• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

shino  - ,  09:00 PM

ナイキの世界が拡がっている...。Nike Acceleratorデモデ-で見つけた注目のスタートアップ3

ナイキの世界が拡がっている...。Nike Acceleratorデモデ-で見つけた注目のスタートアップ3

130619nike_accelerator_01.jpg


Geekwire:Nike Acceleratorのデモデーがポートランド(オレゴン州のナイキ本社所在地)郊外にあるナイキ・キャンパスで行われました。

700人以上の投資家や支援者、業界のトップ、ナイキの役員や関係者らがホールに詰めかける中、選ばれたスタートアップ企業10社の代表達がプレゼンしたのは、進化したナイキの運動工学技術を駆使した自社の商品企画。彼らは3カ月前からローズシティーに入り準備をしており、そのかいあって当日のデモンストレーションは非常に印象的なものとなり、多くが既に資金の調達を達成しています。

本記事では、私が個人的に良い印象を抱いたプレゼンについて、選んだ理由も添えていくつか紹介したいと思います。



スタートアッププロジェクト、ベスト3


1.GeoPalz

130619nike_accelerator_02.jpg


子どもを持つ親3名が2010年、コロラド州ボルダーで立ち上げたサービス。子どもの活動をスピードメーターで追跡し、ポイント換算してそれをギフトに交換できるプラットフォームを作りました。利用する親たちは子供の成長を辿ることができ、現在どこで子供が運動してるのかもわかるようになっています。また獲得したポイントを使うことで、ロックを掛けていない安全なウェブサイトのみを子どもに見せられるように、サイト閲覧時間を設定する機能もあります。

このサービスはBluetoothを使用しており、低電力で、かつスマートフォンと同期して使える製品「iBitz family activity monitors」として今年の初頭にすでに発表されていました。子ども用のゲーム周辺機器として利用でき、彼らの運動を促進する商品となっています。


気に入った点:今回のプログラムに参加した10社の中からもし実際に投資するとしたら、私は絶対にGeoPalzにします。ここはすでに100万個売れた製品があるため豊富な資金があり、尚且つCrocs社の靴用アクセサリーで1000万ドル売り上げたりと、様々な事業の立ち上げに成功しています。

共同創立者のリッチ・シュメルツァー氏はプレゼン冒頭において、「子供たちが好きなゲームによって日常的に増々活発に運動する世界を想像してみてください」と伝えていましたが大変納得させられるものでした。

またプレゼンの中でシュメルツァー氏はこんな大発表もしています。それは、GeoPalzはディズニーのClub Penguinのゲームフランチャイズ事業をディズニー社と共同で行うことになったこと、そしてこの秋にもTargetやBest Buyにおいて商品を展開する計画もあるというものでした。

昨今の子供はゲーム機から離れられないように見受けられます。GeoPalzが提供するプラットフォームは、子供が実際に動くことでポイントを稼いでご褒美をもらい、運動しつつパソコンを見る時間を与えてもらえるという、まさにwin-winのシナリオを持つ画期的なアイディアとなっています。


2.GoRecess

130620nike02.jpg


フィットネスクラスは日々のエクササイズを楽しく快適にしてくれますが、ネットで場所を探し当てるのはひと苦労で、しかも人気のあるクラスはすぐに埋まってしまいます。 

GoRecessはNike+ Acceleratorのスタートアップ企業10社の中でもひと足先に1年前からサービスを始めていました。これはOpenTableExpediaといったサイトでレストランやフライト等の情報検索ができるように、フィットネスクラスを検索できるようにしたものです。共同創立者のミーガン・スミス氏は、参加したいフィットネスクラスがスケジュールとなかなか合わず苦労した自身の経験によりこのアイデアを思いつきました。

「OpenTableで簡単にレストラン検索をして予約ができたり、KayakやExpediaでフライトが簡単に見つかるのだから、フィットネス業界にだって通用するのではないか」とスミス氏は言っています。


気に入った点:スミス氏のプレゼンの良かった点は、シンプルかつ課題が理解しやすいところでした。アメリカにおけるフィットネス専門店の市場は巨大で、実に10万件以上のスタジオと240億ドルのマーケット規模をもっているのだそうです。しかし都合のいい時間にクラスが見つからないといった問題も多々あります。

