• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,,,  01:00 PM

新型が出たって今の愛機は手放さない! 古いiPhoneのためのスピードアップ術

新型が出たって今の愛機は手放さない! 古いiPhoneのためのスピードアップ術

新型が出たって今の愛機は手放さない! 古いiPhoneのためのスピードアップ術


巷では新型iPhone発売間近と噂されています。手持ちのiPhoneが古くて、遅い/固まるなどの不具合が増えている人は、新型を買おうかどうか悩んでいることでしょう。でも、買わずともスピードアップできる方法だってあります。

もちろん、iOSの最新機能は入手できませんし、ぴかぴかのデバイスが手に入るわけでもありませんが、もう少しだけ今のiPhoneに頑張ってもらうには以下を試してみてください。



iOSやアプリをアップデートしない


iOSやアプリをアップデートしない


寿命が近づいているデバイスには、最新版のiOSは荷が重いのです。iPhone3GとiOS4、初代iPadとiOS5でもこの問題は発生しました。おそらくこれからも、同じような問題は起こるでしょう。新しい機能にはより多くのリソースが必要になるのに、古いデバイスにはないのですから。

手持ちのデバイスを買って2年ぐらい経ったら、アップデートの通知を無視するのも検討したほうがいいでしょう。

同じことはアプリにも言えます。つまり、現状のアプリに満足しているのであれば、それ以上のアップデートは避けた方が無難です。アプリが成熟して機能が増えるにつれて、古いデバイスには荷が重くなるのです。

残念ですが、すでにアップデート済みでデバイスが遅くなっている人には、この方法はもう手遅れです。iOSはダウングレードできません。次のステップに進みましょう。しかしそれでも、今後のためにアップデートしないという方法があることは覚えておいてくださいね。


Appleのデフォルトアプリを使う


Appleのデフォルトアプリを使う


『Safari』より『Chrome』の方が好きな人もいるでしょう。しかし、往々にしてSafariの方が速いことだってあります。

サードパーティ製のアプリはアップデートが多くどんどん遅くなっていきます。それに、Apple製のアプリしかアクセスできない領域がiPhoneにはあるそうです。

あなたのデバイスが遅いと感じるようになったら、サードパーティ製アプリはあきらめて、Safariや『メール』などのデフォルトアプリを使った方がいいでしょう。


ストレージを解放する


ストレージを解放する


iPhoneのストレージがデータでいっぱいになってくると、動きが遅くなり、クラッシュすることも増えます。以前紹介しましたが、改めてもう一度。

「設定」>「一般」>「使用状況」を選択して、使用可能な容量を確認してみてください。「使用可能」が500MBや1GBしかなかったら、使っていないアプリをアンインストールしたり、聴いていない曲を削除したりして、ストレージを解放しましょう。


「作り話」を信じない


「古いiPhoneをスピードアップする方法」はネット上にあふれています。でも、その多くは根拠のない間違った情報ばかり。そんな「作り話」に騙されないよう気をつけてください。

よく聞くものに「開いているアプリを全部閉じる」と軽くなるいうのがあります。しかし、実際にはさほど効果はありません。ミュージックアプリ、VoIPアプリ、位置情報を利用するアプリを閉じることでパフォーマンスは多少変わりますが、その他のアプリをいちいち閉じる必要はまったくないのです。

ほかにも、「Spotlight検索を無効にする」など、有用ように見えて、効果がそれほどでもないものはたくさんあります。その情報は信ぴょう性があるか、一度確認してから試したほうがよいでしょう。


Whitson Gordon(原文/訳:堀込泰三)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.