• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,  07:00 AM

使っていないUSBドライブがマルチOS起動ディスクに早変わりする『RMPrepUSB』


Windows:使用していないUSBドライブやSDカードがあるなら、『RMPrepUSB』を使って、PCトラブルシューティングツールとして活用したり、ディスクを作成することなく新しいOSをインストールしたりすることができます。

このツールを使ってストレージデバイスをフォーマットし、パーティション分けを行い、ISOまたはその他のディスクイメージを入れたなら、必要な時にいつでもマルチブートが可能に。


RMPrepUSBは無料で使え、PCに一度インストールしてしまえばUSBドライブ、ハードドライブ、SDカードなど、ほぼどんな外部ストレージでもISOの読み込み、またはドライブ上にパーティションがインストールされ、ブート可能なメディアにとして使用することができます。

ドライブイメージと合わせて使うこともでき、トラブルが発生した場合にPCのバックアップイメージを起動またはインストールすることも可能。このアプリはかなり多機能となっていて、詳細はこちらで確認できます

このツールは「grub3dos」および「easy2boot」に対応しているので、Linux ISOやWindows ISOを読み込んだり、USBドライブにLinuxをインストールしたり、Windowsのパーティションをカスタマイズし、ドライブをPCに差し込んで内蔵ドライブのように直接起動させたりすることもできます。

RMPrepUSBは起動可能なメディアとしてUSBドライブの設定を行い、パーティションを作成しますが、起動させたいOSおよびドライブパーティションを読み込みたいイメージが別に存在している必要があります。作業は簡単になりますが、全てを行ってくれるわけではありません。このアプリでできることの実例を知りたい方は「easy2boot」を使ってWindowsパーティションを追加する方法や、アプリを使ってトラブルシュート用のUltimate Boot CDのUSBバージョンを作成する方法などが紹介されているアプリのビデオチュートリアルをチェックしてみてください。


RMPrepUSB

Alan Henry (原文/訳:まいるす・ゑびす)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.