• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,,  05:30 PM

自分の耳型に合わせたフルオーダーメイドのイヤホンが作れる。音はすごいが、値段もすごかった

自分の耳型に合わせたフルオーダーメイドのイヤホンが作れる。音はすごいが、値段もすごかった

130805ultimateears_3.jpg


これからの「フルオーダーメイド」はスーツだけではありません。仕事やプライベートに活力をくれる音楽を思う存分に楽しむなら、イヤホンも仕立ててみてはいかがでしょう。

PC周辺機器などで著名なロジクールが、米イヤホンメーカー「Ultimate Ears」製フルオーダーメイド・イヤホン「カスタムインイヤモニター(以下、UE カスタム IEM)」の取り扱いを、日本橋・秋葉原で店舗を構える「e☆イヤホン」店内にて開始します。

これまでUE カスタム IEMを買うには、自ら耳型を取り、英語で直接Ultimate Earsとやり取りをするしかありませんでした。今後はe☆イヤホンが窓口となることで、日本からも注文ができるようになります。

このUE カスタム IEM、買い方も、性能も、そして価格も(!)、すべてにおいてこれまでのイヤホンと異なります。



一人ひとりの耳型に合わせるからフィット感が抜群


Ultimate Earsのプロモーション動画。途中でシリコンを流して耳型をとっている。


UE カスタム IEMを手に入れるには、まず補聴器店や耳鼻咽喉科で自分の耳型(インプレッション)を作る必要があります。耳の形と外耳道(耳の穴)の形を取り、それを元にひとつずつハンドメイドで作りあげていくのです。耳型に合わせて作るので、当然ながらフィット感は抜群。

他に類を見ないフィット感が、多くのユーザーやミュージシャンに愛される大きな理由なのです。


ブライアン・イーノなど、有名ミュージシャンも愛用中


130805ultimateears_2.jpg


UE カスタム IEMの中でも、プロ向けの仕様を使っているアーティストがUltimate Earsのサイトで紹介されています。見てみると、Brian EnoMassive AttackThe xxなどが愛用中。ロジクールのプレスリリースによると、「(プロ向けのUS カスタム IEMは)世界中をツアーするプロミュージシャンの約75%が愛用」しているとのこと。

もともと、Ultimate Ears誕生のきっかけは、ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のドラマーであるアレックス・ヴァン・ヘイレンが、長年の大音圧による演奏で30%もの聴力を失った悩みを抱えたことから。「大音量のスピーカーではなく、舞台上で演奏の細部まで聞き取る手段がないか」と、彼は音響エンジニアだったジェリー・ハーベイに相談を持ちかけます。ジェリー・ハーベイが模索した結果、補聴器メーカーと共同制作したのが、オーダーメイド・イヤホンの第一号となったのです。このイヤホンが話題を呼び、Ultimate Ears社が設立されたのだそう。

今回紹介しているのはカスタマー向けとはいえ、耳型を取り、1つずつハンドメイドをしているのには変わりありません。偉大なドラマーを救ったイヤホンというバックグラウンドを知ると、なかなか胸躍るものがあります。


ただし、値段は私の知っている「イヤホン」じゃなかった!


130805ultimateears_1.jpg


UE カスタム IEMの気になるお値段は、最も安価なもので99800円より。桁、間違っていません。モデルごとの参考価格は以下の通り。


Ultimate Ears 18 Pro カスタムインイヤーモニター:189800円
Ultimate Ears 11 Pro カスタムインイヤーモニター:159800円
Ultimate Ears インイヤリファレンスモニター:139800円
Ultimate Ears ボーカルリファレンスモニター:129800円
Ultimate Ears 7 Pro カスタムインイヤーモニター:119800円
Ultimate Ears 5 Pro カスタムインイヤーモニター:99800円


最近はオーダーメイドスーツも手頃なものが増えてきましたが、イヤホンはまだ高嶺の花のようです。ただ、ピュアオーディオの単品スピーカーや「楽器」としてみれば、見え方も少しは変わる...ような。お嫁さんを納得させたい方は、どうにか「イヤホン」として見えないようなプレゼントークが必要そうです。

購入の流れとしては、まずe☆イヤホンの試聴機などで確認をして、欲しいモデルを選択します。その後、補聴器店や耳鼻咽喉科で自分の耳型と取り、e☆イヤホンに郵送。あとはe☆イヤホンが窓口となり、完成品を自宅まで送ってくれます。ただし、補聴器店や耳鼻咽喉科によって取れる耳型は異なるそうなので、詳しくは店頭で相談するとよいでしょう。

決して安い買い物ではありませんが、仕事のパートナーとしてイヤホンが必須の方、既存のイヤホンでは耳に合わずに断念していた方にとっては注目の逸品。それぞれのモデルの性能比較や購入手順については、下記リンクをご参照ください。


Ultimate Earsカスタム インイヤー モニター|ロジクール
【カスタムIEM】ULTIMATE EARS|e☆イヤホン

(長谷川賢人)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.