• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

松尾仁  - ,,,,  10:00 PM

マイクロソフト、クラウドでLIGの悩みを解決する:ウェブ制作のためのサーバー選び

Sponsored

マイクロソフト、クラウドでLIGの悩みを解決する:ウェブ制作のためのサーバー選び

マイクロソフト、クラウドでLIGの悩みを解決する


「ウェブ制作に携わる人たちに、うちのクラウドサーバー・Windows Azureの良さを伝えたい!」Microsoftのエバンジェリスト・武田正樹さんの切実な声を聞いたとき、真っ先に思いついたのがLIGでした。「武田さん、ウェブ制作会社といえばLIG、じゃないですか?」


社長を砂浜に埋めることで一気に名を上げたLIG。「社長 砂浜」で検索すると実に多くの記事がヒットする

社長を砂浜に埋めることで一気に名を上げたLIG。「社長 砂浜」で検索すると実に多くの記事がヒットする


それから数日後。武田さんが実際に訪れた台東区入谷のLIGオフィスでの1時間を、本記事では紹介します。

クラウドサーバーへの移行を考えているウェブ担当者も、この記事を読んでくれているかもしれません。以下、武田さんのプレゼンに、LIGの二人とともに耳を傾けてみてください。検討に足る内容ですよ(本記事はステマではない、れっきとしたPR記事です)。


Microsoftのテクニカルエバンジェリスト武田正樹さんと、同社でオーディエンスマーケティングマネージャーを務める松近美奈さん

Microsoftのテクニカルエバンジェリスト武田正樹さんと、同社でオーディエンスマーケティングマネージャーを務める松近美奈さん


LIGに到着すると、代表取締役社長の岩上貴洋さんと、最高技術責任者の高遠和也さんが迎えてくれました。


高遠さん(通称づやさん・写真右)は、普段表には出ないがLIGのテック部門を支える屋台骨だ

高遠さん(通称づやさん・写真右)は、普段表には出ないがLIGのテック部門を支える屋台骨だ


Windows以外のOSでも動く


武田正樹さん(以下、武田さん):まずお伝えしたいのは、Windows Server以外のOSも選べるということです。「Windows Azure」という名前から、選べるOSはWindows Serverだけと思われがちですが、実はそうではないんですよ。ホストOSはWindows Serverですが、ゲストOSとしてはLinuxも選べるのでWindows以外のユーザーも使用できるんです。おそらく御社はLinuxを使われているかなと思ったので...。

高遠和也さん(以下、高遠さん):そうなんですか!? てっきり、Windows Serverしか選べないのかと思っていました。

武田さん:また、「Windows Azure」はパブリッククラウドプラットフォームなので、世界中に巨大なデータセンターを持っています。アメリカ、ヨーロッパを始め、アジアでは現在、香港とシンガポールにあります。今年5月、マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマーが来日したときには「日本にもWindows Azureの2つのデータセンターを作る予定だ」と発表しました。大切なデータを預かるため、物理障害によってデータを消失させない仕組みにこだわっていて、データセンター内で三重に冗長化し、データセンター間でも冗長化可能なアーキテクチャを採用しています。保険みたいなものですね。

岩上貴洋さん(以下、岩上さん):なるほど。制作サイドが何らかのアクションをとることなく、バックアップを取ってくれているってことですね。


記事はまだまだ続く

Windows Azureサイトより、サーバー群。1カ月の無料評価版もあるので、とりあえず触りたいという方はこちらから。記事はまだまだ続く


高遠さん:作業イメージを固めておくこともできるんですか?

武田さん:できますね。仮想マシンで作業している状態をキャプチャして、それをテンプレートとして使い回すこともできますよ。御社では、ウェブ制作をする際にWordPressを使うことが多いですか?

岩上さん:時期にもよりますが、WordPressが7割、スクラッチ(独自システムをイチから開発)が3割ぐらいです。


サーバー料金も大事な判断材料です


松近美奈さん(以下、松近さん):WordPressをお使いなら、Windows Azureは選択肢として充分検討いただけますよ(参考・初心者でも30分でできる ビジネスで使える!WordPressでWebサイト)。LIGさんが仕事をするうえでサーバーを決めるポイントって何ですか?

岩上さん:制作側でサーバーを選べる場合は、基本的に規模と予算で考えています。お客さまは、やっぱり予算を気にされる方が多いですから。

武田さん:なるほど。では、料金のことを伝えておいた方がいいですかね。いつもは、だいたいどれぐらいの規模のシステムを構築していますか?

