• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

sakata  - ,,,,,  11:00 AM

ながら食いのあなたへ:コンピュータの周りを汚さない食べ物は!?

ながら食いのあなたへ:コンピュータの周りを汚さない食べ物は!?

ながら食いのあなたへ:コンピュータの周りを汚さない食べ物は!?


コンピュータを食べながら使うのは極力避けたほうがよいことです。ですが、現実にはそうせざるを得ないときもあります。少なくともキーボードを汚さない食べ物を選び、きれいな食べるように努めましょう。

コンピュータの周りを汚さない食べ物をいくつか紹介します。


きれいに食べられる食べ物


ラップやブリトー:食べ方が上手くて、ソースやドレッシングをこぼさないなら、これらを食べるとよいでしょう。アルミホイルやビニールを端につけておけば、こぼす確率も減ります。サンドイッチは、ラップよりもくずが落ちやすいですが、ラップなどをまいて持つと大丈夫でしょう。

ステーキ、鶏むね肉、ハムなどの肉類:ソースなどをかけない限り、キーボードに液体が垂れることがないし、手も汚れません。

フルーツや野菜:これらは、手を汚さないのできれいに食べられます。りんごなど果汁を多く含む果物は、液がキーボードにつくと、べたべたするので要注意です。ドライフルーツやナッツなどもよいでしょう。

サラダ(ドレッシングをかけすぎない):サラダのいいところは、野菜のかけらをそこら中に落としても、一切れが大きいのでキーボードの隙間から拾いやすい点です。

ボトルに入ったシリアル:シリアルを食べると、牛乳やフレークが飛び散る可能性があります。しかしコップ、あるいは再利用したペットボトルにシリアルを入れると、机を汚す心配がありません。

ふた付マグカップに入った甘くない飲み物:ジュースや炭酸水など砂糖が入っている飲み物は、こぼすととてもべたべたするので避けましょう。またそもそもこぼさないように、ふた付きのマグカップを使ってもよいでしょう。

総じていうと、道具を使って食べるもの(手に何もつかない)、一切れが大きいもの(こぼしても拾いやすい)、堅くて乾いたものが、おすすめです。


その他


食べ物のチョイス以外で実際に出来るハックとして、キーボードカバーをつけるのがおすすめです。使い勝手が悪くなる? 食べるときだけカバーすればよいのです。米Lifehacker読者のMrjeremiahrossさんは、もっと簡単なDIYをしている人を見かけたそう。


スターバックスでキーボードにラップをかぶせている女性を見かけました。これでキーボードには何もこぼれません。頭がいいですね。


ただ、この方法はノートPCには向きません。コンピュータが熱を持ってしまうためです。しかし、デスクトップ型にはもってこいでしょう。ラップがなければ、ただ1枚の紙をかぶせるだけでも食べ物からはキーボードを守ってくれます。


本当はコンピュータを離れ、違うところで食べるのが一番です。しかし、現実的に考えて毎日行うのは難しいでしょう。1週間のうち、1日や2日は、とても忙しくきちんとした昼休みをとれない日もあるかもしれません。このような日には、前述の方法をぜひ試してみてください。


原文/訳:駒場咲)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.