• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

sakatasakata  - ,,,  08:00 PM

毎日何かを書き続けていたら人生いろいろ捗った、という話

毎日何かを書き続けていたら人生いろいろ捗った、という話

毎日書くことで人生が変わる!


別に毎日日記をつけろとは言いません。書くことでこんなにいいことが〜と、効用を列挙するつもりもありません。

ただ、私自身が去年1年を通してものを書いてきて、どのように人生が変わったかを伝えたいと思います。

極めつけは、ひとつのiPhoneアプリとの出合いが大事だったのかもしれませんが、それも合わせて紹介します。



毎日日記を書くといい、なんてよく聞きますが


歴史は文字によって伝えられてきたし、ほかにも文書が私たちに与えてくれる恩恵は計り知れないでしょう。しかし、私がペンを走らせているとき、あるいはただ「何を書こうかを考えている」とき、書くべきか書かざるべきかなんて考えていませんでした。

たとえばGoogleで調べてみると、実に様々な意見が紹介されています。曰く、「思うがままに書き連ねると、整理されないままの不完全な思いや言葉が文字として出てくる」とか「書く練習をすることで書くこと・思考することが習慣となり、アイデアを刺激する」...。


130722writing02.jpg


ただ、多くの意見に共通するのは、それらが、作家や小説家など書くことで生計を立てたり、書いたものを最終成果物として残したりする人を念頭に置いていることです(たとえばヘミングウェイやスティーブ・キングについて語っているものが多いというわけです)。


しかし、少し違う視点から話します


私は作家ではありません。これまで書いた一番長いものはせいぜい大学でのエッセイだったし、それはまったく楽しいものではありませんでした。昨年11月頃まで定期的に書くことさえしていませんでした。

ブログを書こうとしたり、日記をつけようと思ったことくらいはあります。しかし、多くの習慣と同じように続きませんでした。じっとイスに座って頭の中で考えていたことを文字にするのは、私には困難でした。それよりも人と会って、ランチやディナー、軽い会話をしながら考えをまとめ、整理していました。

ただこのような会話には限界があります。すぐに満足感は得られますが、頭から消えていくのも早く、一時的なのです。旅をしていて旅日記をつけるのを止めると、細かい点を忘れてしまうのと同じかもしれません。短い会話も同じように、すぐその大部分が記憶から消えてしまいます。


だから、私は書くことを選びました


何もかも覚えておくのは難しいものです。ものを書く時間は自分と向き合い、くつろげる時間でもあります。私の場合、書くこと自体は個人的なメモから始まります。いま、現実世界でまったくの1人になることなんて、なかなかありません。だから私はまず自分と向き合って個人的なことを書き、その中で他人と共有したいと思うものを公開するようにしています。

それでは、私が「なぜ書くのか」、ポイントをもう少し絞って紹介します。

1  2

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.