• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,,  10:00 AM

サービス終了寸前! ニーズで選ぶ7つのGoogleリーダー代替候補

サービス終了寸前! ニーズで選ぶ7つのGoogleリーダー代替候補

サービス終了寸前! ニーズで選ぶ7つのGoogleリーダー代替候補


Googleは2013年7月1日でGoogleリーダーを終了します。これまでのユーザーは、代わりとなるニュースリーダーを探さなければなりません。そこで、おすすめのリーダーとGoogleリーダーからフィードを引越しする方法を紹介します。


Googleリーダーのデータをエクスポートする


ステップ1:Googleリーダーのデータをエクスポートする


何よりも先にGoogleリーダーの購読先をすべてセーブしておきましょう。Googleによれば、リーダーの終了後はこの作業ができなくなるそうです。やるなら今しかありません!


  1. Googleデータエクスポート」でリーダーのページを開き、「アーカイブを作成」ボタンをクリックします。これで、すべてのフィード、フォロー中の人物、スター付きアイテム、その他を含むファイルが作成されます。(フィード購読先以外は他のサイトに移行できないものばかりですが)
  2. ファイル作成が完了したら、「ダウンロード」をクリックして、購読先を入手します
  3. ダウンロードしたZIPファイル内の「リーダー」というフォルダに、「subscriptions.xml」というファイルがあるので、デスクトップに解凍します。これが、フィード購読先の一覧です。


新しいRSSリーダーを物色する間、このファイルは安全な場所に保管しておきましょう。もしかしたら、何回も使うかもしれませんからね。


新しいRSSリーダーを探す


1.アプリ好きには「Feedly」

アプリ好きには「Feedly」


Feedly(iOS/Android/Web)は、Googleリーダーの後継として人気のアプリケーションです。インターフェースが素晴らしく、Googleリーダーとまったく同じように操作できるのが特徴です。

新聞風ビューから画像中心ビューまで、表示方法もたくさん用意されています。Googleリーダー終了のアナウンスがあってから、ReederやgReaderなどとの新しい同期サービス、ブラウザ拡張機能が不要のWebアプリ、使い勝手のよいキーボードショートカットなど、ものすごい数の新機能が発表されています。利用者数が多く、たくさんのアプリと同期が取れるサービスを探しているなら、Feedlyが最適です。


2.デスクトップリーダーが好きなら「NewsBlur」

デスクトップリーダーが好きなら「NewsBlur」


NewsBlur(iOS/Android/Web)は、外見も使い心地も、まるでデスクトップソフトウェアのようなWebベースのリーダーです。元サイトで記事を読むことはもちろん、読みたい記事をハイライトしておくためのカテゴリーやタグの作成、さらにはお気に入りの記事を人に紹介できる「Blurblog」の作成などが可能です。64サイトまでのフィード登録は無料。年間24USドル(2013年6月30日現在)のプレミアムアカウントを入手すると、登録できるサイトが無制限になり、アップデート回数も増えます。無料サービスはGoogleリーダーのように消滅してしまうのでは? と不安に思うあなたは、少しのお金と引き換えに、NewsBlurというセキュリティを手にするのもいいかもしれません。


3.ソーシャルなあなたには「The Old Reader」

ソーシャルなあなたには「The Old Reader」


The Old Reader(Web)は、Googleリーダーがソーシャル機能を終了したときに立ち上げられました。その目的は、かつてのGoogleリーダーのように、シンプルなWebベースのRSSリーダーでありながら、充実の共有機能を持つリーダーになること。インターフェースはとても馴染みのある外見で、Googleリーダー絶対主義のあなた、特にGoogle+以前のGoogleリーダーを愛してやまないあなたには、The Old Readerが最適です。


