• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

igarashi  -   10:00 PM

Macでよくおきる問題(とその解決策)〜後編

Macでよくおきる問題(とその解決策)〜後編

Macでよくおきる問題(とその解決策)〜後編


Macだって完璧ではありません。使っていると様々な問題にぶつかることがあります。「起動時にブルー画面またはグレー画面が表示される」「ビーチボールが回り続けて消えない」といったときの解決策を紹介した前編に続き、2つの問題とそのトラブルシュートをお届けします。


問題:カーネルパニック


カーネルパニック


大概アプリに1つに問題がある場合は前編でも紹介したビーチボールが出現します。それに対し、複数のプログラムやOSそのものに問題があったときに、カーネルパニック画面は表示されます。


その1:再起動をかけてみる

カーネルパニックは通常再起動を促してきます。素直に再起動をかけてみてOSが問題なく読み込まれたならば、そのまま通常通りの作業を行ってください。多くの場合、問題は自動的に修復されるので大事には至りません。

再起動をかけても問題が解決しないときは、もう少し調べてみる必要があります。


その2:ソフトウェアを全てアップデート

ソフトウェアを全てアップデート


カーネルパニックはソフトウェアの問題によっておこることが多いので、アップデートを実行することで回避してみましょう。画面左上のAppleマークをクリックし、「ソフトウェアアップデート」を実行してみてください。

起動途中でカーネルパニックが起こってしまいOSそのものが立ち上がらないという場合、セーフモードに切り替えましょう。再度電源を入れなおして、起動音がしたらAppleロゴが消えるまでShiftキーを押し続けましょう。ソフトウェアアップデートはセーフモードからも可能です。

また同様の問題に直面している人いるかどうかを開発者サイトで確認するのもよいでしょう。最新のアップデートやリリースがないかもチェックしてみてください。いつも同じアプリによってカーネルパニックが引き起こされている場合、アップデートが作られるまでは使用しないというのがベストな解決策でしょう。


その3:ログイン項目を検証

ログイン項目を検証


ソフトウェアアップデートは済んでいていたのであれば、起動時に自動で立ち上がるアプリのどれかが問題なのかもしれません。ログイン項目の整理を行ってみましょう。この作業もセーフモードから実行できます。

  1. システム環境設定を開く
  2. 「ユーザとグループ」から、該当するユーザIDを選択
  3. ログイン項目タブをクリック
  4. それぞれのアプリを選択し、「-」アイコンをクリックしてリストから削除
  5. 再起動をかけ、カーネルパニックなしで起動できるかどうかを確認。一つずつアプリをログイン項目に追加して、どれが問題なのかを追求


問題:ディスプレイが作動しない


ディスプレイが作動しない


画面が緑や黄色に変色し、パソコンがシャットダウンしてしまう、という現象が突然起こることがあります。再起動しようと試みるだめな場合、グラフィックカードが壊れているので交換しなくてはならない、と言う事例もあります。しかし、必ずしもそうとは限りません。問題がビデオカードなのかディスプレイなのかを見極めるために以下の手順を実行してみてください。


その1:PRAM/VAMおよびSMCをリセット

Macを起動し、Command+Option+P+Rを長押しします。パソコンが立ち上がるまで押し続けてください。これにより起動ディスク選択やスクリーン解像度、スピーカー音量などが保存されているPRAM/VRAMがリセットされます。ディスプレイの問題がこれで解決することがあります。

もう一つのオプションはSMC(システム管理コントローラ)をリセットすることです。これは電源からファンまでパソコン上の全ての操作を管理しています。Macごとに少しずつやり方が異なるので、AppleのオフィシャルSMCリセットページから自分のデバイスのモデルを検索してインストラクションに従ってみてください。SMCをリセットすると設定は工場出荷状態になるので、これによってディスプレイの問題が解決するかもしれません。


その2:セーフモードで起動

セーフモードで起動


グラフィックカードまたはディスプレイで何が起こっているのかを調べるために前述のセーフモードで起動して設定が正しいか確認してみましょう。

  1. パソコンを通常通りに再起動し、問題が解決していないかどうかを確認
  2. 解決しない場合、セーフモードで起動し、ソフトウェアアップデートを実行
  3. システム環境設定からディスプレイオプション選択。ディスプレイを選び、解像度および再読み込みレートが正しいことを確認


その3:Apple Hardware Testを実行

Apple Hardware Testを実行


ここでは「Apple Hardware Test」というあまり知られていないMacの機能を使います。その名の通り、ハードウェアに問題があるかどうかを検証するテストです。完璧ではありませんが、問題解決の手がかりとなることが多々あります。

  1. Macを再起動し、Apple Hardware Testが開始されるまでDキーを長押し
  2. 言語を選択し、「テスト」をクリック

これにより問題のあるハードウェアが表示されます。もしハードウェア上の問題だと判明した際は、Mac Repair Guide(英文)を見ながら自身で直すのも良し、あるいは専門店に修理に出してみても良いでしょう。

今回紹介したものが「全ての解決方法」とは言えませんが、運が良ければこれらの中にあなたのMacを復活させるの手順が書かれているかもしれません。ぜひ試してみてください。

また前編でも述べましたが、もしこのトラブルシュートで直らなかった場合は、無理をせずにAppleストアなどで専門家に聞くようにしてくださいね。


Thorin Klosowski(原文/訳:まいるす・ゑびす)
Photos by Paul Donway, mroach.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.