• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄  - ,  08:00 AM

ガジェット好きな私が日本未発売品をいち早く手に入れるときに使うサイト4選

ガジェット好きな私が日本未発売品をいち早く手に入れるときに使うサイト4選

130915_gadget00.jpg


サムスンのGALAXY GearやiPhone 5s、iPhone 5cが発表されましたね。ガジェット好きのみなさんはどれを買おうか悩んでしまい、眠れない夜が続いているはずです。私は、そうです(笑)。

iPhoneは別ですが、この手のガジェットは海外で発売されたあと、しばらくして日本で発売という流れが多いです。この「しばらく」がじれったい。待っている時間は長いので、手に入るものならば、すぐにでも楽しみたいと考える方もいるはずです。

あふれ出る物欲を受け止めてくれるのが個人輸入です。海外には、スマートフォンなどのガジェットを専門に扱う通販サイトがあるので、こうしたところから入手する方法があります。ただし、「米Amazonで売っていて、日本へ発送できない商品を買うための手順」でも書いたように、個人輸入には、保証などのあらかじめ把握するべきリスクがあるので留意してください。

まずは、私が使っているショップやチェックしているサイトを紹介します。いずれのショップもSIMフリー端末を扱っており、日本への発送も問題ありません。



Expansys


130915_gadget01.jpg


「Expansys.jp」は、スマホやタブレットの他に周辺機器などを販売しています。日本語サイトが用意されているので、はじめて個人輸入に挑戦する方にとっては親しみやすいはずです。また、支払いが「円」なので、わかりやすく安心して買えます。毎週月曜と週末にはセールが実施されているので、気になっていたガジェットを安く手に入れるチャンスに巡り合えるかもしれません。


1shopmobile.com


130915_gadget02.jpg


1shopmobileも日本語で買い物ができます。品ぞろえは、スマホやタブレットがメインで、対応アクセサリの扱いは少量です。支払いは「ドル」で行い、Google Checkoutを使うところがポイントです。円高だったころは、1Shopmobileでの購入が最安値だったこともありました。現在でもレート計算をして、他のショップと価格比較すれば、安く購入できる可能性はあります。

1Shopmobileは、新製品の入荷が比較的早いので、サイトをマメにチェックしているとガジェットを早く入手できるかもしれません。


handtec


130915_gadget03.jpg


handtecはイギリスのショップで、端末のほかに周辺機器も取り扱っています。英語表記のサイトなので、はじめての人にとっては少々敷居が高いかもしれません。また、取引価格は「ポンド」のため、レートによっては先で紹介したサイトで購入する場合よりも高値になる恐れがあり、注意が必要です。

携帯電話はイギリスを皮切りに発売されることがあるので、いち早く入手できる可能性があります。また、UKモデルが欲しい場合はここから購入するのもひとつの方法です。


CLOVE


130915_gadget04.jpg


CLOVEは1992年から運営の歴史あるイギリスのショップです。このショップも端末の他に周辺機器の取り扱いがあります。handtecと同じく英語/ポンドの表示ですが、CLOVEが他よりも早く購入できる可能性があるので、チェックしてみると良いかもしれません。


どこかオススメか?


はじめてという方には「Expansys」をオススメします。私もよく使います。

理由は、「日本語」かつ「円」で買い物ができるのと、手続きが洗練されています。他と比較すると、少々高めの価格になっているケースもありますが、「安心を買うために払う」と考えておきましょう。注文してから早ければ3日で手元に到着する仕事の早さも、少々のコスト高に目をつぶれるポイントです。


関税に関して


以前、Expansysで合計6万円くらいの端末を購入した時の関税は0円でした。しかし、消費税1500円に加え、地方税300円、その他手数料500円がかかり、合計2300円を品物到着後に支払う必要がありました。購入の際は、こういった諸費用もかかることを頭に入れておいてください。


その他注意すること


保証はショップによって異なるので、事前にサイトで確認することをお勧めします。また、技適マークのない端末は、電波法の関係で使用できないことになっています。この点も気をつけた上で、紹介したサイトでの買い物を楽しんでください。


(傍島康雄)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.