高遠さん:そうですね、じゃあ仮に、Linuxでサーバーは1台、CPUが2コア、メモリーが3.5GB、ストレージが100GBもあればいいですかね。これだと、いくらぐらいですか?

武田さん:WordPressでウェブ制作する環境ですね。それでしたら...


  • Linux仮想マシン(M) 7175円
  • ストレージ(100GB) 581円
  • ストレージトランザクション(100M回) 830円
  • データ転送量(50GB)710円

合計 9296円(1カ月)


武田さん:格安サービスを提供するような会社と比べるとどうか、ちょっと不安なんですが、いかがですか?

高遠さん:あっ、これぐらいの金額で使えるんですね。正直、もっと高くなるのかと思っていました。巨大なサーバーを持っているから費用が安いってことなんですね。この金額ならプロジェクトによっては十分検討できそう。


この瞬間、武田さんはとても嬉しそうな表情に。

この瞬間、武田さんはとても嬉しそうな表情に。料金体系はこちらで調べることができます


武田さん:良かった! とはいえWordPressでウェブ制作をするぐらいの規模だと、他社と比べて極端にコストを下げられるかというと、そうでもないんですよね。今後、新しくやってみたいプロジェクトや、いまお仕事をするうえで抱えている課題ってありませんか?


ウェブの表現に挑戦するLIG。支えるWindows Azure


岩上さん:これからは双方向通信の企画を増やしていきたいんですよね。たとえばイベント会場に大きなスクリーンを用意しておいて、リアルタイムに情報を反映する。さらにその情報が文字だけじゃなくて映像まで使えるといいなと思っていて。


岩上さんの両手が示しているのはろくろではなく、「双方向」だ<

岩上さんの両手が示しているのはろくろではなく、「双方向」だ


武田さん:大量トラフィックへの対応と、映像情報をスムーズに展開するメディアシステムが重要な企画ですね。WordPressでの制作よりも、それぐらいの大きな規模のプロジェクトの方がWindows Azureの強みを感じてもらえると思います。

武田さん:たとえば昨年末に展開された「mixi Xmas 2012」(ミクシィ・クリスマス、mixi上でクリスマスシーズンに実施されているソーシャルキャンペーン企画。「ベルを鳴らす」アクションで「クリスマスプレゼント」に応募できたり、知り合いにクリスマスギフトを贈ったりすることができた)の基盤はWindows Azureでした。イベント開始から49時間で登録数100万人を達成。その後も、デイリーのアクティブ ユーザー数が110万人という好調を維持し続けたんですが、クリスマス当日の25日を迎えるまで、アクセス障害などのトラブルに襲われることもなく、無事閉幕を迎えることができました。


語り止まらぬ武田さん、熱心に聞き入る高遠さん。ちょっと眠そうな岩上さん

語り止まらぬ武田さん、熱心に聞き入る高遠さん。ちょっと眠そうな岩上さん


武田さん:また、メディアサービスによる動画配信もマイクロソフトが強みを発揮できる分野。ロンドンオリンピックの動画配信サイトでも「Windows Azure」が使われていました。

高遠さん:「mixi Xmas」の企画では、設定などはすべてmixiさんがやっていたんですか?

武田さん:マイクロソフトからの技術支援もありました。もちろん、御社の技術支援も相談可能だと思いますよ。

高遠さん:それは、ホントに嬉しいですね。正直なところ、これまでに経験したことのない仕事の規模になってくると読めない部分も出てくるんですよね。だから、例えば仮想マシンを何台並べておけば安全なのか、とうことから一緒にやっていただけると有り難いです。

武田さん:「Windows Azure」の強みは、Linuxなどオープンソースの良い機能を組み合わせてシステム構築することもできるし、マイクロソフトのテクノロジーで開発環境から運用まで一気通貫することで、大きなプロジェクトを低コストでスピーディーに成功させることもできること。例えばCDN設定もできるし、先ほど話していた動画のメディアサービスによる動画配信も一緒にできる。タイトな進行スケジュールの中では、そういうポイントも大切だと思います。


技術論議は終わらない。代表・岩上さん、もはや半落ちである

技術論議は終わらない。代表・岩上さん、もはや半落ちである


武田さん:他には、管理画面が見やすくて使いやすいことも魅力。例えば、予算の都合などで最終的な運営をクライアントさんに戻す場合にも、簡単に操作ができるので喜ばれると思いますよ。制作サイドにとって便利なのは、サーバーのスケールアップがワンタッチで簡単なことでしょうか。

高遠さん:それ、いいですね。以前、ある仕事でサーバーを増やそうと思ってクリックを連打していたら、100必要だったものが200まで上がってしまったことがあるんですよ(苦笑)。しかも消すのも一つずつしかできなくて。そういう状況のときって1分1秒でも惜しい状況だから、あれは、やきもきしましたね。


マイクロソフトのクラウド、だからできること


高遠さん:よく聞かれると思うんですけど、他社のクラウドサーバとの違いって何なんですか?

