• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,  11:00 AM

新登場の『Google Keep』が優秀な同期型メモアプリである理由

新登場の『Google Keep』が優秀な同期型メモアプリである理由

130604-googlekeep.jpg


Google Keep』がローンチしたとき、賞賛の声は聞こえませんでした。みんな、Google KeepをEvernoteやMicrosoft OneNoteと比較していたのです。しかし、それは間違っています。今回は、Google Keepを正当に評価し、すぐれた特徴を見て行くとともに、正しい競合ツールを紹介します。

Googleリーダーの終了が伝えられてまもなく、Google Keepがローンチしました。「いつ終了するかわからないGoogleサービスなんて使うものか」と思った人も多いはず。とはいえ、Googleサービスのすべてが信頼できないわけではありません。それに、最高に素晴らしいサービスを使わない手はありません。



Google Keepとは?



ひとことで言えば、Google KeepはGoogleドライブと同期するメモアプリです。テキストメモだけでなく、写真メモや音声メモ、チェックリストも作成できます。以前にも紹介しましたね。また、ウェブインターフェースも備えているので、Googleドライブにアクセスできるどんなデバイスからでも利用可能です。

外出先ですばやくメモをとりたい人、軽くてシンプルなToDoアプリを探してる人、デスクトップとAndroid携帯で、買い物リストやチェックリスト、連絡先情報などを共有したい人にはぴったりです。Google Appsのアカウントもサポートするので、独自ドメインやビジネスアカウントでも利用できます。

インターフェースもカラフルで見やすく、個人用、仕事関係、家族関連など、メモの種類別に色分けすればとっても便利。Androidアプリに加え、ウェブインターフェース、Chromeアプリもあって、場所やデバイスを選びません。

つまり? Android携帯やGoogle Chromeのユーザーで、同期型メモアプリを探している人には、文句なしでGoogle Keepをオススメします。以下、Google Keepのすぐれた特徴を見ていきましょう。


Google Keepのすぐれた特徴


130604-googlekeep02.jpg


Google Keepは速い。Google Keepはとっても軽快。古いデバイスでもへっちゃらです。サポートするのはAndroid 4.0.3(Ice Cream Sandwich)以上ですが、古い機種でもOSさえアップデートしてあれば問題ありません。メモをとるには、Keepウィンドウのテキストボックスをタップ、あとはタイプするだけ。人から電話番号を聞いて、さっとメモしたい時なんかにぴったり。入力ボックスの下には、テキスト、写真、音声、チェックリスト、それぞれ専用のメモ作成ボタンを配置。また、ビューは統一されており、メモの種類によってビューを切り替える必要もありません。


Google Keepの音声メモは競合アプリより優れている。Google Keepに音声メモを追加するには、ボタンをタップして、マイクに向かってしゃべるだけ。音声からテキストに自動変換してくれます。オリジナルの音声も保存。以前紹介した『ReQall』(サービス終了)も優れた音声メモアプリでしたが、Google Keepはその上を行っています。車の運転中でも音声でメモが取れて便利です。実際、タイプより音声のほうが楽に入力できたりします。Googleは以前より音声からテキストに変換する技術を開発してきました。今回、そのノウハウがKeepに活かされています。


130604-googlekeep03.jpg


Googleドライブとの同期で、どこからでもメモが使える。Google KeepはGoogleドライブと密接に連携するので、すべてのメモは数秒以内にドライブに保存されます。Android携帯、ウェブ、どこからメモをとっても同じです。


Google Keepのウェブアプリは軽快、ミニマル、機能的。職場でデスクに向かえば、携帯はドックにつないで充電、あとの作業はPCで行いますよね。Google Keepなら、ToDoアプリやメモアプリを切り替える必要もありません。KeepのChromeアプリウェブインターフェースを使えば、Android携帯と同じようにサービスを利用できます。Google Keepは初めからAndroidとウェブの両方で使う前提で設計されています。スマホでは優秀なToDoアプリがデスクトップでは超使いにくいなんてこともザラですね。Keepなら大丈夫です。


