• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄  - ,,,  07:30 AM

鞄好きなら気に入るはずです。ガジェットもゆったり入る兵庫県発の「豊岡鞄」

鞄好きなら気に入るはずです。ガジェットもゆったり入る兵庫県発の「豊岡鞄」

豊岡鞄


皆さん、毎日持ち歩く鞄は、どのようなものをお使いですか?

私は、持ち物の量やその日の気分で、鞄を使い分けています。最近は、兵庫県の豊岡市で作られた『豊岡鞄』がお気に入りでスタメン入りしています。豊岡の鞄作りは長い歴史があり、熟練の技が比類ない質感を持った鞄を造り上げています

私が使っているのはトートバック。ガジェットの持ち運びにも重宝しているのでご紹介したいと思います。


改めてになりますが、豊岡鞄とは兵庫県豊岡市で作られる鞄です。

最近は、国産鞄を見ることが少なくなりましたが、豊岡市で作られた鞄は「豊岡産」「豊岡製」などと呼ばれています。この中でも豊岡鞄と言えるのは、「兵庫県鞄工業組合が定める基準を満たす企業で生産され、審査に合格した鞄のみ」というほどに厳格です。


130616_snap01.jpg


私が気に入って使っているのは、アトリエ NUUの『snap』です。これも豊岡鞄として認定されています。

この鞄は、ベーシックなデザインのトートバックですが、鞄の底面にスナップボタンが付いています。これを留めるとマチありの鞄に変わるので、かさばる物を運ぶ場合など、持ち物に合わせて使い分けることができます。私は、普段は留めずに使って、かさばる書類を大量に持ち運ぶ時などは、マチありで使っています。


130616_snap02.jpg


サイズは、400mm(H)×370mm(W)×40mm(D)なので、私が愛用しているMacBook Air 11インチやiPadなどは、周辺機器も含めて難なく持ち歩けます。

snapの本体は、表面にワックス加工をした9号の帆布が、持ち手やタグはヌメ革が使われています。どちらも使い込むほど馴染み味わい深くなるので、経年変化も楽しめる鞄です。価格は9240円。

アトリエ NUUもある豊岡市の街には「カバンストリート」があり、この通りにはカバンの自販機まであります。鞄好きであれば、一度訪れて、お土産に購入してみるのも良いかもしれません。また、アトリエNUUもそうですが、ショップに工房が併設されているお店があります。ここでは、普段見ることができない鞄作りの現場を間近で見てから購入できるので、鞄好きな方でなくとも貴重な体験ができます。

豊岡鞄に、興味を持たれた方は、通販で済ませるのではなく、夏休みの旅行として、カバンストリートに足を運んで、お気に入りの鞄を買って帰るなんて、いかがでしょうか。


アトリエNUU

(傍島康雄)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.