• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,,,,,,  10:00 PM

心地よく? サディスティックに? あなたのスマホを究極の目覚ましにするアプリたち

心地よく? サディスティックに? あなたのスマホを究極の目覚ましにするアプリたち

心地よく? サディスティックに? あなたのスマホを究極の目覚ましにするアプリたち


Google PlayやiTunes App Storeには、数えきれないほどの目覚まし用アプリが存在します。あまりに多すぎて、望みのものを見つけ出すことはほぼ不可能なほど。それを踏まえたうえで、シチュエーション毎に最適な目覚まし用アプリを紹介します。


優しく起こして



目覚めるという行為は、そのままでは辛く苦しいもの。だからこそ、新しい一日の始まりは楽しいサウンドとともに迎えたいですよね。

そんな「優しい」目覚めのためのアプリをいくつか紹介します。心地よいサウンドで徐々に目覚めたいあなたには、シンプルで使いやすいiPhone用アプリ『Wake』がおすすめ。徐々に音量が上がる心地よいサウンドに合わせて目覚めることができます。

同様に、iOS向けの『Rise』も便利です。動作はWakeとほとんど同じですが、カスタムプレイリストやスリープタイマーなどの機能が充実しています。

Android向けアプリでは『Timely』がRiseによく似ています。『Warmly』は、目覚まし用のサウンドが山ほど用意されているという強みがあります。音楽をゆっくりと流したければ、『Doubletwist』も最高です。

心地よいサウンドにこだわりたいあなたには『ZenAwake』がいいかもしれません。10分間かけてゆっくりあなたを目覚めさせてくれます。



ちょっとやそっとじゃ目覚めないあなたには



世間には早起きが得意な人もいれば、そうでない人もいます。つまり、ベッドから起き出すのに人より多めの「後押し」が必要な人もいるのです。

そんなあなたのために、起きるのを強要してくれる、「サディスティックな目覚まし用アプリ」が存在します。どれが最適かは、起きるのにどれくらい助けが必要かによって変わってきます。

そこまでの助けは必要ないよというあなたには、iPhone/Android向けの『Wave Alarm』がいいでしょう。アラームが鳴ったら、画面の上で腕をさっと動かすだけでスヌーズに入ります。ほんのちょっとの認知動作だけでいいので、あまり(脳に)負担をかけずに済みます。

かなり強引に起こされなければ起きられないあなたには、もっと極端な方法が必要でしょう。Androidなら『Morning Routine』がおすすめ。家の中にある商品のバーコードをスキャンするまでアラームが鳴り続けるので、止めるために布団から出て歩く必要があるという仕組みです。

同様に『Walk Me Up』も、アラームを止めるためにちょっと歩かなければなりません。

iPhone用のおすすめは2つ。朝のルーチンすべてをゲームにしてしまうのが『Wake N Shake』。アラームを止めるには、スマートフォンを激しくシェイクする必要があります。さらにソーシャル機能も用意されており、シェイクがうまくなるほどあなたのランキングが上がっていきます。

ソーシャル機能なんていらないというあなたには、パズルをしてアラームを止める『CARROT Alarm』がいいでしょう。アラームが鳴っている間はとてもうっとうしく感じますが、確実に目を覚ますことができるはずです。


ラジオで目覚めたい


ラジオで目覚めたい


目覚ましにスマートフォンを使っているからといって、古き良きAM/FMラジオの音で目覚められないわけではありません。

AndroidiPhone向けの『RadiON』を使ってみましょう。ラジオ局と起きる時間を選ぶだけで、セット完了です。音楽局からトーク中心の局まで数千局に対応しているので、きっと探しているものが見つかるはず。

生放送が好きではないあなたには目覚まし機能付きポッドキャストプレイヤー『Public Radio & Podcast』がベストです。起きる時間をセットするだけで、毎朝あなたのお気に入りのポッドキャストを聞きながら目覚められます。


生物学的に「完璧」なタイミングで目覚めたい


生物学的に「完璧」なタイミングで目覚めたい


上記のどれも気に入らないというあなた。生物学的に完璧なタイミングで目覚めるためのアプリがあるのをご存知ですか?

スマートフォンをベッドにおいておくだけで、アプリが内蔵の加速度計を使ってあなたの動きをトラッキングしてくれます。動きをトラッキングしながら、あなたが今睡眠リズムのどのあたりにいるのかを判断し、最適な時間に起こしてくれるのです。

そんなアプリの中でも、iOS向けには『Sleep Cycle』が、iOS/Android向けには『Sleep as Android』または『Sleepbot』がおすすめです。

睡眠を改善したいあなたも、単に朝の目覚めをスムーズにしたいあなたも、試してみる価値はありますよ。


Thorin Klosowski(原文/訳:堀込泰三)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.