検索とアーカイブでメモ管理を超シンプルに。KeepはGoogleの優れたセンスが凝縮したアプリです。用済みのメモも削除せず、そのままアーカイブすればOK。検索も簡単です。もちろん、メモの件名だけでなく、内容での検索が可能です。


Google Keepのホーム画面ウェジェットは素晴らしい。Google Keepのウェジェットをホーム画面に配置すれば、あっという間にメモがとれて、超絶便利です。


ただ、Google Keepも完璧ではありません。例えば、Androidアプリ以外では、音声メモが使えません。iOSにも未対応です。Googleドライブ以外のDropboxやBox.netとも連携しません。さらに、タグやカテゴリーも使えません。とはいえ、これほど軽快に動作して、完全に無料なメモアプリはちょっと見当たらないのも事実です。


Google Keepの競合とは?


130604-googlekeep04.jpg


Google Keepがローンチしたとき、EvernoteやMicrosoft OneNoteと比較されました。しかし、比較対象が間違っています。Googleだって、EvernoteやOneNote、Springpadのユーザーを奪おうとは思っていないはず。真の狙いは、Androidユーザーにデスクトップと同期するシンプルなメモ帳を提供することです。


Google KeepはEvernoteではない

米Lifehackerの元編集者Kevin PurdyもIT Worldのコラムで書いていましたが、私も同じ疑問を感じていました。「GoogleがやっとAndroidにメモ帳機能を追加したのに、どうしてみんな怒ってるんだい?」


Google KeepはEvernoteではありません。Googleのワークフローに統合するよう開発されたアプリなのです。iPhoneのメモアプリと同じく、携帯ですばやくメモがとれて、オンラインにバックアップ、ウェブからもアクセス可能なメモ帳として作られたはずです。新しいAndroid 4.2以上を使うか、ホーム画面にウェジェットを置けば、音声メモの録音、スナップ写真の保存、チェックリストの作成があっという間に可能となります。メモにはGoogleドライブ経由でアクセス可能で、ブラウザから閲覧、編集できますが、基本的にはAndroid携帯向けのツールと言えます。今後はAndroidの機能に組み込まれ、ゆっくり進化していくでしょう。


Google KeepをEvernoteと比べるのは、ドライバー(ねじ回し)をコードレスドリルと比べるようなもの。前者は、複数の用途にも使えるが限定的でシンプルなツールです。後者は、膨大な用途に使えるパワフルなツールです。コードレスドリルは使う前に充電が必要で、保管や取り扱いにも十分なケアが不可欠。一方、ドライバーは机の引き出しに入れっぱなしでOK、気軽に使えます。

Google KeepはAndroidとChromeのために設計されたシンプルなツールです。一方、Evernoteは多目的に設計され、使い込むほど便利になるツールです。両者はライバルではなく使い分けが可能なツールなのです。お互いに競合するものではありません。


130604-googlekeep05.jpg


Google Keepの競合相手はシンプルな同期型メモアプリ

どうしても他のツールと比べたいなら、シンプルで軽快な同期型メモアプリと比較すべきです。例えば、米LH編集部オススメのAndroid向けメモツールである『Flick Note』や、プレーンテキストを使ったメモサービス『Simplenote』などです。

Simplenote以外にも、『Fetchnotes』『Workflowy』『Colornote Notepad』なども、EvernoteやOne Noteよりはずっと比較対象として適しています。


最後にもう一度。同期型メモアプリでToDoリストや買い物リストを管理している人や、プレーンテキストでToDoリストを作っている人、そして、iOSではなくAndroidを使っている人には、Google Keepは試す価値があるツールです。そして、Google KeepはGoogleがドライブやAndroid、Chrome、さらにはChrome OSのために開発したアプリだということを押さえておきましょう。


Alan Henry(原文/訳:伊藤貴之)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.