GoRecess は簡単な仕組みではありますが需要は十分にあると思えます。「簡単・社会的・使える」というキャッチコピーのもと制作されたプロモーションビデオではフィットネスクラブの施設側と顧客側の両方に取材をして、なぜ彼らがこのサービスを利用するのかが語られていました。

GoRecessで印象的なのは、収益計画が手堅いことです。フィットネススタジオの空席を埋めることへの手数料の他、ウェブでクラスの特集記事を掲載したり、広告やブランディングで販促をして収益に繋げていきます。


3.CoachBase


130620nike03.jpg


様々な競技において、コーチらがパソコンやスマートフォン、タブレットを使って、ゲーム戦略を練り図表を用いて勝ちの法則を作り出していくことを簡単にできるようにした、コーチングのためのプラットフォームです。20以上の競技のコーチたちが試合展開やその練習法をアニメーションなどを駆使して戦略を立てることができ、それを瞬時にチームメンバーにメールやソーシャルメディア、クラウドを使って共有できるのです。


気に入った点:CoachBaseは説明しながらその場でシステムを実際に動作させ、視覚的にも素晴らしいプレゼンをしていました。創業者のキース・ラムジャン氏は「1億3500万人の子供たちがスポーツをし、彼らにはコーチがいます」と、大きな市場の可能性を示し、「こうしたコーチたちが使うツールや支援するスタッフが少ないことがこれまで問題でした」と伝えています。

デモでは、試合展開を描いて、それをクラウドにドラッグ&ドロップし選手たちに送るという巧みな作業動作を見せていました。

もうひとつCoachBaseが本当に素晴らしいと感じた点は、実際に彼らはリリース前の2カ月間で1000人以上のコーチに会いに行き、顧客のニーズをしっかり汲み取ってきたことです。

CoachBaseは現、在課金制アプリによって収益を得ていますが、ラムジャン氏は今後定期購読やトップコーチによる練習法や実践法のような新たなプレミアムコンテンツの配信から収益を上げられないかと模索をしています。

私が団体競技を昔やっていた頃、このようなコンテンツに出合っていたら、きっとはまっただろうと思います。素晴らしい進化が期待できそうなところがCoachBaseを気に入った理由です。


130619nike_accelerator_top.jpg


まとめ


ナイキは「人々がさらに活動的で健康的なライフスタイルで暮らすことに良い刺激を与え手助けとなるような仕掛けを作る」ことがAcceleratorの目標だとしています。今回のスタートアップ企業はナイキの技術的資源と指導者に支えられ、Nike+ FuelBandやNike+ Running NikeFuelを使ったプログラムに集中して取り組んできました。TechStarsのマネージング・ディレクター、ディラン・ボイド氏によると、この3カ月間の選考期間中8000組以上の応募があったとされ、それが最終的に10社に絞り込まれたのだそうです。

この企画のコンセプトは、Tech StarsがKinectやWindows Azureなどのテクノロジー周辺のインキュベータープログラムに特化してきたMicrosoftとの間において、パートナー契約を結んだ案件と類似しています。MicrosoftとNikeの間では、両社とも直接的な株の持ち合いはせず、また今回のスタートアップ企業10社の商品の知的財産所有権も持たないとされています。しかしTechStarsは6%の株式保有率で会社経営に参加し、スタートアップ企業は初期投資費用として各自2万ドルを受け取ります。

前述したように各社それぞれに可能性を秘めているため、その中からお気に入りを決めるのは大変難しいことでした。また私個人がスポーツ愛好家として彼らのビジネスを多少楽観的に見ていることがあるかもしれないのは認めます。しかしスポーツとテクノロジーを連関させるこうした取り組みは、たとえばティム・クック氏がNikeFuelのデバイスを称えているように、まさに始まったばかりなのです。

次回6月20日に行われる第2回Nike Accelerator デモデーに向けて、全10社がベイエリアに移動する中、6社は今後もポートランド近郊で活動していく予定とのことです。


The Most Valuable Pitches (MVPs) from Nike Accelerator Demo Day|GeekWire

Taylor Soper(訳:椎野陽菜)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.