• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,,  07:30 AM

選択すべし! 「意義のある仕事を探す」か「いまの仕事に意義を見出すか」

選択すべし! 「意義のある仕事を探す」か「いまの仕事に意義を見出すか」

次の2つから生きたい人生を選びなさい ハーバードの人生を変える授業II


次の2つから生きたい人生を選びなさい ハーバードの人生を変える授業II』(タル・ベン・シャハー著、成瀬まゆみ著、大和書房)の著者は、こちらの記事で紹介した『幸せがずっと続く12の行動習慣 自分で変えられる40%に集中しよう』の著者と同じく「ポジティブ心理学(どうすれば幸せになれるかを科学的に問う学問)」を伝えてきた人物。

そしてさまざまな障害を乗り越える過程で実感したのは、「選ぶことができる」ことに気づく意味だったそうです。


人生にはたしかに与えられた材料があり、ときにどうすることもできないような外的な環境があります。
体質や生まれた家族、変動する世界市場を思いのままに変えることはできません。他人の選択肢についても、手の出しようがありません。
しかしそのような制限があったとしても、どの材料を選ぶか、材料をどう使うかを決めるのは私たちです。
私たちはみな、どんな環境にいても、自分の周りや自分自身の中にある可能性を見つけようとすることができます。
(10ページより)


そこで、日々の選択を意識的に行い、その選択に基づいた行動を実際に起こしてもらいたいという思いから書かれたのが本書だというわけです。いくつかの要点を拾ってみましょう。



選択して生きる


「悩んだりがんばりすぎたりするのをやめ、流れに身をまかせて目の前の人生を生きるべき」。ストレスの対処法としてよくいられるこのようなアドバイスには、「重大な欠陥がある」と著者は言います。それは、「ただ生きる」ということは、「自分の生き方を選ぶ」という大切な権利を使わないことにもなりかねないから。ストレスや困難から解放されるようにも思えるけれども、自分らしく生きることができなくなってしまう可能性があるというわけです。

人生を謳歌したいなら、まず「生き方を選ぶ」こと。それがすべての選択の基礎になるといいます。だからこそ、私たちには多くの可能性があるのだと理解する必要があり、そしてそれらの可能性を吟味して、自分にいちばんいいと思える選択をする努力が大切。(28ページより)


戦略的に考えて行動


私たちは問題を抱えると、「ああなったらどうなる、こうなったらどうなる」と考えてしまうもの。しかし、今後の展開を思い煩うことは、多くの場合、状況を悪化させるといいます。

それに対し、心煩わされる問題を扱うのに役立つのが「戦略的に考える」こと。そこには日記を書くとか、自分の思いを言葉で表現するといったことが含まれるのだとか。そしてそれに加え、「戦略的に行動する」、つまり気分が変わることを積極的にやっていくことも有効だそうです。有害なネガティブ思考に陥っているより、ずっと事態の改善に役立つというわけです。(38ページより)


仕事を天職と考える


いまの仕事に目的意識を持つことができないけれども、幸せになることもあきらめたくないと思うなら、2つの選択肢があると著者は言います。それは、「意義のある仕事を探す」か、「いまの仕事に意義を見出すか」

「完璧な仕事」を持つという贅沢がいつでも許されるわけではありませんが、理想的な状況でなくても、毎日どんなふうに仕事をしていくかということには、非常に多くの選択肢があるそうです。仕事のどの部分に重点を置くかは自分次第で、それによって日々仕事で経験していくことも変わるわけです。(52ページより)


困難に学ぶ


困難が向こうからやってきた際にも、私たちには選択肢が。それは「困難をネガティブな経験として受け止め、早く忘れて二度と思い出さないことにする」か、「どんな困難にも含まれている教訓を見出して理解する」か。

たとえば厳しい状況からは、次のようなことを身につけられるそうです。


  • 謙虚さ(自分の限界を知ること)
  • 共感性(他人の痛みを理解すること)
  • 忍耐(思い通りにいかない状況でも耐えること)
  • レジリエンス(逆境から立ち直る力)


ちなみにネガティブなことが起きた場合、著者はそれを「自分を成長させるツール」だと思うようにしているそうです。いつもベストのことばかりが起こるわけではないにせよ、起きたことをベストにする選択をすることは可能だというわけです。(56ページより)


ひとつの項目についての文章が2〜3ページでコンパクトにまとめられているため読みやすく、また、どこからでも読めるような構成になっています。ベッドサイドに置いておいて、気まぐれにページをめくり、毎日少しずつ読み進めていくのもいいかと思います。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.