• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  06:00 PM

私がたった90日間で外国語を身につけてバイリンガルとなった方法【LHベストヒッツ】

私がたった90日間で外国語を身につけてバイリンガルとなった方法【LHベストヒッツ】

original20120718.jpg


2012年7月23日公開記事を、編集・修正して再掲載します。


バイリンガルになることは、「新しい世界に足を踏み入れること」です。そこには新しい出会い、新しい文化、新しい感情を経験できる素晴らしい機会があるでしょう。ただ、外国語学習には大変長い時間がかかります。忙しい私たちにとって、それだけの時間を外国語学習に使うのはなかなか難しいかもしれません。

でも、必要な時間がたった90日間だけならどうでしょう? 期間があまりに短いので信じられないかもしれませんが、外国語をすらすら使える状態に持っていくことは可能です。今回は「90日バイリンガル養成メソッド」を詳しく紹介していこうと思います。



バイリンガルになるメリット


まず、外国語学習のメリットとして意外と知られていないことですが、第1外国語を学べば第2外国語(さらに第3、第4外国語)を学ぶのが楽になります。外国語学習の難しさは「自分に合った勉強法を見つけること」にあります。つまり、1つの外国語をしっかり学んで勉強法や文法パターンなどを身につければ、新しい外国語を学ぶときに応用が利くということです。

また、外国語を学ぶことは人間の脳にとってさまざまなメリットがあります。例えば、アルツハイマー病の進行を遅らせる、知性を高める、認知バイアスを減らす、集中力を高めて雑念を取り払うなどの効果があります。このような脳にとってのメリットも素晴らしいですが、外国語が話せるとたくさんの社会的メリットがあります。海外の旅先で外国語を使って料理を注文したり、エレベーターで乗り合わせた外国人の会話に聞き耳を立てたり、滑らかな外国語で話しかけてネイティブスピーカーを驚かせたり...このような経験には言葉にできないくらいの楽しさがありますし、人生を豊かにしてくれるでしょう


外国語学習にありがちな間違い


原文筆者は、高校時代に数年間スペイン語の授業を受けたことがあり、成績も良かったそうです。しかし、ある日メキシコ料理店に行ったとき、4年間も勉強したのに簡単な料理の注文もできないことに気づきました。一般的なスペイン語能力試験の結果では、彼は「スペイン語の上級者」とされていました。なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

その理由は、外国語の勉強法に問題があるためです。私たちはこれまで、大人数のグループの中で教科書の課題や文法を覚えれば外国語が習得できると教えられてきました。でも、外国語を話す練習をする機会はほぼありませんでした。実際、教科書をいくら解いても外国語がうまくなるわけではなく、課題を解くのがうまくなるだけです。外国語が話せるようになりたいなら、外国語を話す練習をするべきなのです

外国語の学習に参考書やトレーニングツールだけを使うのはあまり現実的ではありません。繰り返しますが、話せるようになりたいなら、話す練習をするべきです。たくさん話せば話すほど上達にかかる時間は少なくて済みます。


短時間で外国語を学習するための基本的戦略


外国語学習と聞くと、どうしても気が遠くなる作業を想像してしまいがち。
そこで、まず全体的な流れを説明して、そのあと詳細な説明をしていこうと思います。


  1. 正しい教材やツールを手に入れる。例えば、文法についての本、暗記用ツール、映画や本など。

  2. 個人レッスンを受ける。最低でも最初の1カ月間は必要で、1日4時間が理想的です。

  3. 学んでいる外国語しか使わないようにする。会話中に言いたい単語が出てこなかったときは毎回記録して、暗記用ツールに入力しましょう。毎日単語を復習したり、実際に使って練習したりするのも忘れずに。

  4. 外国語を話す友達や語学パートナー(双方の母国語を学び合う仲間)を作って会話の練習をする。


個人レッスンで簡単な会話ができるようになったら、ネイティブスピーカーの友達を作りましょう。周りに適当な人がいなければ、その外国語が話されている国に滞在することも検討してください。グループ形式のレッスンを始めるのもいいでしょう。大事なことは、話す練習を毎日欠かさないこと。そして、日本語は極力使わないようにすることです。

以上が全体的な流れになります。

お気づきの通り、これは非常に密度が高い学習内容で、徹底的に集中する必要があります。3カ月間で言語を習得するのは簡単ではないので、これは仕方がないと言えます。ただ、もっと時間をかけて学習したい場合や、外国に滞在して1日4?8時間も学習するのが状況的に難しい場合は、計画を修正することも可能です。この際、「3カ月間の集中コース」か「もう少し長期のゆっくりコース」ということになりますが、どちらにしても毎日学習することは必須です。毎日20分間の学習は、1週間に数時間の学習よりずっと効果的だと覚えておきましょう。

1  2  3

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.