• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,,,,,  10:00 AM

新しくなったGoogle+をさらに使いやすくするユーザースクリプトまとめ

新しくなったGoogle+をさらに使いやすくするユーザースクリプトまとめ

1306003-googleplus-thumb-640x360-34247.jpg


先日、Google+のデザインが大幅にアップデートされましたね。見た目は素晴らしい仕上がりですが、いつか使いづらくなった点も。今回は、そんなGoogle+の欠点を補うユーザースクリプトを紹介します。

以下に紹介するスクリプトはGreasemonkey(Firefox)やTampermonkey (Chrome)上で動作しますが、それぞれインストール方法が微妙に異なります。インストールガイドをよく読んで試用してください。



自動更新を復活させる


1306003-googleplus02-thumb-640x360-34249.jpg


Google+のストリームの最大の変更点は、自動更新が廃止されたこと。代わりに、未読件数を通知する小さな青いボタンが追加に。確かにスッキリしましたが、未読が何十件もある場合はむしろ使いづらいですね。自動更新を復活させるには『Auto Load G+』をインストールしてください。


シングルカラムの余白を削る


1306003-googleplus03.jpg


マルチカラム・レイアウトは楽しいですが、賑やかすぎて読みずらい時も。シングルカラムにも戻せますが、こんどは両サイドに大きな余白ができてしまいます。『Wider posts on Google+』を使えば無駄な余白を削れます。

このスクリプトはStylish(ChromeFirefox)で動作しますが、TamperMonkeyやGreasemonkeyでも使えるそうです。


デフォルトのフォントを変える


1306003-googleplus04.jpg


新しくなったGoogle+ではRoboto fontを採用しています。このフォントは高解像度のディスプレイでは美しいですが、解像度が低いディスプレイでは、見れたものではありません。『Google+ Change Font』を使えば、デフォルトのフォントを変更できます。


ハングアウトの在席確認に自動応答する


1306003-googleplus05.jpg


ハングアウト・パーティー(ハングアウトのマルチユーザー版)では、在席確認のためのプロンプトが90分おきに表示されます。長時間のビデオ会議をよくする人には、少々ウザイ機能です。『G+ Hangouts Unlimited』は、在席確認に自動応答してくれるので便利です。


赤い通知ボックスを他のGoogleサービスにも表示する


1306003-googleplus06.jpg


Google+では、新着通知を赤いボックスで知らせてくれます。同じような通知ボックスをGoogleの他のサービスでも使いたいなら、『Google+ Enhancer』があります。メニューバーのGmailやカレンダー、リーダーの隣に赤い通知ボックスを追加してくれます。


Google+の通知ボックスを非表示にする


1306003-googleplus07.jpg


逆に、通知ボックスに惑わされたくない人もいるはず。Google検索やGmailを開いているときに、Google+の通知ボックスを非表示にしたいなら、このスクリプトを使ってください。共有ボタンは消えませんが、ピカピカ光る通知ボタンに気を散らされたくない人にはおススメです。


Google+のデザインは新しくなったばかり。これからたくさんの便利なユーザースクリプトが登場するはずです。今回紹介したスクリプトも活用しながら、自己流にカスタマイズしてGoogle+を楽しんでください!

Eric Ravenscraft(原文/訳:伊藤貴之)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.