• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  04:00 PM

コーヒーの残りかすからアルコール飲料を生み出すことに成功、商品化に向けて改良中

コーヒーの残りかすからアルコール飲料を生み出すことに成功、商品化に向けて改良中

130812kotaku_coffee.jpg


Kotaku JAPANより転載:コーヒーとアルコールは、多くの人を虜にする魅惑の飲み物です。日中はコーヒーを飲んで、夜はアルコールを楽しむ、なんて人も多いでしょう。コーヒーフレーバーのアルコールもありますし、両者の相性は抜群です。

しかし、コーヒーを原料の一部として使用するコーヒーリキュールではなく、コーヒーそのものからアルコールを作ることはできるのでしょうか?

「io9」によると、そんな夢のようなことを成功させた研究者がいるらしいのです。しかも、コーヒーの残りかすを利用するのだとか。

では、気になる詳細は以下からどうぞ。


コーヒーの残りかすからアルコールを生み出すことに成功したのは、ポルトガル・ミンホ大学のバイオエンジニアであるサロンジ・ムサット氏率いる研究者たち。その製法が「Science」に掲載されていたので紹介します。


まず研究者は、ポルトガルのコーヒー焙煎会社から原料を集め、それを乾燥させました。次に、その粉を163度の熱湯で45分加熱し、液体を分離させ、砂糖を加えました。そして、酵母細胞を加えて混合物を発酵させ、高いアルコール含量を得るために濃縮(同じようなプロセスは、ウィスキーやラムを作る時に行われる)。

すると、どうでしょう! コーヒーの残りかすから、40%エタノールの新しいアルコール飲料が生まれたのです。研究者は、この成果を9月のLWT - Food Science and Technologyに掲載する予定とのこと。

Scienceより一部抜粋


「io9」によると、研究者たちはこのアルコール飲料を「スピリット・フロム・スペント・コーヒー・グラウンド(略してSCGスピリット)」と呼んでいるそうです。

また、元ネタのScienceによれば、8人の訓練された味覚テスターがSCGスピリットを試したところ、コーヒーの香りと苦みと刺激があると評価したとか。研究者は、味は年月とともに改善されるだろうと書いており、品質は販売するのに十分だそうです。ただし、コーヒーから出来ていても、カフェインは醸造過程でほとんどなくなってしまうため、眠気覚ましになるということは無いんだとか。ちょっと残念?



LWT - Food Science and Technology via Science via io9

(中川真知子)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.