• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

尾越まり恵尾越まり恵  - ,,  09:00 PM

男の着物を楽しむコツ〜男たちよ、着物を着て街へ出よう!

男の着物を楽しむコツ〜男たちよ、着物を着て街へ出よう!

130820kimono_tabi.jpg


2012年11月、小栗旬さん、松坂桃李さんをはじめとするイケメン芸能人の着物姿を集めた『きもの男子』という写真集(幻冬舎刊)が大ヒットしました。それ以降、男性が着物を着ることに注目が集まっています(今年の夏は、浴衣を着てお祭りに行ったという男性も多いのではないでしょうか)。

そうは言っても、「おとこ着物」って、どこで買えばいいの? 高いんじゃないの? 自分で着られるの?と、まだ少し敷居の高いイメージがあるのも事実。気にはなっているけれど、なかなか踏み込めないという人のために、おとこ着物を愛する「着物のプロ」の皆さんに、その基本から楽しみ方まで、詳しく話を聞いてきました。思った以上におとこ着物は、ポップにオシャレに楽しむことができそうです。



帯は40分の練習で結べるようになる


アパレル業界での勤務経験がある木寺マサルさんは、洋服も着物も同じように大好きだと言います。あるとき、新しい着物を買おうと思って探してみたところ、自分が着たいと思うような着物がありませんでした。

「昔ながらの呉服屋さんの着物も悪くないと思うのですが、ファッションとしてのアプローチがあってもいいんじゃないかな、と思ったんです。もっと着物をポップに楽しみたいな、って」(木寺さん)

ほしい着物がないのであれば、自分で作ればいいじゃないか!と、昨年の5月、カジュアル着物を販売する「男着物 藤木屋」を立ち上げました。今では、芸能人がテレビで着る着物のコーディネートも手掛けています。

藤木屋の着物は、斬新なデザインが目立ちます。

たとえば、水玉ボーダーの帯。


130820kimono_boarder.jpg

男性になじみのスーツ生地の着物も。


130820kimono_newspaper.jpg


浴衣であれば、帯や下駄など全部そろえても1万2600円程度。また、浅草店では1日レンタルも行っています。

これらのおしゃれな着物、買ったあとは、自分で着ることはできるのでしょうか?

男性の着物は、帯の結び方も2種類くらいしかなく、そこまで難しくないんですよ。もちろん購入時に帯の結び方はお教えします。40分も練習すれば、自分で着られるようになりますよ」(木寺さん)

YouTubeにも帯の結び方はアップされているそうで、これなら初心者でも挑戦できそうです。


女子のある一言がきっかけで着物を好きになった


中学生のときに気になっていた女の子に、「なんか、和顔だよね」と言われたことがきっかけで、「よし、それなら着物を着てやろう!」と着物に目覚めたという山崎義典(やまざきよしのり)さん。大学4年間、毎日着物で学校に通ったそうです。卒業後、「リサイクルきもの福服(ふくふく)」へ就職。3年で川越店の店長になりました。

リサイクルきもの福服では、新品の商品も取り扱っていますが、主にお父さん、お母さんの時代の古い着物をリサイクル着物として販売しています。1050円の着物コーナーもあるそうで、帯に新品をそろえても、1セット1万円以内で購入できます。

山崎さんがお店にいる日(基本的に、川越店は月・火・金・土曜日。赤坂店は木曜日)は、おとこ着物の着付け教室(無料)も行っているそうです。

「ウチは日本一敷居が低い着物屋さんですよ」と笑顔を見せる山崎さんがいまおすすめの着物はコチラです。


0820kimono_denime.jpg


「いち押しはこのデニム地の着物ですね。 浴衣として着ても良し、着物として着ても良しで、手入れも自宅で簡単にできるため、一年中気軽に楽しめます。定番の渋めの帯から柄帯まで何でも合わせることができるので、ぜひ自分の個性を発揮して遊んでみてください」(山崎さん)


着物を着て、日本文化を「いま粋」に楽しむ


おとこ着物を購入する方法はわかりました。お気に入りの一着を手に入れたら、どこに着て行けばいいのでしょうか?

男性が着物を着て外に出かける場は、まだそこまで多くないのが現状ですが、きもの男子が増えるにしたがって、そういう「場」も少しずつ盛り上がってきています。

130820kimono_logo.jpg「日本文化をポップにシンプルに、楽しむ場を創りたかった」と言うのは、株式会社渡部商店社長の渡部麗(わたなべりょう)さん。

渡部さんは、今年の5月より、毎月第一金曜日に御茶ノ水のショットバー「渡部商店」の3階、和室スペースで「いま粋フロントポーチ」というイベントを始めました。

「日本酒や茶道、着物といった日本文化を大事にする心からこのイベントは生まれました。いまの"粋"をみんなで創造する場にしたいと思っています」と渡部さん。

たとえば、日本全国から選別したおいしい日本酒をこだわりの酒器で呑んだり、堅苦しくないポップな茶道で茶の湯を楽しんだり。自分で選んだ着物を乙に着てみたり、いま粋オリジナルのポップ足袋をみんなで履いてみたり。


130820kimono_shugo.jpg


この一風変わったイベントには、毎月30人以上の人が集まり、そのうち8割は着物で参加。ここで着物を覚えたという男性もたくさんいます。

昔ながらの伝統は大事にしながら、しかしそこにとらわれず、遊び心満載に、皆さん自己流に「いま粋」を楽しんでいます。


きもの男子はモテる!?


藤木屋の木寺さん、福服の山崎さん、いま粋の渡部さん、それぞれに「着物を着ると、どんないいことがあるのでしょう?」と質問してみました。

すると、3人ともまったく同じ答えが。


「女性にモテる!」


マジですか?

木寺さんは電車に乗っていて、近くの女子高生がヒソヒソと「かっこいいね~」と話している声が聞こえたそうです。また、実際に声をかけられることも多いのだとか。

「着物でナンパをすると成功する!」と渡部さん。「いやいや、これはカットで」と慌てて否定していましたが(笑)、あながちウソとは言い切れないのでは。

女性との出会いに限らず、着物は、人と人とが出会い、新たなコミュニケーションを生むきっかけになっているといえそうです。


胸はセクシーにはだけさせ、足元はしっかり締める


ただし、「モテるためには、ちゃんと着ないと」と山崎さんは言います。「ちゃんと着る」というのはどうすればいいのでしょうか?

最近は、胸の下あたりの高い位置で帯を結ぶ男性が増えているそうですが、「本来、帯は腰骨で巻くものです。そうすれば、着崩れることはありません」と山崎さん。

木寺さんも、「腰骨で帯を巻くと、胸ははだけます。これは問題ありません。ただし、足元は絶対にはだけないように閉じてください。そうすれば『カッコよく』着物を着ることができます」とのこと。

なるほど、女性としては、胸元のはだけ具合にドキっとしてしまうのですが、これが「粋」な着こなしなのですね。


着物を着て街に繰り出し、改めて日本文化に触れると、新たな出会いや発見があるかもしれません。個人的には、着物を着ると本当に女性にモテるのかどうかが気になるところ。ぜひ試してみてください。


(尾越まり恵)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.