• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,,,,  10:00 PM

ル・クルーゼを使って、会社で2週間まかないを作り続けて変わったこと、気づいたこと

Sponsored

ル・クルーゼを使って、会社で2週間まかないを作り続けて変わったこと、気づいたこと

130605lecreuset_makanai_1.jpg


まかないは「ただ、ご飯を食べるだけじゃない」って知りました。

これまでにもライフハッカーでは、ITベンチャー大企業の社員食堂の取材を通じて、食と仕事の関係を探ってきました。そこから見えたひとつの形が「良い社員食堂には良いつながりが生まれている」こと。社員同士はもちろんですが、社員と会社という関係においても同様です。

この形はどこの会社にも当てはまるものでしょうか? そこで、社員食堂は作れずとも、「まかない」くらいならできるだろうと、今度はライフハッカーが自ら2週間キッチンに立ってみることにしました。取材と実感から、会社における「食事」の役割をあらためて見直せるのではと考えたのです。


使った調理器具はこれだけ!


130605lecreuset_makanai_3.jpg


とはいえ、会社の給湯スペースには埋め込み式のIHコンロが1口あるのみ。ちゃんと料理ができるのか...と悩む私に、料理上手の友人が「煮物でも炊飯でもコレ1つで何でもおいしく作れていいんじゃない」と勧めてくれたのがル・クルーゼのお鍋ココット・ロンド調理時間が短く済んで、IHコンロとも相性がよくて、なにより見た目がきれいなのもポイントだとか。なるほど、仕事の合間に作るなら時間はかからない方がいいですし、書き味の良い万年筆と同じで、使っていて心地良い道具はそれだけで気分を上げてくれますね。

料理は下手の横好きレベルですが、よし、やるなら本気でやってみよう。最近発売になった新色マルセイユブルーのココット・ロンドをル・クルーゼ ジャポンにお借りして、2週間チャレンジしてみました。


その結果、みんながテーブルに集まってくるようになった


130605lecreuset_makanai_2.jpg


さて、いきなりですが、まずは結論から。まかないをやったことで、それまでお昼ごはんをおのおの好きな時間にとっていた人たちが、部署の垣根を越えて集まってきたのです。交流があまりなかった人同士がテーブルを囲んだり、食べながら仕事の相談をしたりといったコミュニケーションが日々生まれました。しかも、一度も料理を失敗することなく。つまり、まかないは大成功だったのです。

でも、なぜ成功できたのでしょう。その理由を、みんなから大好評だったレシピも交えつつ、以下にまとめてみます。


カラフルなお鍋は、置くだけで会話のタネになる


130605lecreuset_makanai_11.jpg


そっけない無骨な鍋ではなく、人目を引くカラフルなココット・ロンドだからこその良さもあると思います。毎回、料理はココット・ロンドをテーブルまで持っていって取り分けていたのですが、「色がステキ!」「前から欲しいと思ってたんだよね」「使ってみてどう?」と、主に女性社員たちが食いついてくれたのです。そのまま一緒に食卓を囲むことも数知れずでした。料理はもちろんのこと、会話のタネとしてココット・ロンドが働いてくれました。


料理が「勝手においしくできる」からハズレなし


130605lecreuset_makanai_6.jpg


手始めに「肉じゃが」を作ってみたら、固い根菜は短時間でやわらかくなったのに、溶けやすいじゃがいもはしっかり残っているという驚きがありました。「筑前煮」や「ポトフ」なども、味は染みているのに野菜が煮崩れず、毎回うれしい仕上がりになりました。

とはいえ、これは私の腕ではなく、お鍋の性能のおかげのようです。持ってみたことがある人ならわかると思いますが、ココット・ロンドの特徴は、本体もフタも分厚くずっしりと重いこと。でも、それこそが高い熱伝導性と保温性を生む、おいしさのヒミツなのだとか。鍋全体に熱が均一に伝わり、蒸発した水分が逃げていきにくいので、食材にムラなく火が入るのです。この効果は煮込み料理で特に発揮されます。


130605lecreuset_makanai_12.jpg


上の表はル・クルーゼがAISSY株式会社と協力し、「ごはん」の味を数値化した実験結果です。この実験では、唾液や舌などを人工的に作り出すことで味を分析し、数値化できるツールを用いました。数値に0.2以上の差があると、人の舌でも違いがわかるそうです。ココット・ロンドで炊いたごはんは、他より「甘味」と「旨味」をより感じられるといえるでしょう。

