• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  08:00 PM

あなたはどっち? 2タイプの「やる気」を理解して本当に好きな仕事を見つけよう

あなたはどっち? 2タイプの「やる気」を理解して本当に好きな仕事を見つけよう

あなたはどっち? 2タイプの「やる気」を理解して本当に好きな仕事を見つけよう


残りの人生を何をして過ごしたいかを考えても、そう簡単に答えが見つかるものではありません。特に、本当に好きな仕事を見つけるというのは至難の業です。

本当にやる気がおきる仕事なのかを考える

スキルや情熱にばかり目がいきがちですが、「やる気」はとても重要です。

クリエイティブ系メディア「Creativity Post」でHeidi Grant Halvorson博士がやる気には2つのタイプがあると言っています。「推進焦点(promotion focus)」と「予防焦点(prevention focus)」です。


推進焦点タイプの人は、報酬や達成が得られる機会として目標を考えています。クリエイティブなアイデアを考えたり、サクサクと仕事をこなしたり、リスクを取ったり、抽象的に考えたりすることが得意ですが、ミスや間違いが多いです。

予防焦点タイプの人は、安全に注力し責任を果たすために、一生懸命働き続けます。物事を分析したり、細かいところに気が付いたりすることが得意ですが、仕事のペースが遅く、変化を好まないことが多いです。

自分がどっちのタイプかを考えると、満足感があり継続できる仕事が見つけやすいでしょう。


推進焦点タイプの人は前進や成長が望める仕事を探しましょう。製品やサービスが日々成長している産業の、変化や進歩が不可欠な職種がおすすめ。スポーツに例えるなら、大胆で、スピードがあり、既存の枠組みには囚われない考え方をするオフェンス型の仕事です。

予防焦点タイプの人は、安定や安心が望める仕事を探しましょう。きっと運営・運用をしたり、複雑なものをコントロールしたりするのが得意なはず。弁護士やデータ管理など、物事に徹していることや、細かいところまで行き届いていることが評価されるものがいいかもしれません。はるか遠くにある脅威を見つけたり、自社やクライアントを損害から守ったりする、スポーツに例えるならディフェンス型の仕事です。


自分が得意なことがよく分からないという場合は、無料のオンラインチェックもあります。英語ですが、興味深いのでぜひ一度試してみてください。



The Key to Choosing The Right Career for You
| The Creativity Post

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)
Photo by alphaspirit (Shutterstock).

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.