• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

igarashi  - ,,  10:10 AM

ルーターを再起動するとき、電源を入れ直すまで10秒間待たなくてはいけない理由

ルーターを再起動するとき、電源を入れ直すまで10秒間待たなくてはいけない理由

ルーターの再起動したいとき、電源を入れ直すまでに10秒間待たなくてはいけない理由


ルーターの調子が悪いときの対処法でよく耳にするのは、電源プラグをコンセントからいったん抜き、10秒後に電源を入れ直すというものです。

でも、なぜ10秒間待つのでしょうか? どうやらコンデンサーに関係しているようです。Q&Aサイト「Super User」のユーザー、Phoshi氏が説明しています。


実に多くの電子機器にコンデンサーが使われています。これは電気エネルギーを一時的に蓄える小さなバケツのようなもの。電流を流している間はコンデンサーに電気がたまり、電流が断たれるとたまっていた電気が流れ出ます。

10秒間というのは、コンデンサーからの電気が尽きて電子回路が完全に機能を停止するまでにかかるおおよその時間です。

パソコンを切ってプラグを抜いたとき、マザーボード上のLEDが消えるまでに数秒かかるのはこのためです。時間は必ず10秒と決まっているわけではありませんが、少なくとも10秒経てばすっかり放電したと考えられるのです。


ちなみに、このポストに対して米Lifehackerでは以下の様なコメントも出ていました。


Matt:違います! 10秒間待つのは突入電流を防止するプロテクター(通常はサーミスタ)を冷やすのが目的です。サーミスタは温度が低いと電気抵抗が大きく、温度が高いと電気抵抗が小さくなります。この特性を利用して、コンセントにプラグを差した時、電源部に急に大電流が流れるのを防止しています。10秒間はサーミスタの温度を充分下げるための時間なのです。

chimera388:Mattの意見も、記事も正しいよ。(中略)どちらにしても10秒間というのは十分な時間じゃないかな。


コンデンサー以外にも理由があるとの意見もありましたが、どちらにしても10秒間は待ったほうがよさそうですね。


Pulling the plug out for 10 seconds | Superuser via How-to Geek

Thorin Klosowski(原文/訳:丸山佳伸、福岡洋一/ガリレオ)
Photo by Matt Newman.

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.