これはお米だけでなく、野菜やお肉も同様に働くはずです。下手の横好きの私がレシピ通りにやっていても、なんだかワンランクアップの味になるのはこのおかげ。ココット・ロンドの機能性によって、いつもより勝手においしくできてしまうというわけです。


「優しい味」のファンになってくれた


130605lecreuset_makanai_5.jpg

(3日目。切り分けるそばから肉汁が流れた「塩豚の蒸し煮」は男子に人気)


まかないを食べている時、よくもらった感想に「優しい味だね」というのがあります。おそらく、前述の効果のおかげで、素材の味が生きているからなのでしょう。


130605lecreuset_makanai_4.jpg

(6日目。野菜のおいしさが溶け出した「キャベツ丸ごとスープ」は安定のおいしさ)


実際、調味料を普段より少なくしても、しっかりとした味わいがありました。出来合いのお弁当などはどうしても濃い味つけになりがち。1日3食あるうち、ひとつでも調味料の少ないまかないに切り替えれば、全体的な塩分や糖分を減らせて、それだけ健康にもつながります。


130605lecreuset_makanai_7.jpg

(14日目。ニュージーランドではメジャーという「子羊のすね肉煮込み」は絶品)


そのうち、食事をすべてまかないに切り替えてくれた人もいました。その女性いわく「手料理って不思議といつもよりお腹が落ち着いてイイ」と言うのです。「一人暮らしをしてから、どうも食事が簡素で偏りがちだった気がする」という彼女にとっては、温かい料理を食卓に上げて、温かいまま食べるまかないの体験が、生活を見直すきっかけになったようです。


ライフハッカーの太鼓判「パソット」のレシピ


130605lecreuset_makanai_8b.jpg


まかないの中でも特に人気で、なおかつ30分程度でできるクイックレシピを紹介します。その名も「パソット」。耳慣れないなと思った方、実はこれ「パスタをリゾットのように調理する」から「パソット」という名前のアイデア料理。以前にライフハッカーの記事で紹介したのを思い出し、作ってみたところ大好評。パスタを別鍋で茹でる必要がないので、お鍋ひとつで作れてしまうお手軽さもポイントです。


「シーフード・パソット」のつくりかた(約30分)


130605lecreuset_makanai_9.jpg



  1. 玉ねぎ(小1個)、ニンニク(1かけ)をみじん切りにします。鍋にオリーブオイル(大さじ3杯)を入れ、パスタ(300グラム、今回はペンネを使用)を軽いきつね色になるまで中火で炒めます(10分)

  2. 玉ねぎ、ニンニクを加えます。玉ねぎが透き通るくらいまで火が入ったら、だし汁(顆粒粉末を使用)と白ワインをパスタがかぶるくらいまで注ぎます。だし汁とワインは9:1くらいの割合になるように(5分)

  3. 中火のまま、煮立ったら、生ホタテ・ボイルあさり(好みの量)を加えて、パスタがアルデンテになるまで煮ていく(10分)

  4. パスタが茹で上がったら火を止め、カニカマを飾り、フタを閉める。蒸気で温めてあげるようなイメージ。食卓に鍋ごと持っていき、お皿に盛っていただきます。お好みで黒こしょうやオリーブオイルを足してもおいしい(5分)


誰でもまかないはできるし、続けられる


130605lecreuset_makanai_12b.jpg


料理は趣味程度だった私たちが、2週間毎日異なるまかないを作り続けられたのには理由があります。簡単に言えば、「作ってみたくなるレシピがたくさんあったから」なのです。ル・クルーゼの公式コミュニティサイトにはココット・ロンドを使ったさまざまなレシピがありますし、ウェブや書籍にもル・クルーゼファンたちが多くのレシピを寄せてくれています。料理によってはまかないを超えて「おもてなし」の一品だって作れます。何でも作れる便利なココット・ロンドと、多くのレシピのおかげで継続しやすいのもポイントといえるでしょう。

これは小さなテストケースかもしれませんが、職場においてのまかないは、「同じ釜の飯を食う」という言葉の通り、コミュニケーションの取りやすい環境を生み出してくれると感じました。ココット・ロンドとコンロひとつがあれば、まかないはラクに、楽しく、おいしく始められる。ぜひ、みなさんの職場でも試してみてはいかがでしょうか。余談ですが、我が社ではすでにカムバックを求める声が続々と寄せられています。


ココット・ロンド | ル・クルーゼ ジャポン

(長谷川賢人)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.