• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

igarashi  - ,,,,  10:30 PM

「ついやってしまう悪癖」を改めるには:周囲の環境に注意してみよう

「ついやってしまう悪癖」を改めるには:周囲の環境に注意してみよう

「ついやってしまう悪癖」を改めるには:周囲の環境に注意してみよう

誰にだって、不合理な行動(...は言いすぎだとしても、自分で望んだつもりのない行動)を取ってしまった経験はあるでしょう。それを改めるにはどうしたら良いでしょうか?


ベストセラー『予想どおりに不合理』の著者で、人間の行動に関する研究に取り組むダン・アリエリー(Dan Ariely)氏は、人々の行動を改善するためのアプローチを次のように説明しています。


私たち社会科学者が何らかの人間行動について調べようとするとき、例えば「セルフサービスの食堂で、つい食べすぎてしまう傾向」がテーマならば、まず人々が食堂を利用する際の行動をひとつひとつ調べることから取りかかるでしょう。

つまり、利用者がどこに立ち、何を眺め、誰を見て、何に気を引かれ、どのように注文の品を決め、どこでどのように支払いをするのか、などを観察するわけです。次に、一連の過程の中で、食べすぎを助長したり、可能にしたりしていると思われるポイントを洗い出します。そして、これらの悩ましいポイントでの人々の意思決定に(良い)影響を与えられる代案を見出そうとします。


例えば、あなたにとっての「悩ましいポイント」は、「ランチの店へ向かう途中にハンバーガーの屋台があること」かもしれません。そのせいで、減量中なのに誘惑を断ち切るのが難しくなっているのかも。

要するに社会科学では、明確な目標を設定したうえで、その目標を台無しにするような特定の行動がどのような瞬間に現れるかに注目し、それから解決策を考え出すという手順を取ります。

このアプローチは、あなた自身の行動に対しても実践できます。もし不合理な行動を取りそうになったら、その瞬間の周囲の環境に注意してみてください。

誘惑の出どころは何ですか? 自分で望んだわけでもない行為をしてしまう原因は何ですか? これらの問題点を具体的に記録することが、その問題を最小化したり、完全に取り除いたりする方法を考えるための第一歩になります。

一見シンプルに思えますが、実はそこが肝心なのです。完璧な解決策を考案することに躍起にならず、手の届く範囲でシンプルな解決策を見つけてみましょう。

場合によっては、「ランチに行く道順を変えて、ハンバーガー店の前を通らないようにする」くらいの、ちょっとした修正で十分なときだってあるのです。


Social Hacking | Dan Ariely

Adam Dachis(原文/訳:風見隆/ガリレオ)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.