• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,,  11:00 AM

英会話を続けるコツは「習慣化」(と美人講師!)。毎日話せるDMM英会話を実践してみた

Sponsored

英会話を続けるコツは「習慣化」(と美人講師!)。毎日話せるDMM英会話を実践してみた

「キアヌ ぼっち」の画像検索結果


公園、ベンチ。鳩と人間、一羽と一人。

のっけから「キアヌ ぼっち」の画像検索結果のような写真を載せてしまいましたが、これはれっきとした英会話の授業中。パソコンでもスマートフォンでも使えて、ネイティブを含む世界中の外国人講師からネットで英会話を学べる月額制の「DMM英会話」が、入会金なしで初月は980円で毎日話せるという安さだったので、体験してみました。

で、世に英会話教室は数あれど、「ネットの学習システムだからこそ続けられる」ということを身をもって知りました。生来の飽き性で、習い事を始めてみても続かないという筆者ですが、「これなら続けられそう」、そう思いました。以下、ポイントを紹介します。


なぜ、続けられそうだと思ったのか


それは、教えてくれる外国人講師が美人で優しそうだから。



...もとい、続けられそうだと思ったのは、ちゃんと理由があるのです。


  1. レッスンは毎日・1日1回25分 → 負担にならずに続けられる
  2. 多国籍・多趣味な講師陣が世界から参加 → 気が合う相手を選べる
  3. スカイプ(Skype)でのレッスン → 教室に通う必要がなく、空き時間を活用できる


順番に、紹介します。


1.1日1回25分だと、負担に感じずに済む

なぜ英会話を始めるのか、は置いておきましょう。誰しもそれぞれの思惑と状況で、英語でコミュニケーションをとる必要性を感じているでしょうから。それよりも大事なのは、必要だと思っている英会話なのに、勉強したいという意志はあるのになぜ続かないのか、ということです。

ここで、過去記事からの引用を紹介しましょう。「つぶやき」の自動投稿サービスBuffer(ライフハッカー読者にはお馴染みかもしれません)のファウンダー、Joel Gascoigneさんによる「やりたいことを習慣にして続ける」ための3ステップです。


  1. 「失敗できない」ほど小さなことから始める
  2. その習慣が儀式化するまで続ける(意識せずとも体が勝手に動き出すくらいに)
  3. 儀式化した習慣に小さな習慣を付け加える


要は、「性格的に続かない」なんて諦めなくてもいい。物事を続けるためにはそれを習慣化しよう、習慣化するにはとりあえずちっちゃく始めてみようということ。そしてDMM英会話の「1日1回25分」という規模は、「ちっちゃく始める」のにちょうどいいと思ったのです。

これが1時間だとか90分などというカリキュラムだと、レッスンのたびに「頑張って受けよう」という思い切りが必要になります。ましてや週に1〜2回などのように事前に決められたスケジュールになると、どうしても急な用事でスキップしてしまうことだってありえます。そして多くの場合、一回休んでしまうと、二回、三回と休みグセがついてしまうんですよね。その点25分という時間設定は、スキマ時間を活用できる「ちょうどよさ」があると思います。


2.いろんな講師がいるので、単純に話していて楽しい

筆者自身はレッスンを受け始めてまだ1カ月も経っていませんが、今のところ、毎回違った講師を予約しています。というのも、先述したとおり980円の「お試し期間」だということもあって、いろいろ見てやろうという気持ちがあったからなのですが、思わぬ成果がありました。

講師のプロフィールページでは、国籍や日本語能力の有無などに加え、趣味や好きなものの紹介が充実しています。これが、会話を楽しくしてくれるんです。たとえばアメリカ人のSheri先生とは、音楽話で盛り上がりましたよ。


130704dmm03.jpg


映画『007』シリーズが好きで、ブルースを愛するというSheri先生。


── 007シリーズで一番好きなタイトルは何なの?
「そうね、『スカイフォール』が好きかも。でも007に限らず、とにかくアクション映画全般が好きだから、たとえば...」


だとか、


「アメリカでもブルースを好きだと言って聴いている人は少ないね。やっぱりロックやヒップホップ、カントリーだとか...。でも、私はブルースの歌詞からメタファーについて学ぶことができた。比喩表現って、人とのコミュニケーションで大事なことじゃない? 私のおすすめのミュージシャンはね...」


だとか、


「私はオクラホマに住んでいるけど、とにかく何もないところ。"red neck"って言葉があるんだけど...(red neckはスラングで「アメリカ南部の田舎もの」のような意味合い。筆者、このレッスンではじめて知った英単語でした)。あなたはアメリカに来たことはある?...」


だとか。時間はそれこそ25分しかありませんが、共通の趣味を見つけて会話を拡げると、自然と気負わず英語が出てくるのに、我ながら驚きました。好きなミュージシャンを教え合ったり、同じアルバムの話題で盛り上がったり。「英語で話す」ことができるようになるにはまず、「何を英語で話すか」が大事で、それは教科書には載っていないのだと実感しました。


3.Skypeでのレッスンで、昼休みや帰宅途中の空き時間を活用できる

基本的にレッスンはSkypeを通して行います。いまやスマートフォンや、モバイルPC+Wi-Fiを持っている人が大半でしょうから、活用すれば、いつでもどこでも受講が可能です。


