• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  05:00 PM

「無音カメラ」の決定版! カメラアプリ『OneCam』はiPhone標準搭載にすべき

「無音カメラ」の決定版! カメラアプリ『OneCam』はiPhone標準搭載にすべき

130603tabroid01.jpg


iPhone:無音カメラの、いや、カメラアプリの中でも最高傑作だと思っています。

こちらの『OneCam』というアプリ、無音であるということも大きいんですが、それ以外にも発売以降からユーザーの意見を取り入れたアップデートを重ね、今やスマートフォンにピッタリな多機能カメラとなっています。『OneCam』がiPhoneの標準カメラになればいいのに...なんてことを思っちゃうほどよくできたカメラアプリです。

本当にたくさんの機能が盛りだくさんのアプリですが、いくつかかいつまんで説明して行きたいと思います。


写真に日時を刻む!


130605tabroid_onecam_1.jpg


右下の▲ボタンから設定パネルを開き、『日付と時間』という項目から『日付+時間』を選択してみます。この状態で撮影すると...


130605tabroid_onecam_2.jpg


おお! まるで現像したかのように写真右下に日付と時間が刻まれました!日付だけにすることも可能です。これがあるといつの写真かってのがわかりやすくて、振り返るのがすげー楽しくなります

 

写真をすぐにSNSにシェアする!


130605tabroid_onecam_3.jpg


撮影した写真をすぐにSNSにシェアすることもできます。これはもうまさにスマホ時代の肝です。やり方は簡単。撮影後、下から上にスライドするだけ。


130605tabroid_onecam_4.jpg

 
すると下からボタンがいくつかでてくるので、一番右の『Twitter』を選択。はい、これですぐつぶやき画面に移行できます。これは本当に便利。撮影→SNSへの投稿がこんなに手軽に。まさに「スマートフォン」です。

ただデフォルトではハッシュタグが勝手についちゃうので、これの外し方も紹介します。


130605tabroid_onecam_5.jpg


先ほどの▲ボタンを押して出てくるパネルから、『設定』ボタンを押します。ハッシュタグという項目があるので、ここを編集してやればOKです。

また、その下に『カメラ画面のジェスチャー』という項目があるのでここもついでに紹介。下から上へのスライド以外にも、左右と下方向へのスライドにも機能を割り当てることができます。


130605tabroid_onecam_6.jpg


例えば撮影後に右方向にスライドするだけで、Facebookへの投稿画面を呼び出すなんてこともできます。僕もよくこのカメラでササっと撮ってササッとTwitterなんかに投稿してますが、ほんと便利っす。

 

iPhone5標準カメラの致命的欠陥を補う

iPhone5のカメラには致命的な欠陥があります。


130605tabroid_onecam_7.jpg


こちらの写真を見て下さい。

左がiPhone5標準カメラの撮影前の画面をスクリーンショットしたもの。右が撮影後の写真です。
iPhoneは固定してあるので、iPhone5以前のカメラであればどちらも同じ写真になるはずです。

ところがよく見ると、撮影前と撮影後で写っている幅が微妙に違うことがわかると思います。このようにiPhone5のカメラは、撮影前には表示されていなかった部分が意図せずに入り込んでしまうという欠陥を抱えています。


130605tabroid_onecam_8.jpg


一方、OneCamで同じことをしても、前後の画像で違いはありません。些細ではありますが、この辺の気づかいもこのアプリならでは。


レビューの続き&DLはコチラ:TABROID)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.