• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,,  10:00 PM

納得の結果? 米Lifehacker読者が選ぶ「クラウドストレージ」ベスト5

納得の結果? 米Lifehacker読者が選ぶ「クラウドストレージ」ベスト5

クラウドストレージのイメージ


近頃では無料のクラウドストレージが簡単に使えるになりました。これまでもさまざまなサービスが生まれては消えていきましたが、ベストなクラウドストレージは、マルチプラットフォーム対応、強固なセキュリティ、アプリとの連携など豊富な機能を備えながら、厳しい戦いを勝ち抜いてきています。

米Lifehackerでは恒例の読者アンケートを実施。以下に、読者が選んだクラウドストレージのベスト5を紹介します。



第1位:Dropbox


130822best5_cloud_storage_2.jpg


ライフハッカー読者ならDropboxはご存じですね。Dropboxについては、ライフハッカーでも何度もとりあげてきました。無料でスペース増やす方法も紹介しましたね。Dropboxは最も早く人気が出たクラウドストレージですが、現在に至るまですばらしいサービスを提供し続けています。

デスクトップ、モバイルを問わず、あらゆるオペレーティングシステムをサポートしています。先進的な機能を備えたベータ版を積極的に公開。オープンAPIを利用したサードパーティの開発者コミュニティも活発です。

セキュリティ面など若干物足りない点もありますが、すばらしいサービスであることは間違いありません。そうでなければ、これほどの人気は得られていないはず。基本は2GBまで無料ですが、友人の招待やモバイルアプリの利用、写真や動画のアップロード、eduアドレスの登録などにより、ストレージ容量を増やすことが可能。

プランの詳細はこちらをチェック


第2位:Google ドライブ



他の老舗サービスがランク外になる中、スタートして1年ちょっとのGoogle がトップ5に入ってきたのは意外でした。Google ドライブは、ドキュメントやスプレッドシートが利用できるGoogle Docsと統合されており、15GBの無料ストレージがついているパワフルなクラウドサービスです。

普段から仕事でGoogle Docsを使っている人にとって、ファイルストレージとしてGoogle ドライブを使うのは自然なこと。OS X、Windows、iOS、Androidからアクセスできるので、オフィスでも外出先からでも利用できます。プラグインを使いこなせば、ほかのサービスよりずっとパワフルになります。Google ドライブに投票した人は、各種Googleサービスとの統合や、15GBの無料ストレージを利点として挙げていました。

詳しいプランはこちらを参照


第3位:SkyDrive



かつてSkyDriveは少し使いづらいサービスでした。しかし、このMicrosoftのクラウドサービスは今日、長足の進歩を遂げています。Windows製品、とくにWindows 8やタブレット、Office2013と密接に統合されており、Windowsユーザーには使い勝手のいいクラウドストレージとなっています。

また、Windows Phone、iOS、Android用のモバイルアプリもあるので、外出先でもファイルにアクセス可能。Windows、Mac用のデスクトップクライアントを使えば、ドキュメントの保存と同期が簡単に行えます。

ベータ版からの利用者は25GBまで無料ですが、基本は7GBまで無料です。さらに容量が欲しい人は有料版もあります。SkyDriveにもオープンAPIとサードパーティのコミュニティがあり、さまざまなアプリが開発されています。Skydriveに投票した人は、Windows、とくにOfficeとの統合や、サードパーティアプリのサポートを利点として挙げています。


第4位:SugarSync



SugarSyncは古くからある、豊富な機能を備えたストレージサービスです。他のメジャーサービスほど有名ではありませんが、実力は十分です。細かすぎるほどの同期オプションがあり、ひとつのフォルダだけでなく、好きなファイルやフォルダを個別に選んでバックアップや同期を行えます。もちろん、従来タイプの同期型クラウドサービスとしても機能します。各ファイルの変更履歴を保持するほか、ファイルの共有、パスワードによる保護などが、デスクトップ、ウェブアプリの両方から利用できます。

さらに、メディアファイルをモバイルデバイスに向けてストリーミングも可能。5GBまでは無料で、OS X、Windows用のデスクトップアプリや、iOS、Android、Windows Phone用のモバイルアプリを含めた豊富な機能を利用できます。

詳しいプランはこちらをご覧ください


第5位:Bitcasa Infinite Drive


>


ここで、Bitcasaが5位に食い込んできました。有名な容量無制限のオプションは言うに及ばず、WindowsやOS X用のデスクトップクライアント、Android、iOS、Windows Phone用のモバイルアプリが使える同期型クラウドストレージです。写真や音楽、動画をクラウドに保存し、モバイルデバイスやデスクトップに向けてストリーミングすることも可能。

BitcasaをダウンロードフォルダにできるChromeの拡張機能もあります。10GBまで無料ですが、年間99USドルで容量無制限になります。容量を気にせずひたすらファイルをアップロードできるのは便利ですね。余計な機能は不要で、ストレージさえしっかり使えればよく、有料でも構わないという人には、Bitcasaがオススメです。


最後に米Lifehacker読者からの投票結果を載せておきます。


20130817-cloudstrage02.jpg


Alan Henry(原文/訳:伊藤貴之)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.