• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

suzuki  - ,,  11:00 AM

無理をせず、現実的に! 毎日同じ時間に続けることが運動のキモだという話

無理をせず、現実的に! 毎日同じ時間に続けることが運動のキモだという話

無理をせず、現実的に! 毎日同じ時間に続けることが運動のキモだという話


健康系ブログの「Greatist」によると、毎日決まった時間にトレーニングをするのは、習慣づくりのためだけではなく、トレーニングそのもののパフォーマンスを上げるという意味でも良いことだそうです。

毎日同じ時間に運動すると、酸素の消費量が増え、疲れにくくなります。また本質的なところですが、何事も長く続けると楽に感じるようになるものです。


夕方に運動するのがベストかも


では、「時間帯」はどうなのでしょうか? Greatistは次のように書いています。


体温は日中に基本的に上昇します。従って筋肉の強度、耐久性は体温の最も高い夕方にピークに達すると考えられます。

また午後は反応が最も速く、心拍数や血圧が低くなります。つまり、ケガの可能性が低く、パフォーマンスがあがる時間帯なのです。


どうやら夕方がベストなようです。しかし、どんなに体にいいからといっても、仕事をしている人にとって毎日夕方に運動をするのは非現実的でしょう。


一番大事なのは「現実的」に継続できること


では多くの人が、「現実的」に時間を作れる早朝はどうなのでしょう。夕方がトレーニングにベストな時間帯と書きつつも、Greatistは次のように補足しています。


何よりも大事なのは、現実的に続けていけるスケジュールを組むことです。もし朝にしか時間をつくれないのであれば、寒さで悴んだ筋肉をほぐし、眠りから目覚めさせるためウォームアップに数分を費やすことを忘れないで下さい。


毎日夕方に運動できれば最高かもしれませんが、難しいのであれば無理のない時間帯に運動をする習慣をつけてみましょう。

何よりも、一貫性を持つことは結局あなたの気分を良くするのに繋がりますよ。


What's the Best Time to Work Out | Greatist

Thorin Klosowski(原文/訳:鈴木達郎)

  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.