• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

mikata  - ,,,  11:00 AM

自分をレベルアップさせる「失敗」の活かし方

自分をレベルアップさせる「失敗」の活かし方

130724about_failure.jpg


「失敗は成功のもと」という言葉もありますが、仕事や人生でよりよい結果を出したいのなら、その失敗を「成功のもと」へと変える術を知っておきましょう。

まずは「失敗」をどう捉えるか、そこからはじめましょう。



レディー・ガガも、3カ月で契約を打ち切られた


数えきれないほどの成功話の裏には、失敗や壁があふれています。エジソンは初の電球を完成するまでに6000回以上も失敗したといわれています。マイケル・ジョーダンも高校バスケットボール部を退部させられ、自身の競技人生において9000ショットもミスをしたそうです。オプラ・ウィンフリー(アメリカの著名な女性司会者)は「テレビに向いていない」とクビになった過去があり、レディー・ガガもたった3カ月でデフ・ジャムから契約を打ち切られた経験を持っているのです。

考え抜かれた上での失敗なら、その結果はむしろ賞賛に値するでしょう。人生を意味あるものにするには、失敗や未知への冒険は欠かせません。いつでも成功したいと思うのは誰もが一緒ですが、必ずそうなるとは限らないのです。だからこそ、こうしたそこから立ち直る能力を持ち、次に進むことが何より大切となります。失敗を受け入れ、処理し、さらには「得」だと思って一から始めましょう。


「失敗」「過ち」「未知」...。言葉はいろいろあるけれど


「失敗」(Failure)、「過ち」(Screw-up)、「未知」(Unknown)という言葉は、とかくネガティブに受け取られます。しかし、新しい視点でそれぞれの価値(最低でもネガティブな部分を外して)を再認識してみましょう。たとえば、以下のように。


失敗
出発点/全体のプロセスの一部分/成功への道のり

過ち
革新へのしるし/貢献した作業のアウトプット/忍耐の結果

未知
クリエイティブなチャレンジ/新しい可能性


失敗、過ち、そして未知の部分はあなたの忍耐力と個性を育て、仕事や自分自身、そして他人に対する見解を深めながら経験値を上げたり、EI(心の知能)を試したり、知識・能力を積み上げていく手助けをしてくれるのです。

さて、より多くの事を学び取るために、次の「避けたいこと」と「やるべきこと」を実践してみてください。


避けたいこと


失敗をないがしろにして次を急ぐ

失敗はつらい感情を引き起こします。あなたを脱線させ、自己欺瞞に陥らせ、さらには不安を倍増させるでしょう。必要のない汚名や恥をもたらしてしまうかもしれません。こうしたストレスを和らげるために、失敗を「ささいなこと」あるいは「これも成功だったのだ」と決めつけていませんか? こうした非現実的で楽天的な態度は、深刻な障害を引き起こしかねません。

失敗はないがしろにせず、しっかりと向き合いましょう。


簡単に諦めてしまう

あなたが成長し、進む道が枝分かれすればするほど、不確かな状況に直面し、行き止まりを経験します。あなた自身が「心地良い」と思える範囲より外へ行く気がないならば、安心感は保てても、可能性は狭まります。

やめる、という選択肢はそれほど悪いことではないものの、「失敗を恐れているがための結論」でないことを確かめてください。放棄ゆえの行動は、いずれ後悔につながります。


やるべきこと


感じ取り、反映する

まずは失敗から得た感情をきちんと受け止めましょう。事を急いて次の作業に没頭すると、重要な教訓を学ぶチャンスを失うかもしれません。次の段階へ移る前に、まずは悲しみや恐怖、怒りといった感情を処理する必要があります。

その失敗は「善意による判断の誤り」だったのか、「単純な軽卒さ」だったのか。上手くいかなかった部分を反映し、失敗から学ぶことで、正しい道に戻れるのです。


責任感を持ち過ぎない

自分を責める内容が本来やるべき範疇を超えていることだったり、常に他人の手助けをしたりしているようなら、大きすぎる責任感を負ってしまっているといえるでしょう。そうではありません。あなたの存在が本当に必要な時にだけ、土俵に立てばよいのです。そのシチュエーションにおける自分の役割を考え、どのような違いを与えられるか、判断してから前に進んでください。

限界を把握することです。今、もっと訓練が必要だと思いますか? 仕事量は限界を超えていませんか?


認めて、立て直す

ミスを把握して、次のステップに焦点をあてるエネルギーを補充しましょう。何が成功を生み出すのか。作業への貢献や失敗には、不屈の精神が含まれています。


効果的な行動をする

「試す」という言葉は忘れてください。あなたが取るべきステップをしっかりと認識します。完了できなかった場合は、また最初からやり直します。何もしないより、とりあえず試すという選択肢もありですが、結果的に専念すべき行動から逃れるための「余白」を作ってしまうので、あまりオススメしません。



失敗や過ちは成り行きで起こるものです。失敗を避けたり、最小限に抑えられたりするようにいろいろ試みてください。未知の世界であるほど、出合ったことのない困難を巻き起こす可能性もあります。その時は、知らない部分をできる限り穴埋めしてから、解法を考えるといいですよ。

さて、さまざま方法を試してきましたが、何といっても人間である以上、「不確実さ」、「過ち」、「大きな失敗」はこれからも起こりうるものです。失敗に対する全ての答えをあなたが知らないのはあたりまえ。起きてしまった失敗や過ち、未知の部分を認めて処理し、逆手に取ってアドバンテージにしてしまいましょう。「失敗は成功の糧になるのだ」と認識することが重要ですよ。


Failures, Screw-ups, and Unknowns | Dyan Williams

Dyan Williams(原文/訳:Sara Mikata)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.