武田さん:私が一番大きな違いだと思っているのは、他社の多くはクラウドファーストだということ。すべてをクラウドに移行しようというポリシーですよね。もちろん、それが便利だと思う企業もあるんですけど、「既存のオンプレミス(自社運用)のシステムから徐々に移行したい」という企業や「一度はクラウドに移行したけど、やっぱりオンプレミスに戻したい」という声も多いんですよね。そのため、私たちとしては「クラウドとオンプレミスのハイブリッド」というスタイルを取り入れています。100%クラウドでもいいし、半分はクラウドで半分はオンプレミスにするとか、ニーズに併せたシステムを組むことで幅広いクライアントの意向に対応できるんです。


130614ms_lig08.jpg


武田さん:Windows Azureはオートスケールにも対応しています。これはサーバーの負荷に合わせてサーバー数を自動で増減してくれる機能。クラウドサービスは最初は手間がかかるけれど、長い目で見れば格段に作業量が減ります。その良さを、それぞれのクライアントさんのスピードに合わせて進めて行くのがMicrosoftのスタイルなんです。


まとめ


エバンジェリストのセッションは、このような流れで約1時間で終了。熱い技術トークを受けたばかりのLIGさんに感想を伺いました。

高遠さん:最初はLinuxだと使えないと思っていたので、正直なことを言うと、サーバー選びの選択肢として考えてなかったんですよね。値段も、思ったよりも安かった。でも、確かにWordPressの企画だと、ほかのサーバーとの違いは、そこまで出ないのかもしれないです。だから武田さんがおっしゃっていたように、僕たちがまだ経験したことのない大規模案件を一緒にできるといいんだろうなと思いました。実は、先ほどお話ししたみたいに規模が大きくなると読めない要素がでてくるので、断念したプロジェクトも過去にはあるんですよ。そういう企画のときに、エバンジェリストの方と相談しながら一緒に作っていけると安心感があります。

岩上さん:双方向通信をやりたいので、そこの部分で何かできるといいですね。正直なところ、サーバーのことまでは普段、僕は絡まないので、あまりよくわからないんですよね(笑)。でも、管理画面がきれいで使いやすそうだなと思いました。

武田さん:双方向通信の資料を持って、改めて伺いたいと思いましたね。LIGさんのホームページや過去の仕事をみて、企画重視のやんちゃな会社なのかなと思っていたんですけど、技術的にもしっかりされている。お話していて楽しかったです。双方向通信の企画で、いいビジネスに発展させていきたいです。


最後に、今回武田さんが用意していたWindows Azureのサマリーも参考に、どうぞ。


  1. ホストOSはWindows Serverだが、ゲストOSとしてLinuxも選べるのでWindowsOS以外のユーザーも使用できる。
  2. 三重のバックアップで、安全。
  3. サーバー費を安くできるため、全体料金が安価にできる。
  4. サーバーとデータのストレージが分かれているため、サーバーのスケールアップがワンタッチで簡単。
  5. CDN設定も一緒にできる。
  6. クラウドサービスを使うことで、サーバーのオートスケールができる。
  7. 管理画面がきれいで簡単なので、最終運営をクライアントが行う場合でも作業がしやすい。
  8. 莫大なサーバーを誇るので、短期間大量トラフィックにも対応可能。リアルタイム双方向通信に適している。
  9. MSのテクノロジーで、開発環境、サーバーへの展開、運営まで一気通貫してできる。一方で、オープンソースを使って、いいものを組み合わせるスタイルにも対応。
  10. クラウドとオンプレミスのハイブリッドスタイルが可能。クライアントニーズに合わせることができる。


また、Windows Azureについての詳細は、下記リンクよりご確認を。リンク先に用意されている1カ月の無料評価版では、1万7000円相当分の機能を無料で使用することができます。


初心者でも30分でできる ビジネスで使える!WordPressでWebサイト

(松尾仁)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.