• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,  07:30 AM

デキる女に共通する!? オンとオフの5つの使い分け

デキる女に共通する!? オンとオフの5つの使い分け

デキる女はけっこうズルい


デキる女はけっこうズルい』(柏木理佳著、あさ出版)というタイトルだけを見ると、小賢しい女性像が頭に浮かんでくるかもしれません。しかし実際に目を通してみれば、そんなイメージとは対照的な内容に少し驚かされるはず。

本書が重要視しているのは、「裏コミュニケーション」の重要性。表立ってやりとりするだけでなく、裏(直接のやりとり以外)で図るコミュニケーションこそが大切なのだという考え方です。第2章「デキる女は使い分けがうまい」から、いくつかの要点を抜き出してみましょう。



1.仕事以外の顔


日本の働く女性は接待の席でもしっかりとしたキャラを持ち、打ち合わせ時と変わらないスタンスの人がほとんど。しかし、それでは接待の場を活かし切れないと著者は言います。接待は、昼の仕事をスムーズに進めるため、あえて夜に時間をとって交流を深める場。つまり昼にできないことをする場であり、昼の延長では意味がないという考え方です。

そこで相手にリラックスしてもらうため、いつもよりやわらかな印象を与える小物を使ったりメイクをすることが大切なのだとか。そこに「女を使う」というニュアンスがあるのが気になるところですが、有意義な時間にするためにも、女である以上、女だからでできることをすべきだと著者は主張しています。(50ページより)


2.謝罪は相手の気持ちをくんで


オフィスでは、謝罪は「申し訳ございませんでした」の1回だけにする。大切なのは、同時に解決策を考え、提案することだといいます。謝罪の言葉だけだと、「なにも考えていない=だから次も間違う」と判断されてしまう可能性がありますが、解決方法や対策を述べることできちんと気持ちが伝わり、謝罪も受け入れられるからです。仕事は常に前に向かっているので、その動きを止めずに謝罪の気持ちを表すという発想ですね。

ただしプライベートでは、素直に謝罪するだけで充分だとか。(56ページより)


3.自信のなさは、自分で処理


自信とは、自分を信じること。他人より秀でていることが自信につながるのではなく、これまでやってきたことが自信につながるということです。だからこそ、「昨日の自分よりできたことは?」など、身近なことから評価してみることが重要。そうすれば、自分の得意、不得意がわかるからです。そしてそれは「自分だけがわかっていればいい」ことでもあるので、こっそり補えばいいだけ。他人に弱みを見せる必要はないわけです。(59ページ)


4.自分を否定しない


場を盛り上げたり相手を立てるために、必要以上に自分を卑下して話すことは禁物。なぜなら女性が発するマイナスの言葉は、オーバーに受け取られるものだからなのだそうです。つまり、「自分で自分を悪く言う」のは意味のないこと。

自分を悪く言うことは謙遜とは違います。また、自慢をする必要はないけれど、自己否定することもない。そんなことよりも伝えるべきは、相手から「仕事がしやすい人だな」と思われる言葉。卑下するのではなく、お得な情報を流すことに頭を使う方がいいそうです。


5.押さえるべき人を押さえる


仕事が"生き物"である以上、自分ひとりでどうにかしようとしても無理。会社員である限りビジネスは個人活動ではなく、会社としての対応が求められるからだといいます。となると、社内の各部署に社内人脈を作っておくことはとても重要。仕事が忙しいと自分のことばかりに意識が集中し、仕事がうまくいっているときは目が外にばかり向いてしまいがち。しかし意識的に社内に目を向ければ、会社にはどんな人がいて、活躍しているのかがわかるもの。そんななかからトラブルのときに相談できる人と接点を持っておくことが大切だというわけです。

ちなみに相談できるような人脈を作る方法は、いたってシンプル。社内の状況に目を配ることを忘れない、それだけでいいそうです。


他にも自分の持ち方、控えめであることの重要性、話し方などなど、本書では「デキる女」のありかたをさまざまな角度から説明しています。ビジネスパーソンとしての自分のあり方を保つことに悩んでいる女性にとっては、大きな力になるかもしれません。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.