• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,  11:10 AM

紅茶の街の新たなコーヒー屋。香りと味にこだわるサードウェーブ、ロンドンにも伝来!

紅茶の街の新たなコーヒー屋。香りと味にこだわるサードウェーブ、ロンドンにも伝来!

紅茶の街ロンドンの新たなコーヒー屋。香りと味にこだわるサードウェーブが伝来!


サンドウィッチやスコーン・ケーキとともに紅茶をいただく「アフタヌーン・ティー」に代表されるとおり、イギリスは、紅茶のイメージが強い国。首都ロンドンには、一流ホテル・リッツ(The Ritz)のティールーム「パーム・コート」(Palm Court)や英国王室御用達食材店のフォートナム・アンド・メイソン(Fortnum and Mason)にある「ダイヤモンド・ジュビリー・ティーサロン」(The Diamond Jubilee Tea Salon)など、優雅なティーサロンが数多くあります。

しかし近年、味と香りの豊かなスペシャリティコーヒーを楽しむ新しいコーヒー文化「サードウェーブコーヒー」が、伝統的な紅茶の街・ロンドンにも伝来しつつあるよう。こだわりのコーヒーが人気となっている、ロンドンのカフェを紹介しましょう。



1.Monmouth Coffee


130716londoncafe2.JPG


Monmouth Coffee」は、ロンドンでスペシャリティコーヒーの普及に最も貢献しているカフェのひとつです。1978年からコーヒー豆の焙煎・販売に従事し、徹底的な現地調査に基づいて厳選したアフリカ・中南米の生産者から、良質のコーヒー豆を公正な価格で調達してきました。

2007年には、ロンドンの繁華街コヴェント・ガーデン(Covent Garden)にカフェ第一号店をオープンし、現在、THE BOROUGH店BERMONDSEY店の3店舗で営業しています。濃いめのコーヒーとミルクが絶妙なバランスのラテのほか、エスプレッソやドリップコーヒーなど、お好みのコーヒーをぜひどうぞ。


2.Prufrock Coffee


130716londoncafe5.jpg


2009年バリスタの世界選手権「ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ」(World Barista Championship)で優勝したGwilym Davies氏がディレクターを務める「Prufrock Coffee」は、熟練のバリスタが一杯づつ丁寧に淹れてくれるスペシャリティコーヒーが人気のカフェ。木目とブルーを基調とする店内は、サードウェーブコーヒーの先駆けとなった米国のBlue Bottle Coffeeを彷彿させます。

2011年には独自のトレーニングセンター「The London Barista Resource」(ロンドン・バリスタ・リソース)を設立するなど、英国内外のバリスタの育成にも尽力しています。


3.Workshop Coffee


130716londoncafe3.JPG


Workshop Coffee」は、2011年4月にオープンしたスペシャリティコーヒー専門店。店内では、淹れたてのコーヒーをいただけるほか、ケニア・エチオピア・グアテマラから調達したコーヒー豆が販売されています。

ちなみに、私がこのカフェを訪れた日曜の午後は、美味しいコーヒーを求める人々がひっきりなしに来店。ラテにはケニアコーヒーが使われているそうで、フルーティな味わいでした。コーヒー豆やドリッパー・ケトルなどのグッズは、公式オンラインショップでも販売中です。


4.Nude Espresso


130716londoncafe6.JPG


ロンドンを代表する独立系焙煎業者としても知られる「Nude Espresso」は、Brick Lane店とSoho Square店の2店舗を直営するほか、ロンドン市内のカフェに、良質なコーヒー豆を卸売りしています。

最近では、英ガーディアン紙がロンドン・ショーディッチ(Shoreditch)にオープンした特設カフェ「#guardiancoffee」でコーヒーなどの飲食物を提供しはじめたことでも話題になりました。


5.Milkbar


londoncafe4.JPG


エスプレッソにスチームミルクを注いだ「フラットホワイト」は、オーストラリア・ニュージーランドでポピュラーなコーヒー。そして、この珍しいコーヒースタイルをロンドンにいち早く「輸入」したカフェが、ソーホー地区にある「Milkbar」です。「フラットホワイト」は、ラテやカプチーノよりもミルクの割合が低めなので、エスプレッソの味を強く感じられるのが特徴。スッキリと飲みたいときにおすすめです。

Milkbarでは、トーストなどの朝食メニュー、サンドウィッチやサラダといった軽食も提供しています。とくに、カリっとしたトーストとトロトロのスクランブルエッグが美味しい「ベーグルトーストのスクランブルエッグのせ」は、おすすめですよ。


サードウェーブコーヒーの「波」は、米西海岸からはじまり、ニューヨーク、独ベルリン、そして英ロンドンにも伝播しつつあるよう。日本でも、下北沢のエスプレッソ専門店「BEAR POND ESPRESSO( ベアポンド・エスプレッソ)」に代表されるような、こだわりのカフェが増えてきましたね。おすすめカフェをご紹介した記事としては、ニューヨーク編ベルリン編も合わせてどうぞ。


(松岡由希子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.