130704dmm01.jpg


たとえば会社の昼休みや、出先で不意に空いた時間を活用したり。


130704dmm02.jpg


会社帰り、帰宅する前にカフェに立ち寄って25分の英会話、というのも選択肢としてあり得ます。それこそ、通学式レッスンの最大の障壁である「時間と場所」の問題を解決してくれるポイントですね。

さて、では、どう活用すればいいのか、実際に私が使っている手順とともに紹介しておきます。どうぞ、ご参考に。


レッスンのステップ:面倒くさいがない、のがいい


登録の際に用意するのは、スカイプをダウンロードしておくくらい。先述したように、端末はパソコンでもスマートフォンでもタブレットでも良くて、これなら歩きながらレッスンを受ける猛者が現れてもおかしくないだろう、というくらいの手軽さです。(ただし、歩行中の操作は危険ですよ!)

手順といっても、そう厄介なことはありません。なにしろオンラインですべて完結するので、ざっと4つくらいで説明できてしまいます。ですので、ちょっとした注意点だけ付け加えておきます。


1.講師を選ぶ

登録されている講師は、フィリピン在住の方を中心に、フランスなどの欧米諸国、リトアニアの方も多いようです。サイト上にリストがあるのですが、<人気順>で並んでいたりするのは分かりやすい。


130701dmm_type.jpg


詳細をチェックすると、趣味などのプロフィールが紹介されていて、親近感も湧いてきます。レッスンに求めるレベルによって、講師をソートできるのも使いやすいと思います。


2.講師を予約する

お願いしたいと思う講師がいれば、カレンダーをチェックして、空いている時間をクリックするだけ。


130701dmm_teacher_res.jpg


これは個人的な印象ですが、翌日くらいの予定でも、自分の思う時間帯で予約がとれます。また、受講時間の1時間前であれば当日のキャンセルも可能で、同日中の再度予約が可能です。


3.レッスンを受ける

受講時間の5分前に、スカイプを立ち上げる。それだけです。最初のレッスンの時、何を話せばいいのか分からずまごついたんですが、サイト上には便利な教材が用意されていて。


130701dmm_first.jpg


後で気づいたのですが、上記の「自己紹介シート」はビギナーにとっては心強いテキスト。その他、レベルに応じた教材をダウンロードできるのは、気が利いているなあという印象です。


4.フォローもしてもらえる

DMM英会話には、「レッスンノート」という機能もあります。25分のレッスンが終わったあと、振り返って気づく疑問点があったとき、講師がフォローしてくれるのは、とてもいいサービスだと思いました。


130705dmm01.jpg


また、Skypeならではのメリットも感じます。というのも、英語で何かを伝えようというとき、会話だとうまく言葉が出てこないことって、よくあると思います。そんなとき、テキストメッセージであれば、疑問に思ったことをちゃんと伝えられることがあります。もちろん、知らない単語を教えてもらうときにも、スペリングも分かるので都合がいいわけです。


ポイントまとめ:当てはまるなら、DMM英会話を選択肢に


ここまで説明が長くなってしまったので、使ってみて気に入ったポイントと、これから気になるであろうことをまとめておきます。


  • 1日1回25分は、長く続けるのにちょうどいい時間設定
  • 朝8時から夜0時30まで時間を選べる。毎日違う時間帯を指定できる
  • 講師は毎回選べる。気が合わなければ、次回から別の講師を選べばいい
  • 講師陣の育成には力を入れているらしい。少なくとも個人的に不満は感じなかった
  • 自分の求めるレベルに応じて講師を選べる。それこそ初心者から、ビジネス英語まで
  • 講師は多国籍。英語だけでなく、フランス語なども学べる
  • 講師は多趣味。話題に事欠かないので、会話のネタを探す気遣いも少なくて済む
  • 掘り下げたい内容に応じて講師を選べる。医学関連の翻訳者などもいるので、専門的な知識を頼ることもできる
  • 繋がりにくい、ということが少なかった。通信環境も整備されているよう
  • 1日25分の1レッスンで物足りなくなったら、1日2〜3レッスンのコースもある


個人的なおすすめ:続かなくてもいい、くらいの気持ちで始めてみる


最後に、もうひとつ。オーストラリアの研究者チームが発表した「意志の力は、時間をかければ鍛えられる」という研究結果を紹介した記事からの引用です。


意志の力を鍛えるのには時間がかかる(中略)その点、Leo Babauta氏は実にうまい方法で(毎日使ったほうがいいデンタル)フロスを習慣化しました。「1カ所にだけフロスを使うところから、習慣づくりを始めるのです。とても簡単ですから、『大変だ』とか『時間がない』などの言い訳ができなくなります。


言い換えると、「はじめから高度で難しい手段をとろうとすると、高すぎる理想に押しつぶされて失敗する」ということかもしれません。

物事をスタートするときには、失敗したとしてもリスクをさほど感じずに済む規模で始める。英会話でいえば、いろいろ選択肢があるのは当然です。なので、とりあえず一度無料レッスンを受けてみる、そしてさらに、もうちょっと知りたければ初月980円で始めてみる。それくらいの気軽さでスタートしてみるのをおすすめしますよ。


1レッスン無料体験|DMM英会話
初めての方へ|DMM英会話


(年吉聡太)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.