4.皆に読まれているものを知りたい人には「Digg Reader」

皆に読まれているものを知りたい人には「Digg Reader」


Digg Reader(Web/Android)は、ソーシャルニュースサイトDiggが開発した非常に期待の高いRSSリーダーです。

Feedlyのように、おなじみのGoogleリーダーのインターフェースを採用し、いくつかの新機能を追加しています。Instapaper共有機能、Digg統合機能(当然ですね)、フィードの中から今話題の記事を示してくれる「Popular」フィルター機能などがあります。まだまだリリースしたばかりとはいうものの、非常に堅実な様子がうかがえます。


5.最小限の機能で十分なら「Newsvibe」

最小限の機能で十分なら「Newsvibe」


Newsvibe(Web)は、多機能RSSリーダーにはうんざりというあなたにピッタリです。ただ好きなサイトを読めるだけでいいので、ソーシャルとかアプリ統合とかには興味ありません。そんなあなたには、手軽で速くて無料なNewsvibeがおすすめです。


6.ビジュアル重視なら「Pulse」

ビジュアル重視なら「Pulse」


Pulse(iOS/Android/Web)は、ほかとはアプローチが違うRSSリーダーです。Googleリーダーの真似をするでも従来のRSSの枠に収まるでもなく、画像中心のフィードを示し、あなたが好きそうな記事をおすすめしてくれます。ビジュアル重視のあなたは、「Pulse」を選ぶといいでしょう。


7.DIYなあなたには「Tiny Tiny RSS」

DIYなあなたには「Tiny Tiny RSS」


Tiny Tiny RSS(Android/Web)は、これまで紹介したものとはひと味違います。サービスにサインアップしてフィードの同期を依存するのではなく、自前のWebサーバまたはホスティングサービスにTiny Tiny RSSをインストールして使います。

これにより、自在に使える独自の同期型RSSリーダーを持つことができるので、企業の懐事情で突然サービス終了になる心配も不要です。設定には多少の作業が必要ですが、それさえ済ませてしまえば大丈夫。Androidアプリがあるのもおすすめです。Googleリーダー終了の悲劇を2度と味わいたくないあなたは、Tiny Tiny RSSでハッピーになれるはずです。


その他

ここであげた7つ以外にも、いいサービスはたくさんあります。iGoogleファンには「NetVibes」がおすすめです。流し読みがしたければ「Skimr」がいいでしょう。好き嫌いの多いあなたは、コンテンツをフィルタリングしてくれる「Curata」をお試しください。AOLからは、スタイリッシュなRSSリーダーがリリースされています。デスクトップユーザーには、「FeedDemon」、「Reeder」、「Outlook」もおすすめです。RSSリーダーではなく、TwitterやGoogle+を使ってお気に入りサイトをフォローするのもひとつの手です。

どんなニーズであれ、あなたのお気に入りのものがきっと見つかるはずです。


Googleリーダーのフィードをインポートする


Googleリーダーのフィードをインポートする


お気に入りのリーダーを見つけたら、さっそくアカウントを取得してフィードをインポートしましょう。その方法は、サービスによって異なります。中には、Feedlyのように、Googleアカウントを使用して購読先を転送できるものもあります。でも、多くの場合は次のような作業が必要になるでしょう。

  1. 新しいリーダーを開いて、設定画面に進む
  2. インポートのオプションを見つける。リーダーごとに場所は異なりますが、「OPML」ファイルを使用してフィードをインポートするオプションがどこかにあるはずです。OPML形式は、上記の手順でGoogleリーダーからダウンロードした購読先リストの形式です
  3. インポートをクリックして、Googleデータエクスポートでダウンロードした「subscriptions.xml」を選択する。これで、新しいリーダーにすべてのフィードが表示されます

何日か使ってみて気に入らなければ、また別のリーダーを試してみましょう。「subscriptions.xml」ファイルさえ安全な場所に保管しておけば、Googleリーダーの終了後も、何度でも新しいリーダーを試すことができます

Googleリーダーの終了まであとわずか。さあ、あなたはどのリーダーを選びますか?


Whitson Gordon(原文/訳:堀込泰三)
Title image remixed from MARSIL (Shutterstock) and sspopov (Shutterstock).

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.