• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,  10:30 PM

一生で処理できる情報量は1500億ビット。これをどう割り振るか、それが問題だ

一生で処理できる情報量は1500億ビット。これをどう割り振るか、それが問題だ

15000億ビット


99U:この文章を読んでいる瞬間、あなたの脳は1秒あたり約200ビットの処理を行っています。そのうち、読むこと自体に費やされるは50ビット。残りは聴覚、視覚、嗅覚に使われています。

私たち人間が感覚として感じるすべてのものには、脳の処理能力の一部が割り当てられています。恋人と深い会話をする、テレビを見る、単純作業をする、静かに座って周りを見回すなどの行為はすべて、同じプールの注意資源を使っているのです。


仮に、あなたの脳が1秒間に処理できる情報を100ビットとすると、生まれてから死ぬまでに処理できる情報量が計算できます。人生を80年、1日の睡眠時間を8時間と仮定すると、一生であなたが処理できる情報量は、およそ1500億ビットになるのです。

これはとても大きな数字のように聞こえるかもしれませんが、ここで話題にしているのは、あなたの人間としての経験すべてを、1つのシンプルな数字で表現できるということです。今後の感情、考え、感覚、会話の1つ1つが、この数字に含まれるのです。そして、一生にわたる1500億ビットの注意力の割り振り方が、あなたという人物や成し遂げてきた成果に影響を与えるのでしょう。


そう考えると、1500億という数字は決して多くない


一部の人にとって生産性とは、新しいツールをいじることだったり、究極的には無意味なタスクを削り落とすことだったりします。ほかの人の生産性向上ハックについての記事を読んで、それを自分の仕事で試すのは楽しいことかも知れません。でも実際は、生産性について考えることの意味は、あなたという人物の現在と将来を形作る1500億ビットに帰結するのです。

それは、ヒントやトリックという次元の話ではなく、宇宙でもっとも貴重な資源である注意力を、あなた自身や世界に与えたい影響に合わせて、うまく割り当てることなのです。1500億ビットにおける不要なタスクや要求をなくすことで、人助けに集中すること、世界に少しばかりの美しさを生み出すこと、重要な問題を解決すること、価値ある何かをするために生まれてきた実感を得ることができるはずです。

「生産的であること」とは、より多くの仕事をこなすことではありません。貴重な1500億ビットを、できるだけ賢明に使うことなのです。

テレビを見ることと恋人と会話をすることは、脳内のビット数を同じだけ必要とします。仕事のあと何も考えずにチャンネルを回すことと、クリエイティブな新しい取り組みについてブレインストーミングをすることは、同じだけのビット数を消費します。あなたにとって意味のあるのはどちらですか? 1億4999万9999番目のビットを消費した時に、やっておいて後悔しないのはどちらですか?


It's Not About "Productivity." It's About Living Purposefully. | 99U

Sam Spurlin(訳:堀込泰三)
Photo by Thinkstock/Getty Images and remixed by Sota.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.