺激され、果汁を保つ果肉の薄皮が炸裂するので、フルーツを切った時に、中身がまるで「ジュースの塊」のようになること。

別の理由は、おそらくですが、熱によって水分子が刺激され、果肉を覆っている薄皮が柔らかくなるのです。すぐに果肉が炸裂するので、果汁が絞りやすいのでしょう。


凍らせてから電子レンジにかける


水を凍らせて氷にすると、膨張して分子が破裂する、というのがこの方法を裏付ける理由です。少なくとも、凍らせた後で電子レンジにかけた時に絞りやすい状態にはなっています。切っただけで、いとも簡単に絞れますよ。

この方法は効果がありますが、レモンを凍らせるのにかなり時間がかかり、それから電子レンジで30~60秒温めるので、突然カクテルが飲みたい衝動に駆られたような時には不向きです。それでも、フルーツを冷凍庫に入れておけば腐ることもなく、ほんの少しの力で大量の果汁が絞れる方法なので、覚えておいてはいかがでしょうか。


この際、ジューサーを買う


130919_CitrusFruit_03.jpg


コツを覚えて自力で絞るのもいいですが、ジューサーを買ってしまうという手もあります。手で絞るタイプのジューサーであれば、Amazonで安価にで買えます。人気の無いモデルであれば、もっと安く手に入れることもできるでしょう。9米ドル程度の木製のレモン絞り器を使っても、これ以上絞れないというくらいにまでは絞りきれます。

果汁をよく絞ることがある人は、上の写真のようなスタンドタイプのもの(126米ドル)が欲しいと思うかもしれません。一番良いものが欲しいという人は、Brian Lam(元Gizmodo、現The Wirecutterの)さんが完ぺきなジューサーとして勧める「Omega 8003」(230米ドル)はいかがでしょう。かなり高価なものなので、よっぽど果汁を絞る機会がない限りは、キッチンの豪華な飾りにもなりかねません。買う時は慎重に。


Alan Henry(原文/訳:的野裕子)
Photo by Bobbi Bowers.Michael Cote.Mattie B.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.