• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  -   10:15 AM

Androidのウィジェットはバッテリー節約にも繋がるし、昔よりずっと便利

Androidのウィジェットはバッテリー節約にも繋がるし、昔よりずっと便利

130922Widgets.jpg


Androidが登場したばかりのころのウィジェットは、使い物にならないものがほとんどでした。ところが今や、ウィジェットを使わないなんてもったいないと言えるほど便利になっています。その生産的な使い方を紹介しましょう。


  1. 情報がすぐそこに
  2. バッテリー寿命が延びる
  3. 大画面を有効活用
  4. すべてが一目瞭然


ウィジェットを使った方がいい4つの理由


130919Widgets2.jpg


かつてはスマホのRAMが少なく、ネットワークも遅かったため、リソースを食うウィジェットの使用は難しいものがありました。今やRAMは2GB、ネットワークはLTEへと進化したため、リソースの問題はあまり重要ではなくなりました。つまり、ウィジェットを使うだけの理由が整っているのです。


1.情報がすぐそこに

ToDoリストアプリなのにさっとチェックできないのでは意味がありません。ToDoリストの存在意義は、さもないと忘れてしまうことをリマインドしてくれるところにあるはず。つまり、アイコンの裏に隠れていては意味がないのです。たとえば「Google Keep」のウィジェットは、見た目こそアプリとほぼ同じですが、ウィジェットをホーム画面に表示しておくだけで、もの忘れはなくなるはずです。

その他、天気予報ウィジェットやカレンダーウィジェットなども同様で、情報を積極的に探しにいかなくても、勝手に更新しておいてくれるのがとても便利なところです。


2.バッテリー寿命が延びる

バッテリー寿命が延びるといっても、あなたが抱くイメージとは異なるかもしれません。

ウィジェットには、スマホの特定の機能をオン/オフするためものもあります。たとえば4Gの切り替えは通知バーや設定画面からアクセスしにくいところにあるので、ウィジェットで切り替えることで、画面操作を大幅に減らすことができます。

スマホにおいてバッテリーをもっとも消費するのは「ディスプレイ表示」です。つまり、画面の操作時間を短くすることができれば、バッテリー節約につながるのです。厳密にいえばウィジェットも常に電力を消費しますが、時間節約の効果がそれを上回ることの方が多いでしょう。

「Dashclock」のようなウィジェットを使って、重要なメールやカレンダーの予定、バッテリー状況などの必要な情報をひと目でわかるようにしておけば、操作時間は大幅に短縮され、バッテリー節約効果も高まります。


3.大画面を有効活用

スマホの大画面化が進んでいますが、画面という「不動産」を利用しきれていない人も多いようです。タブレットの場合はなおさら。毎日80個のアプリにクイックアクセスする必要がある人は別にしても、ほとんどの人は画面を持て余しているでしょう。

大画面のために安くないお金を払っているのですから、ウィジェットを表示して空きスペースを有効活用することをおすすめします。


4.すべてが一目瞭然

Samsungのマルチウィンドウ機能を除いて、Androidで同時に複数のアプリを使うことは実質不可能です。ウィジェットは完全なアプリとはいえないものの、メモ、メール、RSSフィード、カレンダーなどをすべて同時に表示できます。


ウィジェットのトラブルシューティング


ウィジェットは夢のツールではないので、当然問題も発生します。その対処法を一部紹介します。


・スマホの動作がかなり遅くなった!

スマホは昔より進化したものの、ウィジェットがリソースを使うことに変わりはありません。複数のウィジェットの追加後に動作が遅くなった場合、次の手順で原因を探ってみましょう。


  • 「設定」で「アプリ」を開く
  • 実行中のアプリを確認する。可能な場合「キャッシュしたプロセスを表示」を選択する
  • 1つずつアプリを閉じて、パフォーマンスが改善したかを確認する


この方法のいいところは、問題がウィジェットではなくアプリにあった場合でも発見できること。それに、各アプリのキャッシュも確認できます。うまく書かれたアプリであればムダにリソースを使うことはないはずですが、場合によっては1GB以上に膨れ上がっていることもあるので要注意です。


・電話自体は大丈夫だけどホーム画面が固まる

ホーム画面の動作が遅い場合、まずはライブ壁紙を疑ってみます。ライブ壁紙は大切なリソースを食う割に、ウィジェットほどの実用性はありません。

それでも解決しない場合、優先度の低いウィジェットから順に無効にします。ウィジェットが便利とお伝えしたばかりで心苦しいのですが、どんなデバイスにも限界はあるものです。


・バッテリーの減りが速くなった!(長持ちするって言ったじゃないか!)

いえ、バッテリー節約の可能性があるとお伝えしたまでです。プログラムの内容がひどいウィジェットや、更新頻度が高すぎるウィジェットの場合、バッテリー消費量が増えることもあります。そんなときは、[設定]-[端末情報]-[電池使用量]で、バッテリーを浪費しているウィジェットを見つけてみましょう。

これで犯人が見つかったなら、次の選択肢は2つ。そのウィジェットを完全にアンインストールするか、ウィジェットの設定をいじって更新頻度を下げるかです。RSSやソーシャルウィジェットは、30秒おきの更新になっていることもあるので、かなりの電力を消費します。これを5分か10分に変えて、改善するかどうか確認してみてください。


結局のところ、ウィジェットもアプリと同様、うまくプログラミングされたものも、そうでないものも存在します。でも、全体的に見れば、正しく使えば非常に便利なものがほとんど。特にAndroid4.0以降では、動作もスムーズで便利なものが多くなっています。まだ試したことがない人は、今すぐ使ってみてくださいね。


Eric Ravenscraft(原文/訳:堀込泰三)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.